津田将範(つだまさのり)容疑者の顔画像がこちら!紙幣を偽造すると問われる罪とは?

この記事は2分で読めます

出典:JNN


スポンサーリンク

 

東京・立川市のコンビニ店でギターの代金の振り込みに偽1万円札を使ったとして、24歳の津田将範(つだ まさのり)容疑者が逮捕されました。

スポンサーリンク

偽札を作った疑い

TBSニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

自宅のプリンターで一万円札をカラーコピーして偽札を作り、東京・立川市のコンビニエンスストアで使用したとして、会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは神奈川県厚木市の会社員・津田将範容疑者(24)で、去年3月、自宅のプリンターで一万円札をカラーコピーして偽札2枚を作り、立川市のコンビニで使った疑いが持たれています。紙幣が色あせていたことから受け取った店員が不審に思って通報しました。取り調べに対し、津田容疑者は「当時は出費が多く持ち金もなかったので作りました」と容疑を認めているということです。

スポンサーリンク

出典:TBSニュース


スポンサーリンク

 

津田将範容疑者について

こちらが、逮捕された津田将範(つだ まさのり)容疑者のプロフィールです。

名前:津田将範(つだ まさのり)

年齢:24歳

職業:会社員

在住:神奈川県厚木市

津田容疑者は、去年3月、立川市のコンビニ店で偽造した1万円札2枚を使って、ギターを購入した際の振込代金を支払った疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが、逮捕された際の津田容疑者の顔画像です。

出典:JNN

 


スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して津田容疑者は「金がなかったので、偽札を作ろうと思った」「当時は出費が多く持ち金もなかったので作りました」と容疑を認める供述をしています。

お金がないとするのであれば、一万円札を一枚だけ作成したとは考えにくく、大量に印刷したのではないかと推測されます。

そもそも、紙幣を印刷できるのは日本銀行のみであり、自宅で印刷をすることは許されないことくらいはわかっているとは思いますが、やはりお金は錬金できるものではなく、しっかりと労働の対価として支払われるものですので、地道に働いていくのが正攻法でしょう。

 

スポンサーリンク

 

偽造防止機能について

プリンターやコピー機などを使って紙幣を印刷しようとした場合、警報音がなったり正常に印刷出来なくなってしまう現象が発生します。

これは、ほぼ全世界の紙幣に採用されている偽造防止技術の「ユーリオン」が描かれていることによって、発生するものです。

ユーリオンとは発行元が複写を禁じる印刷物に対してこの模様を付加することで、複写禁止印刷物であることを画像処理ソフトウェアやカラー複写機が容易に検知できるようになり、偽造の防止に役立つもののことを指します。

また、コンビニなどに設置されているコピー機には、基本的に紙幣を判別する機能が備わっており、紙幣を印刷しようとした場合に、警報が鳴るもしくは、印刷がされないなどの弊害が出ます。

お札には黄色い丸がいくつも存在しており、これがそのユーリオンという識別紋章なのです。

どの様に罪に問われるのか?

では、万が一お札を印刷してしまった場合、一体どの様な罪に問われるのでしょうか?

以下の様な罪に問われてしまう恐れがあると言います。

・刑法第16章の通貨偽造罪(148条)

・外国通貨偽造及び行使等罪(149条)

・偽造通貨等収得罪(150条)および収得後知情行使等罪(152条)

・通貨偽造等準備罪(153条)

基本的に貨幣を偽造するというこいうは、無期懲役または3年以上の懲役または、20年以下に問われることがあるのです。

いずれにしても、どの様な理由があるにせよ紙幣を偽造することは罪ですので、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

加瀬芳美(よしみ)と加瀬敬幸(たかゆき)の顔画像がこちら!ハーボニー偽造の真相も判明!C型肝炎治療薬を偽造販売で40代夫婦を逮捕

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!