高速で175キロを出した新潟県警の23歳の女性巡査(名前や顔画像)を特定か?速度超過の理由がヤバい

国内NEWS

出典:kurumaerabi.com

スポンサーリンク

 

新潟県警は3日、高速道路を時速175キロで走行したとして、警察署の地域課に勤務する女性巡査を書類送検していた事が明らかとなりました。

オービスが感知

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

新潟県内の高速道路で7月4日、法定速度が時速100キロの区間を公用車で75キロ超過の時速175キロで走行したとして、新潟県警は3日、道路交通法違反(速度超過)の疑いで、同県警の女性巡査(23)を新潟区検に書類送検するとともに、同日付で戒告処分にしたと発表した。寝坊をして公務の研修会に遅刻しそうになったのがスピードを出した理由という。

県警によると、女性巡査は7月4日午前7時45分ごろ、法定速度を超過して高速道を走行し、速度違反自動監視装置(オービス)が感知した。女性巡査は同県内の警察署の地域課に勤務し、公用車には同じ署内の20代の女性警察官2人も同乗していた。

女性巡査ら3人は、新潟市中央区の県警本部で開かれる研修会に参加するため、勤務する警察署から公用車で向かう予定だった。しかし、女性巡査が寝坊したことで、3人は予定よりも遅れて出発。女性巡査は午前9時の集合時間に間に合わせようと、同乗者が止めたにもかかわらず猛スピードで走行したという。

女性巡査は「自分のせいで遅刻をしたら同乗者や研修会の参加者に迷惑がかかる。何としても間に合わせなければならないという一心で、速度を出してしまった」と話しているという。

県警は、女性巡査が勤務する警察署や速度違反の場所などを明らかにしていない。県警の岡本義美首席監察官は「誠に遺憾で、県民に深くおわびする。業務管理と指導を一層徹底し、職員一丸となって信頼回復に努める」と謝罪した。

出典;産経ニュース

スポンサーリンク

女性巡査について

こちらが、書類送検されていた女性巡査のプロフィールです。

名前:不明

年齢;23歳

職業:巡査

所属:新潟県警地域課

この女性巡査は、7月4日午前7時45分ごろ、県内の高速道路で公用車を運転中、法定速度を75キロ超える時速で走行した疑いで書類送検されています。

ちなみに、この女性巡査の顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

動機は?

では、なぜ警察官であるにも関わらず、スピード違反をしてしまったのでしょうか?

報道機関の発表によればこの女性巡査は、警察の調べに対して「自分のせいで遅刻をしたら同乗者や研修会の参加者に迷惑がかかる。何としても間に合わせなければならないという一心で、速度を出してしまった」と容疑を認める供述をしているという事です。

この女性巡査は、新潟県警本部で行われる研修会に同課の職員2人と向かう予定だったそうですが、巡査が寝過ごし遅刻しそうになったために、急いで走行したのだと言います。

7時45分ごろにオービスがスピード違反を検知しておりますが、集合時間は午前9時であったそうで、それに間に合わせようと、同乗者が止めたにもかかわらず猛スピードで走行を決行しました。

つまり、自分の寝坊がなければこのような事態には陥らず、全て自己責任であるということになってしまうでしょう。

スポンサーリンク

175km/hという速度について

では、175km/hという速度はどれほどのものなのでしょうか?

ご存知の通り、我が国において最高速度というのは、高速自動車国道の本線車道で速度指定のない区間に限り普通乗用車の最高速度は100km/hで、最低速度は50km/hとなっています。

路面状況や、天候、道幅や、道路工事などを行なっている際には、最高速度がその都度異なってきますが、基本的には日本の高速道路では、100km/hが最高速度だとされています。

海外の高速道路主にドイツなどのアウトバーンなどでは、速度に制限がかかっておらず、最高速度を何キロでも出して良いという場所もありますが、こと日本においては、100km/hが原則として最高速なので、車の速度メーターも180km/hが限界値としている日本車ほとんどです。

海外の車であれば、限界値が270km/hくらいまである車もありますが、基本的には例外です。

その為、この暴走した女性巡査は限界値ギリギリの速度を出していたということになり、相当な速度で運転をしていたことが伺えるでしょう。

最高速は、クルマの走行抵抗(空気抵抗や転がり抵抗などの合計値)とエンジンの馬力とで決まりますから、ある程度の走りにゆとりを持たせることになれば、日本の技術では簡単に150km/h以上の速度が出てしまうわけですが、それを速度の限界値(180km/h)を設けることによって制御しているのです。

スポンサーリンク

無制限の地域もある

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、海外には速度無制限の道路がいくつか設けられています。

代表的なところで言えば、ドイツのアウトバーンです。

アウトバーンとはドイツやオーストリアの一部区間を除く速度無制限の高速道路として知られており、アウトバーンは速度200km/h以上の速度で走行するのが当たり前の世界であります。

そのため、ドイツ社製の車は速度が270km/hまで出たり、300km/hまで出たりする車が多いのですが、その他にも、オーストラリアやアメリカなどの通常の幹線道路でも速度無制限を設けているところも存在します。

ドイツや諸外国は、日本と違い、平坦で広大な敷地の上に道路が走っている他、周りには運転を遮るようなものは何もなく、スピードを出しても安全だと言われているために、あえて速度制限を設けていません。

日本では、土地が狭い分、車線が狭かったり、カーブが多かったり、そもそも車の台数が多かったりと、スピードを出すのには非常に危険であるために、法定速度で100km/hというのが、高速道路で決まっているのです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

高速道路で168キロを出した千葉工高の女性教師を特定か!顔画像や名前、速度超過の理由も判明!
出典:car speed pics 高速道路を168キロで走行して摘発されたとして、千葉県教委は21日、県立千葉工高の女性教諭を戒告の懲戒処分にしたと発表しました。