澤田彩香アナが19年ぶりにNHKでラジオ実況!スポーツ実況に女性が少ない理由がこちら!

この記事は4分で読めます

出典:らっとまっと速報

スポンサーリンク

夏の全国高校野球ですが、毎日熱戦が繰り広げられている中、中継のNHKでは、ラジオで19年ぶりに女性のアナウンサーである澤田彩香(さわだ あやか)アナウンサーが担当したとして話題となっています。

澤田彩香アナが実況を担当

8月7日に行われた「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」の1回戦、智弁和歌山(和歌山)対近江(滋賀)のNHKラジオ実況を、入局6年目の沢田彩香アナウンサー(名古屋放送局)が担当した。

女性アナが同ラジオ実況を担当するのは99年、藤井彩子アナ以来、19年ぶり2人目。沢田アナは、リオデジャネイロ五輪などのキャスター業務も務めながら、強い希望で「実況をやりたい」と志願していた。ツイッター上では「めちゃ新鮮」「聞きやすい声だねぇ」など好意的なツイートが多かった。

7月の記者会見では開幕から大会中盤までの3試合程度を担当する予定だという。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

 

澤田彩香アナウンサーについて

こちらが、19年ぶりに女性で NHKのラジオ実況を担当した澤田彩香アナウンサーのプロフィールです。

「澤田彩香アナウンサー」の画像検索結果

出典:NAVER まとめ

名前:澤田彩香(さわだ あやか)

生年月日:1990年生まれ

年齢:27〜28歳(*2018年8月現在)

出身:滋賀県大津市

学歴:滋賀県立膳所高等学校→東京大学工学部航空宇宙工学科

所属:NHK名古屋放送局

澤田彩香アナウンサーは、現在NHK名古屋放送局に務めるアナウンサーであり、おはよう東海などを担当するアナウンサーであるとしても知られています。

大学時代には関東工業自動車大学校と組んだ共同プロジェクトの「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック2012 参戦プロジェクト」に参加するなど、工業系の知識は極めて優れています。

2011年の東日本大震災の際に自身が大学三年生であり、就活に悩んでいたところ「ひとりでも多くの命を救うために自分が出来ることはないか」と考えて、アナウンサーになったのだと言います。

好きな食べのものは、もずくの天ぷら、ホヤの塩辛、グリーンピースのスープだといい、メジャーリーグの試合でライナー性のファールボールを素手で止めた経験があるなど、野球好きとしても知られています。

スポンサーリンク

19年ぶり?

NHKの発表によれば、ラジオで実況するのは19年ぶりであるということで、最初に担当した1999年の藤井彩子アナウンサーは、1回戦の「都立城東ー智弁和歌山」など、計2試合のラジオ実況を担当していたのだそうです。

しかしながら、今回の澤田アナ同様にラジオ実況であり、女性アナウンサーがテレビ実況を務めた例は、未だありません。

スポンサーリンク

なぜ女性実況者が少ないのか?

そもそも、スポーツ実況では、なぜ女性の実況者が少ないのでしょうか?

以下の様な理由があるからであるそうです。

「2006年にNHKの有働由美子アナが、巨人・阪神戦を実況したことがあります。また、tvk(テレビ神奈川)ではサッカーや高校野球を頻繁に実況する女子アナがいましたし、TOKYOMXではソフトバンク戦のすべてを女性が担当したことも。フジテレビやテレビ朝日でも、実況経験のある女子アナは存在しています。

 

その時、『高い声が合わない』『知識不足』など批判的な声もあり、物議を醸したことも事実。見る側が慣れていないからですかね。あと、実況アナウンサーは顔を出さない『声』メインの仕事なので、実況の仕事を希望する人自体が少ないのかもしれません。

 

スポーツに関する知識が豊富で情熱を持っていれば、男性も女性も関係ないと思います。実況に挑戦する女子アナは、応援したいですね」

スポンサーリンク

出典:しらベェ

また、この様な一幕も。

NHKの有働由美子アナウンサー(37)が23日、同局の女性アナ として初めてプロ野球の実況を行った。 BSハイビジョンで放送された巨人―阪神で、有働アナは冒頭 「ファンのみなさん、ごめんなさい。きょうは素人の目線でさまざまな質問をぶつけていきたい」 と意気込み。 実況は独自の目線にこだわり、捕手を中心に解説の梨田昌孝氏との話を展開。 選手の妻の名前を間違えて「すみません」と謝罪すると、梨田氏に 「謝って済むような問題じゃない。女性はいいですよね、そうやってニコっと笑って」 と突っ込まれる一幕もあり、ちょっぴりホロ苦な“初登板”となった


スポンサーリンク

出典:スポニチアネックス

スポーツ実況というのは、比較的落ち着いて聞き取りやすい声である必要性があり、女性の様に高い声であると高音域のHz的に聞き取りにくい場合が存在します。

特にご高齢の方などは、興奮した状態で発するアナウンサーの声などを聞き取りにくく、そういった面もあって女性アナウンサーはスポーツ実況に向いていないとされています。

さらに、圧倒的な知識量が求められますし、野球やサッカーなど男性がメインのスポーツとなれば、やはり男性が実況する方がしっくりくるということも言えるでしょう。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この女性実況に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

甲子園で2日連続誤審か?旭川大高対佐久長聖でノーバンキャッチがヒットに!中越対慶応戦も空タッチがアウトになる

 
error: You never click here!!