山本KID(キッド)の死因のがんの種類がこちら!魔裟斗のコメントや悲しみの声も多数

この記事は6分で読めます

出典:暮らしにまつわるエトセトラ


スポンサーリンク

 

格闘家の山本“KID”徳郁(のりふみ)さんが18日、死去したことが明らかとなりました。

今回は、山本キッドさんの死因のがんの種類などについて迫ってみたいと思います。

続報:元嫁のMALIAさんについてはこちら↓

MALIA(山本キッドの元嫁)の長男への過激な性教育がヤバい!数多の結婚と離婚歴についても

山本KIDが死亡

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さん(41)が、18日に死去した。この日、山本さんが主宰する「KRAZY BEE」の公式ツイッターで報告された。

 「山本KID徳郁を応援して下さった皆様」とし、「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と発表。「尚、山本家、家族、友人への取材等はご遠慮頂き、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」とした。

 山本さんは8月26日、自身のインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがん闘病中であることを公表。がんの種類など詳細は明かさなかったが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と誓っていた。

(ー中略ー)

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

山本KIDについて

こちらが、山本KIDさんのプロフィールです。

「山本KID」の画像検索結果

出典:ハルる~ト

名前:山本“KID”徳郁

本名:岡部 徳郁(旧姓:山本)

通称:神の子 KID

生年月日:1977年3月15日

年齢:41歳(※享年)

出身:神奈川県川崎市

所属:KRAZY BEE

学歴:桐蔭学園高校中退〜アメリカ留学を経て山梨学院大学中退

肩書き:HERO’S 2005ミドル級世界王者

身長:163cm

体重:61kg

階級:フェザー級、バンタム級

家族構成:父親・山本郁榮、姉・美憂、妹・聖子

山本KIDさんは、幼い頃よりレスリング(フリースタイル)で活動しており、高校時代は自ら単身でアメリカにレスリング修行し、アリゾナ州の王者に3度輝いたことでも知られています。

日本に帰国した大学時代では、全日本学生レスリング選手権大会を優勝(フリースタイル58kg級)するなど数多くの実績を残しており、その後はK-1や総合格闘技などをに転身して神の子と呼ばれる活躍をしております。

神の子という名前について本人は「ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本郁榮)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)」と語っており、数々の伝説を作り上げていることでも知られています。

私生活では、2004年8月にモデルのMALIAさんと結婚し、2人のお子さんを授かったのですが、その後2009年8月に離婚しております。

また、2014年7月には東京都品川区大井町に、自身がプロデュースするカレー屋「Curry Shower」を開業しており、2014年11月には、一般人の女性と婚約をし、その間に女の子授かったとTwitterで発表し、話題にもなりました。

レスリングでは、以下のようなタイトルを保持しています。

1998年・全日本レスリング学生選手権フリースタイル58kg級 優勝

1998年・内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権大会 準優勝

1999年・全日本学生レスリング選手権大会フリースタイル58kg級 優勝

1999年・全日本レスリング学生選手権フリースタイル58kg級 優勝

1999年・内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権大会 優勝(最優秀選手賞)

また、総合格闘技では以下のようなタイトルを保持しております。

第7回全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 優勝(2000年)

HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント 優勝(2005年)

続報:元嫁のMALIAさんについてはこちら↓

MALIA(山本キッドの元嫁)の長男への過激な性教育がヤバい!数多の結婚と離婚歴についても

スポンサーリンク

死因は?

では、山本KIDさんの死因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、詳しい死因の発表はされていないということですが、2018年8月26日には、自信のInstagramにてガンであることを告白しており、話題にもなっています。

また、2018年8月に掲載された写真週刊誌FLASHによれば、消化器系のガンであるということです。

8月27日、自身のインスタでガンを告白した山本“KID”徳郁(41)。

「2年前に病気が判明し、現在はグアムで治療を続けている」(格闘技関係者)

本誌が入手した写真は2018年8月中旬に、グアムのレストランで撮影されたものだ。親しい知人らと席をともにするKIDはやせ細り、座っているのがやっとという状態。

よく見ると、彼が車椅子に乗っているのがわかる。カメラに向かってポーズを決めるが、彼だけは笑顔がなく、辛そうな表情だ。

「消化器系のガン治療のため、グアムの病院で闘病生活を送っている。本人はふらついて、歩けないほどだ。日本を離れ、グアムで治療しているのは、周囲の目を気にしてのことだという」(同前)

出典:Smart Flash

 

おそらく消化器系のがんが原因でお亡くなりになったと思われますが、ひとえに消化器と言っても口から肛門に到るまで、様々な消化器系が存在しておりますので、どこの部位であったかは定かではりません。

・口

・咽頭

・食道

・胃

・腸・小腸(十二指腸、空腸、回腸)

・大腸(盲腸、虫垂、結腸(上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸)、直腸)

・肛門

これらに全てがんの可能性が考えられる訳ですが、転移して色々な場所へ行っていることも考えられますが、ステージの進行具合ではガンは治療することが不可能となると思われます。

さらに、山本さんの生前には以下のような情報があったことも明らかとなっています。

がんに詳しい「ファミリークリニックひきふね」の梅舟仰胤院長は「どのがんもだいたい40歳過ぎたあたりからがん患者数というのは増え始め、がんの患者が多いトップ3である、『胃がん』『大腸がん』『肺がん』ということに限れば、早期の発見であれば手術で根治、治せることが十分期待できる。

出典:FNN

続報:がんの種類と奥さんや子供についてはこちら↓

山本KID徳郁のがん(癌)の種類がヤバい!過去には人命救助をし、現在の嫁と子供の画像も

スポンサーリンク

40代のガンとは?

では、40代でガンを患うということは一体どういうことなのでしょうか?

40代に多いガンというのは、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんであり、消化器系のがんということで、おそらく胃がんか大腸がんなのではないかと考えられいます。

有名人で言えば、小林麻央さんや、ET-KINGのイトキンさん、遠藤賢司さん、樹木希林さななどががんで命を落としています。

また、竹原慎二さんは、ステージ4のいわゆる末期ガンに打ち勝ったとされており、そうしたことも稀に考えらるので、40代でがんになっても闘病することは可能であることはあります。

ですが、やはり胃がんや大腸がんなどの消化器系のがんは発症すると転移が多いために、そうそう打ち勝つことが難しいとされております。

続報:がんの種類と奥さんや子供についてはこちら↓

山本KID徳郁のがん(癌)の種類がヤバい!過去には人命救助をし、現在の嫁と子供の画像も

スポンサーリンク

魔裟斗もコメント

山本KIDさんがガンを公表した8月には同じK-1ファイターとして知られている魔裟斗さんも以下のようなコメントを残しているのです。

まず、このニュースを知ってあのKIDが、と驚きました。あんな風に見えて自分より大きな選手に立ち向かう姿は、アスリートそのものでした。病気にも絶対、打ち勝って欲しいと心から願っております

出典:FNN

魔裟斗さんは絶対に山本さんが打ち勝ってくると信じていたそうなのですが、それでもやはり神の子を持ってしても打ち勝つことは出来なかったのです。

続報:がんの種類と奥さんや子供についてはこちら↓

山本KID徳郁のがん(癌)の種類がヤバい!過去には人命救助をし、現在の嫁と子供の画像も

スポンサーリンク

Twitter上の反応

突然の訃報に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

いずれにしても、亡くなった山本KIDさんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

山本KID徳郁のがん(癌)の種類がヤバい!過去には人命救助をし、現在の嫁と子供の画像も

樹木希林の死因がヤバい!「死は日常」と発言し驚きの終活についても

 
error: You never click here!!