小野粧子(小野豊の妻/奥さん)のパワハラ内容と理由・真相が酷すぎる!夫婦で暴力を画策か?

この記事は4分で読めます

出典:asahi.com

スポンサーリンク

 

アイスホッケーの女子チームであるフルタイムシステム御影グレッズで、コーチの小野豊(おの ゆたか)コーチや、その奥さんで選手兼コーチの小野粧子さんなどらがパワハラをしていたとして話題となっています。

アイスホッケー女子でもパワハラか

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

日本アイスホッケー連盟は14日、北海道清水町の女子チーム、フルタイムシステム御影グレッズで指導者が選手にパワーハラスメントをしたとして、小野豊コーチ(44)を登録停止3年、平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表で既に現役を引退した妻の小野粧子選手兼コーチ(37)を活動停止6カ月とする処分を発表した。

連盟に4月25日、関係者から通報があり、倫理委員会が調査していた。

連盟によると、小野コーチは就任した2008年以降、スティックで選手のヘルメットを殴るなどの暴力行為を働いた。今年3月の試合では失点に関係した中高生3選手を怒鳴って試合に出さず、退部に追い込むなどした。小野選手兼コーチは、小野コーチの叱責(しっせき)に同調して選手を孤立状態にさせるなどした。

また、連盟は細田秀夫監督(62)と川端忠仁コーチ(45)を戒告とした。処分されていない1人を含め全指導者は4月26日に解任され、選手に謝罪したという。チームは現在、高須クリニック御影グレッズに名称を変え、新たな指導者の下で活動している。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

小野粧子について

こちらが小野粧子選手兼コーチのプロフィールです。

名前:小野粧子(おの しょうこ)

旧姓:二本柳粧子(にほんやなぎ しょうこ)

生年月日:1981年9月5日

年齢:37歳(2018年9月現在)

出身:北海道旭川市

学歴:立命館慶祥高校→日本体育大学女子短期大学部体育学科卒業

ポジション:FW

旭川市出身。1981年9月5日生まれ。初出場。158cm。A型。旭川広陵中―立命館慶祥高―日体大女子短大、フルタイムシステム御影グレッズ。芽室町のそば屋「紀山」勤務。コクドレディース(現西武)で長年プレーし、2002年のソルトレークシティー五輪から3大会連続で最終予選に出場した。09年に豊さんとの結婚を機に清水町に移り住み、フルタイムシステム御影グレッズでプレー。15年に日本代表復帰した。チーム最年長で精神的な柱も務める。チームのために献身的に動き回り、最終予選で出場の懸かったドイツ戦では貴重なゴールを挙げた。

出典:十勝毎日新聞

小野粧子選手兼コーチは、小野豊コーチの奥さんであり、アイスホッケー女子日本代表のスマイルジャパンでもプレー経験がある人物で、2018年に行われた平昌オリンピックでは代表にも選出されております。

卓越したパックコントロールと、広い視野から放たれるパスは一級品であり、運動量も相まって素晴らしいプレーを展開することでも知られています。

スポンサーリンク

防具を脱ぐ事を強要?

そんな、小野粧子選手兼コーチですが、以下のようなパワハラがあったとされているのです。

小野豊コーチに同調し、当該選手に冷たい態度を取ったり、同選手への愚痴を他の社会人選手に言うなどして、当該選手を孤立状態にした。今年3月のリーグ戦ファイナルでは小野豊コーチともに中高生3人に防具を脱ぐことを強要し、退部に至らしめた。

出典:日刊スポーツ

アイスホッケーにおいて、防具を脱ぐということは、プレーしなくなるという意味ですし、さらに退部にまで追い込むというのはパワハラ以外の何物でもありません。

もっとも、小野粧子選手兼コーチだけはなく、旦那さんの小野豊コーチなども関与しているとされていますが、女子コーチによる女子への同性へのパワハラは精神的にもきつく、非常に許しがたい言動です。

アイスホッケーは氷上の格闘技としばし言われており、氷上ではファイトする場面もあるのですが、リンク外で格闘をするようなことはありませんし、ましてや権力が振りかざされることもありません。

パワハラの理由としては、失点したということや勝てないという事を理由に、旦那である小野豊コーチの言いなりになっていたのではないでしょうか?

そうだとすれば、被害者の方は相当なとばっちりで、決してあってはならないこととなります。


スポンサーリンク

権力と闘え

Public Enemyというアメリカのヒップホップクルーの代表曲に「Fight the Power」という曲があります。

読んで字のごとく、これは、「権力と闘おう」いう意味で、Powerは権力を意味しています。

グラミー賞の最優秀ラップ・パフォーマンス賞を受賞している曲なのですが、これはスパイクリー監督の映画「DO THE RIGHT THING」のためにつくられた曲であり、黒人差別が横行しているアメリカで権力と闘う黒人の立ち上がるための曲となっています。

そして、有名な歌詞の一部を紹介します。

Got to give us what we want (uh) 本当に欲しいものを勝ち取るんだ

Gotta give us what we need (hey) 本当に必要なものを勝ち取るんだ

Our freedom of speech is freedom or death オレたちにとって言論の自由は 生きるか死ぬかの問題だぞ

We got to fight the powers that be 権力を握っている連中と闘わなければならない

Lemme hear you say さあ皆で叫ぼう

Fight the power (lemme hear you say) 権力と闘おう

We’ve got to fight the powers that be 権力を握る者どもと闘わねばならない!

アスリートや国民多くは、この”権力”という魔物に支配されており、見えない敵として闘うことを拒否していることでしょう。

もちろん、権力に逆らわなければ安泰な人生であるかもしれませんし、波風が立たなくて面倒が起きないかもしれません。

ですが、Public Enemyの「Fight the Power」では、人種差別に徹底的に闘い、自由を勝ち取るという明確な目標とメッセージが掲載されていますし、この心意気は人種を超えて日本のアスリート協会にも言えることでしょう。

権力に屈してしまっては、最高のパフォーマンスを披露することは出来ないでしょうし、閉鎖された空間でのパワハラなどを選手自身が勇気を振り絞って告発しなければ、根絶やしにすることは出来ません。

何れにしても、一刻も早いパワハラの根絶を願うばかりです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

小野豊コーチ(アイスホッケー)の顔画像がこちら!パワハラ内容と真相がヤバい

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!