小野豊コーチ(アイスホッケー)の顔画像がこちら!パワハラ内容と真相がヤバい

この記事は6分で読めます

出典:NAVER まとめ

スポンサーリンク

 

アイスホッケー女子のチームである御影グレッズ で、小野豊(おの ゆたか)コーチと小野粧子(おの しょうこ)選手兼コーチ、川端忠仁(かわばた ただひと)コーチ、細田秀夫(ほそだ ひでお)監督などがパワハラをしていたとして登録停止処分や戒告など言い渡されていた事が明らかとなりました。

アイスホッケー女子でもパワハラ

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

日本アイスホッケー連盟は14日、ピョンチャンオリンピック(平昌五輪)代表選手も所属する女子アイスホッケーチームの御影グレッズ(北海道清水町)で、指導者によるパワーハラスメント行為があったとして、監督、コーチらの処分を発表した。

小野豊コーチを登録停止3年、小野粧子選手兼コーチを活動停止6カ月、細田秀夫監督を戒告、川端忠仁コーチを戒告とした。今年4月に同連盟の通報窓口に御影グレッズでパワハラ行為が発生しているとの2通の通報文書が届き、懲戒規定に基づき、倫理委員会で調査していた。

同連盟の調査では小野豊コーチは、就任した08年以降、複数の選手に対してスティックでヘルメットを殴る、胸ぐらをつかんだり小突いたりしてリンクから追い出すなどの暴力を行っていた。また、16年のリーグ戦で1人の選手を複数の選手の面前で罵声を浴びせるなどして、同選手を退部に追い込んだ。

小野粧子コーチは小野豊コーチと同調して特定の選手に冷たい態度をとったり、同選手への愚痴を他の社会人選手に言うなどして、当該選手を孤立状態にした。

細田監督は小野豊コーチを監督する立場にありながら、監督を怠り、パワハラ行為を防止しなかった。川端コーチは選手の心身などが侵害されないように選手を保護すべき立場にいたが、パワハラ行為を防止しなかった。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

小野豊コーチについて

こちらが、登録停止処分を受けて小野豊コーチのプロフィールです。

出典:朝日新聞

名前:小野豊(おの ゆたか)

生年月日:1974年3月26日

年齢:44歳(2018年9月現在)

身長:176cm

体重:72kg

出身:北海道釧路市

学歴:釧路鳥取中学→釧路緑ケ丘高

ポジション:FW(ウィング)

小野豊コーチは、高校を卒業後、アイスホッケーの名門の実業団チーム西武鉄道が運営する「SEIBUプリンス ラビッツ」や「日光アイスバックス」などで活躍し、日本代表選手に選ばれているどの実力を持った選手でもありました。

高校も、アイスホッケーが非常に盛んであるとされている北海道釧路市の高校を卒業しており、その卓越した技術とセンタリングの精度の高さは一級品であり、フォアチェックも正確で、相手に走り負けない走力も兼ね備えております。

ですが、現役時代はラッフィングと呼ばれるペナルティが非常に多い選手であったそうで、そのくらい熱くなる選手であったとのことです。

Roughing (ラフィング:必要以上に強い力で、あるいは非常に荒っぽく相手をチェックする)

ラッフィングとは読んで字のごとく、ラフプレーに対するペナルティなのですが、これが非常に多いという事は、監督からしたらあまり使いたくない選手であったかもしれません。

アイスホッケーはペナルティを受けると、その選手がペナルティボックスという場所に入れられ、通常5-5で戦うところを、5−4で戦わざるを得なくなります。

ただでさえ、人数が少なくさらにリンクも狭いですから、この人り減るという行為が非常に痛手になりますが、基本的なマイナーペナルティであるならば、2分間で戻ってくる事が可能です。

現在小野豊コーチは、コーチング業をする傍で、アジアリーグの審判として活動をしているのだそうです。

スポンサーリンク

奥さんについて

小野豊コーチの奥さんは、小野粧子選手兼コーチですが、こちらがその小野粧子選手兼コーチのプロフィールです。

名前:小野粧子(おの しょうこ)

旧姓:二本柳粧子(にほんやなぎ しょうこ)

生年月日:1981年9月5日

年齢:37歳(2018年9月現在)

出身:北海道旭川市

学歴:立命館慶祥高校→日本体育大学女子短期大学部体育学科卒業

ポジション:FW

旭川市出身。1981年9月5日生まれ。初出場。158cm。A型。旭川広陵中―立命館慶祥高―日体大女子短大、フルタイムシステム御影グレッズ。芽室町のそば屋「紀山」勤務。コクドレディース(現西武)で長年プレーし、2002年のソルトレークシティー五輪から3大会連続で最終予選に出場した。09年に豊さんとの結婚を機に清水町に移り住み、フルタイムシステム御影グレッズでプレー。15年に日本代表復帰した。チーム最年長で精神的な柱も務める。チームのために献身的に動き回り、最終予選で出場の懸かったドイツ戦では貴重なゴールを挙げた。

出典:十勝毎日新聞

小野粧子選手兼コーチは、小野豊コーチの奥さんであり、アイスホッケー女子日本代表のスマイルジャパンでもプレー経験がある人物で、2018年に行われた平昌オリンピックでは代表にも選出されております。

卓越したパックコントロールと、広い視野から放たれるパスは一級品であり、運動量も相まって素晴らしいプレーを展開することでも知られています。

続報:奥さんについてはこちらから↓

小野粧子(小野豊の妻/奥さん)のパワハラ内容と理由・真相が酷すぎる!夫婦で暴力を画策か?


