樋田淳也はなぜ捕まらないのか?犯罪心理学では都心に潜伏!逃走経路やひったくりを時系列で!

国内NEWS

出典:NEWS+α

スポンサーリンク

大阪府警の富田林署から逃走をし、今もなお捕まっていない樋田淳也(ひだ じゅんや)容疑者ですが、今回はなぜ捕まらないのかということを中心にお伝えしていこうと思います。

人目を避け逃走か?

産経WESTほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪府警富田林署の面会室から男が逃走した事件で、指名手配されている無職、樋田淳也容疑者(30)が電車を使って逃走した形跡がないことが16日、捜査関係者への取材で分かった。富田林署捜査本部は、樋田容疑者が人の行き来や防犯カメラの多い鉄道利用を避け、自転車やバイクなど盗んだ乗り物で逃走を続けているとみて捜査している。

一方、14日夜~15日夜にかけて大阪市東住吉区や生野区などで、黒っぽいスクータータイプのバイクを使ったひったくり事件が相次いだことが分かった。樋田容疑者の実家近くで盗まれたのも黒のミニバイクだったことから、捜査本部は樋田容疑者との関連を捜査している。

捜査関係者によると、樋田容疑者は12日夜の逃走直後、富田林署のすぐ近くで赤い自転車を盗み、隣接する羽曳野市内まで北上したとみられている。自転車は羽曳野市内の路上で乗り捨てられていた。

また、同市と隣接する松原市内にある樋田容疑者の実家付近では、13日までに黒色のミニバイクが盗難被害に遭った。捜査本部は、樋田容疑者が自転車からバイクに乗り換えた可能性が高いとみている。

一方、逃走経路上の鉄道駅を樋田容疑者が利用した形跡はないといい、人目を避けながら移動しているとみられる。

樋田容疑者は12日午後7時半ごろ、富田林署2階の面会室で弁護士と接見。同8時ごろに弁護士が退出した後、面会室のアクリル板を蹴破って、署の裏口から逃走した。

スポンサーリンク

出典:産経WEST

スポンサーリンク

樋田淳也容疑者について

こちらが、逃走をしたとされている樋田淳也容疑者のプロフィールです。

出典:大阪府警

名前:樋田淳也(ひだ じゅんや)

年齢:30歳

職業:無職

在住:大阪府警富田林署

身長:163cm

体型:中肉中背

服装:黒の長袖ジャージ 灰色のスエットズボン

特徴:左ふくらはぎに動物の刺青、黒い長髪、左腕に手術痕

樋田容疑者は、6月、府内のマンションで20代の女性に乱暴したなどとして、強制性交や窃盗などの疑いで逮捕され、7月に起訴されたために、勾留中だったそうですが、弁護士との接見する際に、そこから逃げ出し、現在もどのような様子がわかっていないということです。

また、同級生らの話によれば、「お調子者でひょうきんだった。弱い者には強く出るが、リーダー格には弱かった」という印象があるそうで、近隣住民の話によれば「笑顔がかわいい子だった」のだそうです。

小学校低学年の際には、兄と一緒にボーイスカウトをするなどしており、10年以上前に父親が亡くなった際には、実家近くの祖父母の畑で農業機械を運転し、手伝う姿も見られたのだと言います。

スポンサーリンク

入れ墨はどんなもの?

では、入れ墨は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、大阪府警よって公開された入れ墨のイメージ図です。

出典:NHK

入れ墨は、打ち出の小づちを持ったウサギが米俵に足をかけているような図柄であり、この他にも樋田容疑者は、このほか左腕に手術痕があるのだそうで、非常に特徴的な体をしていることが伺えます。

スポンサーリンク

時系列で足取りを追う

ここでは、樋田容疑者の足取りを時系列で追ってみましょう。

・2018年8月12日頃:大阪府松原市で黒いミニバイクが盗難に逢う

・2018年8月13日午後9時頃:大阪府羽曳野市でひったくり事件発生

・2018年8月13日午後10時頃:大阪市平野区でひったくり事件発生

・2018年8月14日深夜:大阪市生野区でひったくり事件発生

・2018年8月15日夜:大阪市東住吉区でひったくり事件発生

・2018年8月15日:大阪府羽曳野市で盗まれたバッグが、大阪市西淀川区で現金が抜き取られた状態で発見

この足取りを実際の地図に当てはめてみると、以下のようなルートであることが判明しています。

西淀川区ということは、兵庫県尼崎市付近であるということで、さらに西に逃げた可能性もあるのですが、おそらく都心部である大阪市の中心部に位置しているのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

なぜ捕まらないのか?

犯罪心理学に詳しい専門家の話では、逃走犯には以下のような傾向があるのだそうです。

こういった逃走犯の場合、対人関係が希薄な都会の人混みに紛れる傾向にある

このタイプは、逃走資金を得たあとに必ず『情報』を欲しがる。繁華街の漫画喫茶などに出現する可能性があり、確保の狙い目です」

出典:スポーツ報知

つまり、逃走資金は現在、ひったくりによってある程度所持しているとは、漫画喫茶などのインターネットを利用できるところに行くことが予想されるのであるそうで、都心部つまり、大阪では難波や梅田付近に潜伏している可能性があります。

捕まらない理由としては、やはり見ず知らずの人に興味を持たないという都会の人の習性や、日本人特有の人間性が影響していると言えるでしょう。

人混みに紛れると、さすがにここまで顔が割れている容疑者であっても実際会ってみると分からないのが本当のところで、さらに言えばこの事件は自分の身に降りかからないとして、あまり興味を持たない人が多いのでしょう。

そのため、普通にすれ違っていたとしても、気が付かずにスルーしてしまうこともあるでしょう。

スポンサーリンク

歩きスマホも関係している?

現代の社会では、人は隙間時間があればスマートフォンを見る習性があり、画面を見ない日や時間帯はかなり少ないのではないかと思われます。

基本的に顔が下に向いていることになるため、集中していると樋田容疑者であろうが気が付かないのかもしれません。

ひったくりなどの被害に逢うことも予想されますので、大阪付近の住民の方はくれぐれもご注意下さい。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

樋田淳也容疑者の逮捕歴と生い立ちがヤバい!現在の居場所は〇〇である可能性が

 

コメント