岡本惇希(あつき)くん死亡の火事・火災の出火原因が判明か?現場は奈良市千代ヶ丘3丁目付近

国内NEWS

出典:JNN

スポンサーリンク

17日午前1時前、奈良市の住宅で火事があり、焼け跡からこの家に住む小学1年生の岡本惇希くん(7)とみられる遺体が発見されました。

スポンサーリンク

焼け跡か小学生の遺体が

MBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

17日未明、奈良市の民家で火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察はこの家に住む7歳の男の子とみて身元の特定を進めています。

17日午前1時前、奈良市千代ヶ丘で、木造2階建ての民家の2階が燃えていると隣に住む男性から警察に通報がありました。火は約2時間半後に消し止められましたが、住宅の2階部分約50平方メートルが燃えました。

「手のつけようがなくて両親が必死で子どもの名前を呼んでいた」(近所の人)

焼け跡から男の子の遺体が見つかり、警察は連絡が取れていない小学1年の岡本惇希くん(7)とみて身元の確認を進めています。

警察によりますと、この家には惇希くんのほか両親と中学1年生の兄(12)の4人が住んでいて、両親と長男もやけどなどを負い病院で手当てを受けています。

スポンサーリンク

出典:MBS ニュース

岡本惇希くんについて

こちらが、亡くなったしまった岡本惇希くんのプロフィールです。

名前:岡本惇希(おかもと あつき)

年齢:7歳

職業:小学生

在住:奈良県奈良市千代ケ丘3丁目

岡本惇希くんは、お父さんの岡本和士(45歳)さんと、44歳のお母さん、そして12歳になるお兄さんと暮らしていた4人家族の末っ子であり、この火事で亡くなったしまった小学生の人物でもあります。

当時お父さんとお母さんは2階の寝室で就寝しており、お兄さんは1階でテレビを見ていたということです。

出火原因は?

では、出火の原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、火元は2階とみられており、遺体は2階の子供部屋で見つかったのだそうです。

惇希くん以外の3人は自力で脱出をしておりますので、命に別状はなかったと言いますが、残念ながら惇希くんのみがこの火災によって命を落としてしまいました。

2階からということで、おそらくキッチンなどからの出火ではないと思われますし、上の階に火元になるような何かがあったとも考えにくいので、火遊びなどをしていた可能性も十分に考えられます。

小学生らは夏休みで、花火は火を使うこともあるかと思いますが、その火を下手したら部屋の中でマッチやチャッカマンなどを使用して遊んでしまし、その処理が出来なくなって火が瞬く間に燃え広がっていったということも考えられます。

もしくは、タバコの火の不始末によって2階の部屋から出火し、寝ているところで火と煙に襲われたために、火事に巻き込まれてしまったのでしょう。

現場は?

では、火災のあった現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるとのことです。

出典:JNN

岡本和士さん宅は、奈良市千代ヶ丘3丁目にあるとのことで、こちらがその詳細な地図です。

現場は、この付近であることが予想されますし、住宅街で多くの住民が住んでいらっしゃるということからも、この火事による死亡事故で大きな衝撃が走っていることでしょう。

いずれにしても、亡くなった岡本惇希くんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

ゆららの湯押熊店の事故は法令違反で手抜き工事だった?浜田泰爾(やすじ)社長の会見や事故原因についても

 

コメント