出典:ANN

スポンサーリンク

岡崎市橋目町の住宅で、生田好男(いくた よしお)さんがうつ伏せの状態で血を流して倒れているのを駆けつけた警察官が発見し、大きな衝撃が走っています。

今回は、岡崎市で起きた殺人事件について迫ってみたいと思います。

岡崎市で殺人事件

日本経済新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

31日午後0時10分ごろ、愛知県岡崎市橋目町の住宅で、男性が血を流して死亡しているのを県警岡崎署員が発見した。男性は住人の会社員、生田好男さん(53)と確認された。腹などに複数の刺し傷があり、県警は殺人事件と断定、岡崎署に捜査本部を設置した。

岡崎署によると、31日午前10時すぎ、生田さんの勤務先の上司が「会社に出勤せず、電話がつながらない」と110番通報した。署員が自宅に入ると、1階の居間で男性がうつぶせの状態で倒れており、生田さんと確認された。

生田さん宅は2階建てで、玄関や窓は施錠されていた。遺体は灰色の半袖シャツに紺色のハーフパンツ姿で、周囲に血が広がっていた。

勤務先の上司は自宅を訪れたが、応答がなかったため通報したという。

出典:日本経済新聞

スポンサーリンク

生田好男さんについて

こちらが、亡くなった生田好男さんのプロフィールです。

名前:生田好男(いくた よしお)

年齢:53歳

職業:会社員

在住:愛知県岡崎市橋目町

生田さんは、31日午前10時すぎ会社の上司から「生田さんが出勤していない」などと通報があり、警察官が駆け付けたところ、死亡しているのが確認された人物で、事件現場となった家の住人であることも明らかとなっています。

スポンサーリンク

事件現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるそうです。

出典:ANN

こちらを確認した結果、以下がヒットしました。

また、別の角度の情報ではこちらのような画像も公開されています。

スポンサーリンク

出典:東海テレビ

 

岡崎市橋目町御小屋西の住宅の1階で事件は発生しているということで、近隣住民の方の話によれば「子どもたちもいる地域でこのようなことが起きて、たいへん不安です。亡くなった方が見つかった家の庭では、春ごろに何人かでバーベキューをしているのを見たことがあります」とのことでした。

スポンサーリンク

犯人について

では、犯人は一体どのような人物だったのでしょうか?

この事件は、後述しますが非常に不可解な事件であることは間違いありません。

現時点で顔画像や名前などの詳細な情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらは、分かり次第追記をしていきます。

おそらく、警察側が不審な人物の目撃証言がないかを捜査していることでしょうから、近隣住民の方は聞き込み捜査の協力の要請があることでしょう。

しかしながら、45歳の妻の行方がわからないということで、おそらく密室殺人という観点から考えても、奥さんの犯行なのでは無いかとみて間違い無いでしょう。

スポンサーリンク

不審な点

報道機関の発表によれば、この事件は現在までの捜査段階で住宅の玄関に鍵がかかっていたほか、室内に荒らされたり争ったりしたような跡は見られないということのようです。

すなわち、密室の殺人であるということになりますし、金品目当てではないということになります。

さらに、亡くなった生田さんはうつ伏せの状態で倒れており、目隠しされ手足を縛られていたほか首や腹が切られていたのだと言います。

そこまでするということは、非常に用意周到であり、計画的犯行であることが伺えますし、何者かが強い怨恨がらみで犯行に及んだとみて間違い無いでしょう。

ですが、玄関の鍵がかかっていたということは、外部犯であるならば何らかの形で侵入した可能性も考えられますが、妻の行方が分かっていないことを加味すると、奥さんが殺害後に自分の鍵で玄関の鍵を閉め、逃走を図ったのでは無いかと考えられます。

そう考えると争った形跡がないことも納得がいきますし、手足を縛ったり目隠しをしたりするという行為にも頷けます。

手足を縛る行為というのは、基本的には背後を取るわけですから、無防備な状態に陥っている時にしか出来ませんし、外部犯であればそうした行動ができるのは複数犯ということになります。

そうなれば争った形跡というのは少なからず存在するはずですが、それがなく不審な足跡なども見当たらないということは、心を許せる無防備な状態をも作れる人物、すなわち身内の犯行とみて間違い無いでしょう。

何れにしても、亡くなった生田さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

湊伸治(みなとしんじ)の顔画像がこちら!女子高生コンクリート詰め殺人事件の容疑者が再犯!

スポンサーリンク
おすすめの記事