樋田淳也を逃した富田林警察署は不祥事だらけ!赤い自転車で逃走し、足取りなどについても

国内NEWS

出典:テレ朝ニュース

スポンサーリンク

 

大阪の富田林警察署から逃走した容疑者の男は依然見つかっていませんが、この男とみられる人物が赤い自転車で走り去る姿が周辺の防犯カメラに映っていたことが新たに分かりました。

スポンサーリンク

防カメに“逃走”容疑者 自転車を盗んで逃走か

テレ朝ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

大阪の富田林警察署から逃走した容疑者の男は依然見つかっていませんが、この男とみられる人物が赤い自転車で走り去る姿が周辺の防犯カメラに映っていたことが新たに分かりました。

(安井健悟記者報告)
男が逃走してから4日目になりました。周辺の防犯カメラに男とみられる人物が確認されるなど、その足取りが少しずつ分かってきました。大阪府警富田林署に逮捕されていた樋田淳也容疑者(30)は12日夜、弁護士と接見した後に行方が分からなくなって加重逃走の疑いで指名手配されています。その後の取材で、署の周辺にある複数の防犯カメラに樋田容疑者とみられる男が道路を歩いた後、赤い自転車に乗って走り去る姿が映っていたことが分かりました。
住民:「(Q.警察にどんなことを聞かれましたか?)赤い自転車のことで聞きに回ってました。赤い自転車盗られてないですかと」「南から北へ自転車で逃走したみたいだと」
防犯カメラの映像から、樋田容疑者は自転車を盗んだ後に富田林署の北側へ逃走したとみられています。大阪府警は3000人態勢で捜索を続けていますが、いまだ樋田容疑者の確保には至っておらず、周辺の住民からは不安と怒りの声が高まっています。

スポンサーリンク

出典:テレ朝ニュース

 

樋田淳也容疑者について

こちらが、逃走をしたとされている樋田淳也容疑者のプロフィールです。

出典:大阪府警

名前:樋田淳也(ひだ じゅんや)

年齢:30歳

職業:無職

在住:大阪府警富田林署

身長:163cm

体型:中肉中背

服装:黒の長袖ジャージ 灰色のスエットズボン

特徴:左ふくらはぎに動物の刺青、黒い長髪、左腕に手術痕

樋田容疑者は、6月、府内のマンションで20代の女性に乱暴したなどとして、強制性交や窃盗などの疑いで逮捕され、7月に起訴されたために、勾留中だったそうですが、弁護士との接見後に、そこから逃げ出し、現在もどのような様子か分かっていないということです。

また、同級生らの話によれば、「お調子者でひょうきんだった。弱い者には強く出るが、リーダー格には弱かった」という印象があるそうで、近隣住民の話によれば「笑顔がかわいい子だった」のだそうです。

小学校低学年の際には、兄と一緒にボーイスカウトをするなどしており、10年以上前に父親が亡くなった際には、実家近くの祖父母の畑で農業機械を運転し、手伝う姿も見られたのだと言います。

 

過去の犯罪歴がエグい

そんな、樋田容疑者ですが、過去の犯罪歴が非常に多いとして話題となっています。

樋田容疑者は、窃盗や性的暴行などの疑いで逮捕・起訴されている他、5月上旬に羽曳野署の駐車場の警察車両が燃えた事件に関与した可能性があるとみて、警察が捜査をしていたのだそうです。

窃盗

強制性交

放火

これだけの容疑がかけられている中で、さらに加重逃走という罪も加わるとなると、懲役年数がとんでも無いことになることは明白でしょう。

逃走をしているために、再犯をする可能性は低いのですが、知り合いによる犯人隠避などが無い限りは、お金が底を尽きることが予想されますので、車上荒らしなどの窃盗罪などはどんどん増えていくことでしょう。

そして今回の報道では、自転車を盗んでの逃走が防犯カメラに映っていた事から、さらに窃盗罪が増えています。

スポンサーリンク

どこでどんな生活を?

では、いったい樋田容疑者は12日に逃走してから、どのように生活しているのでしょうか?

逃走後、富田林署の周辺にある複数の防犯カメラに樋田容疑者とみられる男が道路を歩いた後、赤い自転車に乗って走り去る姿が映っていた事から、お金は所持していないと考えられます。

そしてすでにお金がそこを尽いている状態での逃走である為に、窃盗を重ねながら移動すると思われます。

現在も未だに捕まっていない為に、周辺住民は常に気を配りながら行動し、いつでも警察に通報できる状況を作り出す必要があります。

「赤い自転車」で逃走しているのを防犯カメラが捉えているというニュースを樋田容疑者が何かしらで知るできたとすると、すでに赤い自転車は捨てられている可能性も考えられます。そうなると次の逃走手段を窃盗する可能性も高いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

逃走経路は?

では、いったい樋田容疑者はどのように逃げているのでしょうか?

まず、富田林署がこちらです。

報道では、富田林署の北側に逃走しているとされています。

4日あれば自転車が壊れない限り、かなり遠くまで行く事ができます。

地図によると富田林署には国道170号線が面しており、北に向かうと京都府や滋賀県に着きますが3000人もの警察官が総動員で捜索をしても捕まっていない事から考えると国道など見つかりやすい道路は避けて逃走している事が考えられます。

防犯カメラで北に逃走した姿が映ってはいたものの、京都や滋賀まで一直線に逃走したとは考えにくい為、山が多い「奈良」、「和歌山」方面(南側)に進路を変えて逃走していると考える事もできます。

富田林署の不祥事

樋田容疑者が逃走した経緯には、富田林署のずさんな管理体制が原因であったと世間から非難が殺到しています。

今回の逃走事件では、富田林署の複数の欠点による事件でした。

・アクリル板の修理、設備点検無し

・弁護人側ドアのブザー常時不使用

・前室の警察官が不在

・住民等への注意喚起が9時間後

これらが一斉に重なり、樋田容疑者の逃走に繋がっているようです。

住民等への公表以外に関しては、富田林署内での責任として今後改善すれば良い事でありましたが、容疑者逃走の公表については、地域の安全がかかっている事です。

しかも樋田容疑者は度重なる犯罪を重ねてきている容疑者である為、世の中を不安と危険にさせてしまっているのでいち早く公表しなくてはいけない状況であったのです。特に強制性交で逮捕された際の被害者は、また来るかもしれないという恐怖に怯えているに違いないでしょう。

もしも公表を早くしているだけでも確保が早まった可能性も考えられますし、その他の不祥事についても有り得ない事ですので、管理体制を根本から見直す必要が有ります。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

樋田淳也容疑者の逮捕歴と生い立ちがヤバい!現在の居場所は〇〇である可能性が

 

コメント

テキストのコピーはできません。