藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃんの行方の手がかりがこちら!現在の居場所や失踪時の状況も

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

藤本理稀(ふじもと よしき)ちゃんが失踪してから2日が経過しておりますが、未だ発見するには至っておりません。

今回は、山口・周防大島町で失踪した神隠し的な事件に対して、あらゆる可能性を検証してみたいと思います。

未だ手がかりを得られず

テレビ西日本ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

山口・周防大島町で、2歳の男の子が行方不明となって2日がたったが、まだ発見されておらず、14日も捜索が続いている。

山口・周防大島町の現場では、14日も午前7時から、警察や消防など、およそ150人態勢で、行方がわからなくなっている藤本理稀(よしき)ちゃん(2)を捜索している。

理稀ちゃんは、曽祖父の家に帰省していた12日午前10時半ごろ、祖父と兄と3人で海に向かう途中、1人で引き返し、その後、行方がわからなくなっている。

理稀ちゃんの祖父は、「まだ2歳なので、母親べったりだった。2歳の子なので(暑さなどが)厳しいと思う」と話した。

理稀ちゃんは、家から100メートルほどの場所で引き返していて、近くのため池や用水路、周辺の山間部などを重点的に探しているが、手がかりは見つかっていない。

また、消防がヘリで上空からの捜索も行っている。

出典:テレビ西日本

 

藤本理稀ちゃんについて

こちらが、行方が分からなくなっている藤本理稀ちゃんのプロフィールです。

名前:藤本理稀(ふじもと よしき)

年齢:2歳

特徴:白と赤のTシャツに緑色の海水パンツ 水色のサンダル姿

藤本理稀ちゃんは、山口県周防大島町の曽祖父宅に12日午前に帰省をしており、同じく帰省していた祖父と3歳の兄と3人で歩いて海に行く途中、「曽祖父の家に帰る」と言い、1人で戻り行方が分からなくなってしまいました。

その後、家を出た母親らが祖父に追いついたものの誰も出会っていないということから、奇妙で不可解な失踪事件であります。

ちなみに、こちらが理稀ちゃんの顔画像です。

出典:NNN

現場は?

では、現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のようば場所でキャスターが立っている辺りで祖父と兄と別れたのだと言います。

出典:ANN

そして、その場所がこちらです。

そして、ここから以下のような場所まで歩いていたのだと言います。

出典:ANN

ここの石垣の辺りまで来るのを祖父が藤本理稀ちゃんの背中を確認しているとのことですが、なぜかここの坂道を登ったのを最後に行方が分からなくなっているのです。

スポンサーリンク

理稀ちゃんの行方は?

ここでは、理稀ちゃんの行方についてあらゆる可能性を検証しながら、迫ってみたいと思います。

①他人に引き取られた可能性

現場となっているのは、山口県周防大島町家房という地区で、海と山に囲まれた非常にのどかな田舎町であります。

古くから、近隣住民の方々との付き合いは長く、他人のお子さんであろうが、もしかしたら1人で歩いていたら保護してしまう可能性があるのかもしれません。

現に、この石垣の坂を登った先には民家がポツポツと立ち並んでいますし、物事が大きくなりすぎて気まずくなって名乗り出るのが遅れてしまったということも考えられるでしょう。

現場には、多くの捜査員と消防団員、そして見慣れない数の報道関係者とカメラの数に圧倒されているのかもしれません。

スポンサーリンク

②誘拐の可能性

誘拐されて可能性も捨て切れません。

これだけ捜索しても衣類や、サンダルなどの遺留品がないことから、何者かによって連れ去られたということも考えられるでしょう。

ですが、そうであれば悲鳴や車の音などが聞こえて来るはずですし、いくら田舎町とはいえ、何かしらの目撃証言があると推測されます。

それらがないということは、顔見知りによる犯行かプロの集団による犯行であることも十分に考えられます。


スポンサーリンク

③転落などの可能性

多くの捜査員が導入されていますが、やはり転落や山に迷い込んでしまった可能性も否定できません。

この最後に祖父と別れた道を山の方へ登っていくと、崖のようになっているほか、手付かずの自然や用水路など、子供にとっては危険な場所がいくつか存在しているのです。

そのため、暑さなどの自然界の猛威に襲われてどこかで命を落としているとも言い切れませんが、これだけの大人の捜査員が連日探しているにも関わらず、出てこないということは、神隠し的な何かに見舞われたと言っても過言ではないでしょう。

あまりオカルト的な話をしたくはないのですが、日本では過去にも多くの神隠し事件が発生していますし、その度に異次元の世界に行ったなどのオカルト的な話も多く発生していますので、可能性は低いですがないことはないでしょう。

スポンサーリンク

④動物による捕食の可能性

4つ目にご紹介するのは、動物による捕食の可能性です。

山々に囲まれている、自然豊かな地域であることから、ここら辺では野生の動物も多く存在しているのではないかと推測されます。

そのため、実際に鳶や鷹が小さな赤ん坊をねらい、掴んで飛び去ろうとする映像が撮影されているという事実もあることから、鳥類などによる連れ去りなども視野に入れなければならないでしょう。

鳥類であれば鋭いくちばしで乳幼児であれば連れ去ることが可能ですし、誰にも目立たずに素早く移動することが可能であります。

また、猪や狼などの山に住む動物に捕食された可能性も否定できません。

いずれにしても、これだけの捜査関係者が探しているにも関わらず、手がかりが見つからないということは、非常に不可解な事件へと発展しそうです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃんの現在の居場所に関する情報がこちら!誘拐の可能性も?
...

コメント