スポンサーリンク

パワハラの内容がヤバい

では、一体どのようなパワハラをしたと言うのでしょうか?

こちらが、そのパワハラの内容であります。

小野豊コーチの場合

複数の選手に対してスティックでヘルメットを殴る、フェイスガードの網を持って揺さぶる、胸ぐらをつかんだり、こづいたりしてリンクから追い出すなどの暴力を行っていた。15年には選手1人を繰り返し怒鳴るなどして退部に追い込んだ。16年のリーグ戦で1人の選手を複数の選手の面前で罵声を浴びせるなどして、同選手を退部に追い込んだ。今年3月のリーグ戦ファイナルでは、失点した中高生を怒鳴るとともに、以降は試合に出さず、試合途中の休憩時間には、ベンチ入りを許さず、防具を脱ぐことを強要。中高生3人を退部に追い込んだ。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

小野粧子選手兼コーチの場合

小野豊コーチに同調し、当該選手に冷たい態度を取ったり、同選手への愚痴を他の社会人選手に言うなどして、当該選手を孤立状態にした。今年3月のリーグ戦ファイナルでは小野豊コーチともに中高生3人に防具を脱ぐことを強要し、退部に至らしめた。

出典:日刊スポーツ

失点した中高生に怒鳴りつけるというのは、まだ許せるのかと思いますが、胸ぐらを掴んだり、スティックでヘルメットを殴るなどの行為は明らかな暴力行為でありますし、指導の域を超えているでしょう。

また、小野粧子選手兼コーチに関しては冷たい態度をとったり、愚痴を言って孤立させるなどやり口がもっとも陰湿かつ、権力を振りかざしての行為ですので、パワハラと認めざるを得なくなるでしょう。

スポンサーリンク

ついにアイスホッケー界でも

昨今、スポーツ界ではパワハラや暴力行為による指導などが多く発覚しており、2018年に起こったもので言えば、レスリング協会、体操協会、ボクシング協会、日本大学アメフト部など、多岐に渡ります。

そして、ついにアイスホッケー界でも発覚してしまった訳ですが、これはおそらくもはやどこのスポーツ界でも行われていることなのではないでしょうか?

アイスホッケーの経験者によれば、スティックでヘルメットを殴るなどの行為は日常茶飯事的に行われる事があるのだそうで、プレー中にそれよりも激しいチェックを受けている選手であれば、それほど痛くもありませんし、何も感じないのだと言います。

防具をつけているために、これは体操協会のような宮川選手に対する速見コーチの暴力とは一緒には出来ません。

しかしながら、権力を振りかざして試合に出さなかったり、退部に追い込んだりなどのパワハラ行為を容認する訳にはいかず、倫理委員会は正当な判断を下したのではないかと考えらます。

続報:小野粧子についてはこちらから↓

小野粧子(小野豊の妻/奥さん)のパワハラ内容と理由・真相が酷すぎる!夫婦で暴力を画策か?

スポンサーリンク

武井壮も苦言

かねてからスポーツ界の体罰や暴力などに大きく反対しており、その都度正論を語ってきた百獣の王でタレントの武井壮さんがツイッターでの文言をご紹介します。

武井壮さんは正論しか述べておりません。

「昔は体罰が当たり前にあった」などと能書きを垂れている人が多いのも現状ですが、”体罰”という暴力行為でしか生徒や学生などを指導出来ないのは、その指導者の手腕がない事をひけらかしており、自分は無能であるとアピールしているようなものです。

無論、スポーツ界というのは頭を使わず脳みそ筋肉のようなところもありますから、それで良いのかもしれませんが、暴力行為が次々と明らかとなってくる昨今で、今だに体罰などは必要という風潮そのものがおかしな事なのです。

人が人を殴ったり、叩いたりする権利などはないため、絶対にしてはいけないことかもしれませんが、それでも言う事を聞かない場合には時として必要であると考えている事自体も間違っているでしょう。

自分の言葉でもって、説得させしっかりと選手や生徒・学生を納得させるだけの話術や指導力がなければいけませんし、何でもかんでも力(暴力や権力)に身を任せてしまっては、動物と何ら変わらなのです。

いずれにしても、全くなくならないこうした暴力やパワハラ問題ですが、いつになったらクリーンな指導がされるのでしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

武井壮「下級生に雑用を押し付ける体育会系の悪しき風習は撤廃すべき」

 
error: You never click here!!