福岡市博多区で覚せい剤を所持した会社員の男の名前や顔画像などの情報がこちら!犯人の犯行動機などについても

この記事は2分で読めます

出典:弁護士ドットコム

スポンサーリンク

 

福岡県警は7日までに、福岡市博多区博多駅南4丁目の会社員男(39)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕しました。

スポンサーリンク

覚醒剤所持の疑いで会社員の男逮捕

西日本新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

福岡県警は7日までに、福岡市博多区博多駅南4丁目の会社員男(39)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、7月24日、自宅で覚せい剤を所持していた疑い。

スポンサーリンク

出典:西日本新聞

容疑者について

こちらが逮捕された、容疑者のプロフィールです。

名前:不明

年齢:39歳

職業:会社員

住所:福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目

7月24日、自宅で覚せい剤を所持していた疑いで現行犯逮捕された人物です。

スポンサーリンク

顔写真やSNSは?

では、いったい逮捕された容疑者の顔写真やSNSのアカウントは公開されているのでしょうか?

現在のところ逮捕された容疑者の詳しい情報や名前などが公開されておりません。

その為、顔画像やSNSのアカウントについては現在のところ確認できていません。

新しい情報が入り次第、随時お伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

現場は?

では、いったい犯行現場はどこだったのでしょうか?

報道によると現場は容疑者の自宅で「福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目」とされています。

地図がこちら。

博多駅から近い場所に位置している為、子供も含めて多くの人々が行き交っている場所のようです。

このような場所で覚せい剤が出回っていると考えると周辺の住民は不安を隠せない状態かもしれません。

 

犯行動機は?

では、いったい犯行の動機は何だったのでしょうか?

警察の取り調べの詳細次第では、覚せい剤の所持・使用のみならず、密売や密輸入等といった重犯罪に繋がる可能性が考えられます。

現在のところでは、所持していたという状況だけではありますが、使用していたと考えてまず間違いないでしょう。

覚せい剤取締法では、所持の用途によって罪の重さが変わってきますので、取り調べ内容の公表が気になるところです。


スポンサーリンク

覚せい剤取締法について

所持の用途について刑罰が変わってきますのでこちらを確認して下さい。

出典:Wikipedia

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

谷崎勇太(たにさきゆうた)容疑者の顔画像がこちら!覚せい剤所持の入手経路と理由が判明

 
error: You never click here!!