大野美幸(日大チア部DIPPERS女性監督)の顔画像と経歴がこちら!パワハラの内容がヤバい!

この記事は4分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本大のチアリーディング部である、DIPPERS(ディッパーズ)の大野美幸(おおの みゆき)監督がパワハラを行なっていたとして、話題となっています。

日大チア部の監督がパワハラ

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

日本大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子部員にパワハラをしたと、学内の人権救済機関に認定された。関係者への取材で判明した。部員は精神的に追い詰められて適応障害と診断された。運動部を統括し、アメリカンフットボール部の内田正人前監督が事務局長だった保健体育審議会(保体審)に解決を求めたが対応しなかったという。日大のパワハラ体質とガバナンス(組織統治)の欠如が再び露呈した。【川上珠実、銭場裕司】

監督は2011年ごろまで同部選手だったOGで15年度に就任した。女子部員らによると2月5日、全部員の前でこの部員を名指しし「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」と事実でないことで叱責した。

この前後にも、部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったほか、けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い大会に出場させようとした。他の部員からも責められて自殺を考えるほど追い詰められ、大学に通えなくなった。

女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めた。当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」などと態度を変えたため、3月に人権救済機関に相談した。関係者によると、具体的内容は公表していないが、調査をして監督の言動がパワハラに当たると認定したという。

5月に起きたアメフット部の問題で日大は対応が批判されたがその間もチアの問題は解決せず、監督は7月に女子部員に謝罪した。毎日新聞の取材に日大企画広報部は「事象の有無を含めてお答えできない」と回答。監督は指導を続けている。

アメフット部の問題では、日大が設置した第三者委員会が7月末、悪質タックルを指示した内田前監督=懲戒解雇処分=の指導を「独裁」「パワハラ」と批判。部活動を監督すべき保体審の事務局長を内田前監督が務めていたことが独裁を許し、ガバナンスが機能しなくなったと指摘した。

競技チアは組み体操のような「スタンツ」や宙返りなどの「タンブリング」といった技で演技を構成し、難易度や正確性などで競う団体の採点競技。日大は02年創部で、過去10年の日本選手権最高順位は4位(大学部門)。

出典:毎日新聞


スポンサーリンク

大野美幸部長について

こちらが、パワハラをした大野美幸部長のプロフィールです。

名前:大野美幸(おおの みゆき)

年齢:29歳?

職業:日大チア部監督

所属:日大チアリーディング部 DIPPERS

学歴:日本大学出身

大野美幸監督は、日大チアリーディング部 DIPPERSの女性監督であり、2011年ごろまでは同部の選手として活躍していた人物です。

同部のホームページには「全国大会レベルでは3位以内に入ることが目標です。しかし常に優勝を目指しています。若いチームですので、着実に一歩一歩、結果を出していきます。常に「明るく、礼儀正しく」を基本に、皆が憧れるチームになることを目指しています。」とコメントを残しており、全国大会を目指すほどのチームであることが伺えます。

スポンサーリンク

DIPPERSについて

出典:DIPPERS

日大チア部である、DIPPERSは東京都世田谷区八幡山2-10-2にある日本大学八幡山総合体育館 アリーナで主に練習を行なっているチームであり、前述しましたが、全国でも屈指の強豪校であるそうです。

大野美幸監督はこの動画でも、熱のこもった指導をしている様子が見受けられます。

日本大学には保健体育審議会(保体審)と呼ばれる運動部を管轄する部署があるのですが、そこに大野美幸部長からパワハラを受けていた被害女子学生が訴えたそうです。

しかしながら、女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めたものの、監督と直接話してくださいなどと態度が変わっており、5月の日大アメフト部の問題が起こっている最中でも態度を改めなかったのだと言います。

DIPPERSは強豪としても知られているため、練習は非常に厳しく、”指導”という意味ではキツイことを言うこともあるのかもしれませんが、パワハラの内容があまりにも酷いために、問題となっているのです。

スポンサーリンク

パワハラの内容とは?

では、パワハラの内容とは一体どのようなものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、2018年2月、女子部員に対し、他の部員の前で「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」などと、事実とは異なることを話し、叱責したとされている他、チアの強豪校の出身ジャージを来ていた選手に対しては「学校の恥。今すぐ脱げ」などと、発言をしたのだそうです。

ジャージなど大学生にもなれば何を着ようが自由でありますし、強豪のジャージに対して叱責をしたと言うことは、大野部長はその強豪校に対して強いコンプレックスでもあるのでしょうか?

学校の恥と言っていますが、日大アメフト部問題で揺れる中でもパワハラの態度を変えなかったことの方がよっぽど恥でありますし、部員に対して面子が立たないことは事実です。

大野美幸監督は「全てわたしの責任です。申し訳ありません」と、アメフトの内田正人監督のように最後まで粘ろうとはしておりませんでしたが、地に堕ちた日大ブランドにさらに拍車をかける展開となったことは事実です。

スポンサーリンク

チアリーディング部とは

チアリーディング部とは、そもそもどのような部活動なのでしょうか?

競技チアは組み体操のような「スタンツ」や宙返りなどの「タンブリング」といった技で演技を構成し、難易度や正確性などで競う団体の採点競技であり、正確性と協調性、ダイナミックさやチームワークなどが求められるものです。

そもそも、チアリーディングというのは、何かの部活やスポーツを応援する際に場を華やかにすることが目的であり、”応援”が第一であるはずです。

ですが、応援しているだけでは飽き足らずに、自らが競技として競い合うというのは、本来のチアリーディングとはかけ離れており、本末転倒なのではないでしょうか?

どのような経緯で成立したのか分かりませんが、他のスポーツを応援することが目的であるために、「競技の全国大会で勝つ」ことだけを目標としているのは、やはり応援することが第一であるために、何か違うような気がします。

スポンサーリンク

日大には危機管理学部がある

日大の危機管理学部とは、東京都世田谷区下馬3-34-1の三軒茶屋キャンパスにある日大の学部で、創立130周年記念事業の最大の柱として平成28年(2016年)に創設された比較的新しい学部であります。

モットーは「人を、社会を、未来を守る。」であり、以下のようなことを教育理念に掲げているそうです。

自然災害や事故、犯罪、情報流出、テロリズム…。私たちに脅威を与える「危機」は社会の多様化・グローバル化とともに増大し、個人や企業、さらには国家レベルでも高度な「危機管理能力」が求められるようになりました。
日本大学はそうした時代のニーズにいち早く対応し、危機管理学部を開設しました。
この学部では、多岐にわたる危機やそのマネジメントに関連する学問領域から必要なエッセンスを統合し、「危機管理学」として体系化。
多様な学部・学科を擁する総合大学として長い歴史を誇る日本大学だからこそ、時代に求められている危機管理のエキスパートをいち早く養成し、社会に送り出します。

出典:日大危機管理学部

危機管理学部には危機管理学科しか併設されておらず、現代社会のあらゆる場面で活躍できる危機管理のエキスパートを養成し、安心・安全な社会の実現に貢献することを目指しているのだそうです。

危機管理学の知識とスキルは、国内外のあらゆる場面で必要とされていると日大は主張していますが、そんな教育をしているはずの日大の首脳陣がまさか全く危機管理ができていないとは夢にも思わなかったのでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

日大のツイッターが炎上し、悪質タックル問題を否定し続ける理由がヤバい!学生を守らない大学側に在校生らが不満の声

 
error: You never click here!!