青山和弘のセクハラの内容と真相がヤバい!相手の20代女性局員も判明か?

この記事は4分で読めます

出典:livedoorNEWS

スポンサーリンク

 

10月からの番組リニューアルに伴い、『NEWS ZERO』の新メインキャスターに就任する有働由美子アナ(49才)が同番組に内定していた男性キャスターの突然の降板で激震に見舞われているようです。

スポンサーリンク

有働アナ激震 『ZERO』キャスターがセクハラ騒動で“降板”

NEWSポストセブン他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

 10月からの番組リニューアルに伴い、『NEWS ZERO』の新メインキャスターに就任する有働由美子アナ(49才)が激震に見舞われている。同番組に内定していた男性キャスターが突然、“降板”することになったのだ。

「実は櫻井翔さん(36才)とともに有働アナを支えるはずだった男性キャスターが突然変更になった。内定していたのは、日テレ報道局の青山和弘さん(50才)で、すでに有働アナとも顔合わせ済みでした。ところが9月1日付けで、突然、報道局から他部署へと転属してしまった。完全な“左遷”人事です。有働アナは絶句したそうです」(日テレ関係者)

なぜ鳴り物入りの男性キャスターが突然異動になったのか──。青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。報道局政治部で頭角を現し、政治部のエースとして知られる。

「安倍晋三首相からの信頼も厚いと評判です。ワイドショーやバラエティー番組にも出演、難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると女性ファンも多い。第二の池上彰さんになれると言われるほどです」(前出・日テレ関係者)


スポンサーリンク

青山氏は日テレの局員と結婚後離婚。2011年に別の日テレ局員と再婚し、現在2児の父で子煩悩でも知られる。

「その青山さんに女性局員に対する深刻なセクハラ騒動が起きました。泥酔した20代の女性局員に無理矢理肉体関係を強いたと疑われています。当初、女性局員はほとんど記憶がないことから、訴えることをためらっていましたが、自分と同じような被害にあった女性が他にもいると知り、日本テレビ内でセクハラやパワハラに対処する部署に訴え出たそうです。事実関係を確認し、お互いの事情聴取も経た上で、今回の降板、異動となった。局内では箝口令が敷かれています。大きな痛手です」(別の日テレ関係者)

10月から『NEWS ZERO』はスタートを切れるのか──。9月6日発売の『女性セブン』では騒動の一部始終について詳報する。

出典:NEWSポストセブン

スポンサーリンク

第二の池上彰候補、報道から外される?

こちらが青山記者のプロフィールです。

出典:興味がありあまる

名前:青山 和弘(あおやま かずひろ)

生年月日:1968年5月6日

年齢:50歳

出身地:千葉県流山市

血液型:A型

出身高校:早稲田高校

出身大学:東京大学文学部

安倍総理との仲の良さや分かりやすい政治関係の説明等で人気があり、第二の池上彰になりうる人物とされていた青山記者ですが、女性局員に対する深刻なセクハラ騒動が起きたとして、内定が出ていた「NEWS ZERO」のキャスターを降板する事になってしまいました。また、報道部から異動させられる始末。人生の大半を報道に捧げてきた記者が50を過ぎて他部署で何ができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

セクハラ相手の女性局員とは?

では、いったいセクハラを受けてたとされる人物はどのような人物だったのでしょうか?

報道では、日テレの20代女性局員とされていますが、名前等の詳細な情報は公開されていません。

しかし、被害者が女性で日テレ局員である事と元妻&現在の妻がアナウンサー(記者)である為に女子アナである可能性も考えられるので

日テレ女子アナの20代の方の名前をまとめてみました↓

・市來 玲奈アナ

・岩田 絵里奈アナ

・岩本 乃蒼アナ

・後呂 有紗アナ

・尾崎 里沙アナ

・久野 静香アナ

・郡司 恭子アナ

・後藤 晴菜アナ

・笹崎 里菜アナ

・佐藤 梨那アナ

・杉野 真実アナ

・滝 菜月アナ

・中島 芽生アナ

・畑下 由佳アナ

まとめてみましたがかなりの人数の方がいらっしゃり20代の方々が中心となって回している局なのだと感じますね。

そんな頑張っている女性局員に酒を飲ませ、記憶が無いうちに無理やり肉体関係を強いた青山記者を許せない人も多いのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

相次ぐ芸能界のセクハラ・パワハラ

昨今芸能界のみならず、政界や一般人、またスポーツ界でもセクハラやパワハラといった行為がニュースとして報じられる事が多く感じられます。

最近では、日大やアマチュアボクシング等でのパワハラ、警察官によるセクハラや某テレビ局員の少女誘拐。

全て自己中心的な発想から来るもので、「欲求を満たしたかった」「欲求に耐えられなかった」や「何もしていない」「関係無い」としらばっくれて収めようとする者など何一つ相手を思いやっての行動では無いと断言できるでしょう。

今回の青山記者の報道が事実であるとするならば、テレビ局内だけで終えて良い話ではなく、記憶も無い程に泥酔している者に対しての肉体関係の強要である為に「強制わいせつ罪」「強制性行罪」といったとても重い罪が科されるものであります。

政治や世間の問題に対してコメントしていた人間が、逆の立場となってしまい非難される側に立った今の状況を青山記者本人はどう考えどう立ち回っていくのでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

庄野数馬アナウンサーの就業規則違反の内容が判明か!真相は女性社員へのセクハラが原因?

 
error: You never click here!!