松島美紗(まつしまみさ)2等空尉が女性初のイーグルドライバーに!理由はトップガンに憧れた?

国内NEWS

出典:NHK

スポンサーリンク

松島美紗(まつしま みさ)2等空尉が女性初の戦闘機のパイロットになったとして話題となっています。

女性初の戦闘機パイロットに

NHK NEWS WEBほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

宮崎県にある航空自衛隊新田原基地の女性自衛官が、F15戦闘機の訓練課程を終え、国内初の女性の戦闘機パイロットが誕生しました。

松島美紗2等空尉(26)は23日、宮崎県新富町の航空自衛隊新田原基地で訓練課程の修了証書を受け取ると、早速F15戦闘機に乗り込んで機体をチェックしていました。
松島2尉は、身長1メートル59センチで、当初は輸送機などのパイロットを目指していましたが、3年前に防衛省が、それまで男性に限ってきた戦闘機のパイロットに女性を登用する方針を示したことを受けて、おととしから戦闘機の訓練課程に移っていました。

戦闘機では飛行中、最大で地上の9倍の重力がかかるため、操縦桿を握るにはかなりの腕力が必要ですが、訓練の結果、支障なく操縦できるようになったということです。

松島2尉は「小学生の時に映画の『トップガン』を見て以来、戦闘機のパイロットに憧れていました。あとに続く女性のためにも努力を続け職責を全うしたい」と話していました。

航空自衛隊によりますと、現在、ほかにも3人の女性自衛官が戦闘機パイロットを目指して訓練を続けているということです。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

松島美紗2等空尉について

こちらが、女性初のパイロットとなった松島美紗2等空尉のプロフィールです。

出典:JNN

名前:松島美紗(まつしま みさ)

年齢:26歳

出身:横浜市

所属:宮崎県新田原基地第5航空団

階級:2等空尉

身長:1m59cm

松島2尉は防衛大学を卒業後、輸送機などの操縦訓練を受けていましたが、2015年に戦闘機パイロットへの女性の配置が可能となったことがきっかけとなり、2016年より戦闘機の操縦訓練を開始しています。

そして、役2年ほどの訓練を終え、晴れて女性初のF15戦闘機パイロットとなったのです。

スポンサーリンク

F15戦闘機とは

F15戦闘機とは、愛称がイーグルであり、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機のことを指します。

F15戦闘機は、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、およそ200機ほど配備されおり、航空自衛隊の主力戦闘機として活躍をしています。

製造開始からおよそ30年にも関わらず、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められており、現代の社会においておも能力的に非常に優れた信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機であることから、航空自衛隊でも採用されています。

前述した通り、イーグルという愛称であることから、F15戦闘機のパイロットはイーグルドライバーと呼ばれており、我が国ではおよそ200名のパイロットが現役で操縦桿を握っています。


スポンサーリンク

女性初がどれだけすごいのか?

イーグルドライバーとなるには、かなり厳しい訓練と試験に合格しなければならなず、その重力に耐えられないために、女性の腕力では無理であるとされていました。

操縦士候補生として地上での準備期間(地上教育)に合格をすると、まず初等練習機T-7という機体で飛行機の操縦に関する基礎を学習します。

T-7での操縦訓練時間は22週間に及び、60時間もの時間を費やさなければなりません。

ちなみに、自家用操縦士資格取得のための最低飛行時間が40時間であるため、この60時間がどれほど長い道のりなのかをお代わりいただけたかと思います。

イーグルドライバーになれるかどうかは、このT-7での訓練を終えた段階で決定するのだそうで、戦闘機操縦士候補は次段階のT-4へ、輸送機・救難機操縦士候補はT-400へとステップアップしていきます。

T-7での飛行訓練を無事にパスした場合、基本操縦前期課程として福岡県遠賀郡芦屋町芦屋にある、航空自衛隊芦屋基地の第13飛行教育団で赤い塗装のT-4、通称レッドドルフィンでの訓練が待っています。

こちらはT-7よりも訓練期間が長くなり、24週間で65時間にも登るフライトをしなければならないそうです。

これが終われば、基本操縦後期課程を浜松の第1航空団にて行うのですが、この訓練期間は30週間で95時間と、こちらも非常にハードな内容となっています。

こうしてようやく、飛行機の操縦を覚えたと見なされ、ここから戦闘機操縦の準備段階となっていくわけですが、浜松の第1航空団で戦闘機操縦基礎課程を8週間で20時間もの期間こなさなければなりません。

これが終わってようやく、F-15に乗ることが許され、新田原の飛行教育航空隊で、イーグルドライバーになるための最後の課程をこなしていき、こちらの訓練期間は35週間で100時間という長丁場が待っています。

ここまで、340時間もの時間を費やしていますが、戦闘機のパイロットを育てるのには数億円規模のお金がかかるのだそうで、並大抵の努力や人材ではなれないことも納得であります。

さらに、F15戦闘機はマッハ2.5という驚異的なスピードでフライトするために、最大で地上の9倍の重力がかかり、操縦桿を握るにはかなりの腕力が必要とされていますので、女性では無理であるとされていましたが、こうした厳しい訓練と腕力にも何も支障がなく無事にイーグルドライバーになれたということは、非常に明るいニュースであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

トップガンに憧れて

松島美紗2等空尉は、映画トップガンに憧れて戦闘機のパイロットを目指しているのですが、トップガンとはそもそもどのような映画なのでしょうか?

トップガンとは1986年に公開されたトムクルーズさん主演の映画で、アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた映画であることで知られています。

映画のタイトルにもなっているトップガンとは1969年3月に創立されたアメリカ海軍戦闘機兵器学校のことを指していて、映画の制作にはアメリカ海軍が全面協力するなど、すごいリアリティにとんだ映画であるとされています。

また、トップガンの作中にトムクルーズさんが着用していたRay-Banのアビエイターサングラスが日本でもブームとなった他、アメリカ空軍がパイロット用に制作したフライトジャケットのMA-1は日本でも一世を風靡するなど、社会現象をも巻き起こした映画であるとされています。

そんな、トップガンに憧れた女性が今回パイロットになるということで、やはり、この映画の影響力は計り知れないものであることでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

『なぜ沖縄に寄り添わないのか』この投書から紐解く、沖縄基地問題の全て
先日、今村復興大臣が「震災が東北でよかった」と、不適切な発言をし、辞任するという騒動が起こりました。 この騒動で争点となっているのが、「東北でよかった」という文言で、大臣の解釈は、「震災が東京などの首都圏にきていたら壊滅的だったため、...