在原伸悟(ありはらしんご)容疑者の顔画像がこちら!勤務先は有原商店で過積載についても

国内NEWS

出典:JNN

スポンサーリンク

 

千葉市の県道で横転したトレーラーの下敷きになり3人が死亡した事故で、トレーラーの運転手の在原伸悟(ありはら しんご)容疑者を逮捕しました。

トレーラー事故で容疑者を逮捕

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

千葉市若葉区の県道でトレーラーが横転し、下敷きになった軽乗用車の男女3人が死亡した事故で、千葉県警は13日、トレーラーに最大積載量を超える鉄くずを積んだ疑いが強まったとして、道交法違反(過積載)容疑で、千葉県八千代市にある在原伸悟容疑者(26)=自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で送検=の勤務先の家宅捜索を始めた。

 県警千葉東署などによると、在原容疑者は運転していたトレーラーに「鉄くずを37トンほど載せた」と供述。最大積載量は29トンで、約8トン超過していた疑いがある。

 在原容疑者は、父親が経営するリサイクル会社に勤務。自宅を兼ねた事務所に午前8時前、捜査員らが立ち入った。トレーラーの運行記録や会社の取引状況が分かる書類などを押収し、過積載が日常的だったかや会社からの指示があったかなどを調べる。

 事故は8日午前8時45分ごろに発生。トレーラーは交差点で左折した際に右側に横転した。対向車線で信号待ち中の軽乗用車が下敷きになり、同県大網白里市の会社役員、吉田亮さん(43)ら家族3人が死亡した。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

在原伸悟容疑者について

こちらが、逮捕された在原伸悟容疑者のプロフィールです。

名前:在原伸悟(ありはら しんご)

年齢:26歳

職業:トラック運転手

在住:千葉県八千代市

有原容疑者は、レーラーの最大積載量は約29トンだったのですが、事故当時は鉄筋など約37トンを積んでおり、トレーラーが県道の坂道を下って交差点を左折する際、曲がりきれずに横転して対向車線で信号待ち中の軽乗用車が下敷きとなった事故で、トレーラーを運転していたとされる人物です。

ちなみに、こちらが逮捕される際の顔画像です。

出典:JNN

スポンサーリンク

勤務先は?

報道機関の発表によれば、有原容疑者の勤務先で家族が経営するリサイクル業「在原商店」 に家宅捜索が入っているということです

有原商店の住所は、千葉県八千代市神野707番地であり、こちらがその地図であります。

スポンサーリンク

八千代市の田舎の方に位置しており、周りは住宅地が転々としている場所にこの有原商店は位置しております。

スポンサーリンク

事故原因は?

では、事故の原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、有原容疑者は警察の調べに対して「以前から過積載の状態で走行していた」と供述していることが明らかとなっています。

つまり、事故の直接的な原因は過積載なのですが、この過積載が原因で亡くなった方がいると思うと、非常に残念な気持ちになりますし、いてもたってもいられません。

なぜなら、過積載をしっかりと守り、違法な重量を積載さえしなければ、この死亡事故というのは防げたはずでありますし、事故は完全なる有原容疑者の過失とされるために、非常に悔やまれるでしょう。

スポンサーリンク

道交法の過積載について

ここでは、道交法の過積載について説明を致します。

過積載が悪質な場合の措置
事業者側事業許可の取消処分
過積載運行をしたドライバー (初違反の場合)車両使用停止処分
過積載運行をしたドライバー (再違反の場合)5割未満を 3年間で 4回行った場合▼ 運輸支局等の指導、定期報告
5割以上10割未満を 3年間で 4回行った場合▼ 事業の停止処分
10割超を 3年間で 4回行った場合▼ 事業の許可の取り消し処分

 

また、過積載で積載量が10割を超えているとなると、違反点数が6点で反則金は無いのですが、6ヶ月以下の懲役、または10万円以下の罰金となってしまう恐れがあります。

まずはドライバーに直接的に違反措置が取られた後、その後は事業者、そして荷主まで過積載によって罰則されるのです。

もしも、有原商店自体がこの過積載を支持していた場合、以下のような時に運送会社側も罰則されます。

1.多数の死傷者を出した事故の場合

2.社会的影響力の大きい事故の場合

3.過積載運行が計画的に行われていた場合

4.過労運転が日常的に繰り返し行われていた場合

5.指導・監督を怠り速度違反が日常的に行われていた場合

さらに、荷主側に関しても、ドライバーに対して過積載となることを事前に知っていながら、荷物を売り渡したり・引き渡したりすることは禁止されておりますので、警察署長から再発防止命令が勧告されることがあります。

すなわち、過積載というのは誰も得するものではなく、決してやってはいけない重大な過ちなのです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

瀬戸大橋でトラック横転!乗用車よりも横転が多い原因や、現場の画像や動画から状況も!
...

コメント