藤原由秋(ふじわらよしあき)容疑者の顔画像を特定か?放置の動機が酷すぎる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

出典:MBS

スポンサーリンク

同居する母親が転倒してけがをしたのに放置して死亡させたとして、藤原由秋(ふじわら よしあき)容疑者が逮捕されました。

母親を放置

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

ことし4月、福知山市の住宅で91歳の母親が転倒し、頭にけがをしたにもかかわらず、病院に連れて行ったりせずに死亡させたとして、警察は59歳の長男を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、福知山市榎原の無職、藤原由秋容疑者(59)です。
警察によりますと、藤原容疑者はことし4月、91歳の母親の初美さんが自宅の台所の勝手口付近で転倒し、頭にけがをして座り込んでいるのを見たにもかかわらず、病院に連れて行くなど適切な保護措置を怠り、低体温症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。
警察によりますと、藤原容疑者は転倒した2日後に初美さんを居間に運び、翌日、親族に「母親が息をしていない」と電話したあと消防に通報したということです。
警察は、藤原容疑者が病院に連れて行くなどの対応をなぜ取らなかったのかなど、詳しい経緯を調べることにしています。

スポンサーリンク

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

 

藤原由秋容疑者について

こちらが、藤原由秋容疑者のプロフィールです。

名前:藤原由秋(ふじわら よしあき)

年齢:59歳

職業:無職

在住:京都府福知山市榎原

藤原容疑者は、4月17日夜ごろ、自宅の勝手口付近で、転倒した母親の初美さんが後頭部から出血し座り込んでいるのを発見したのに通報せずに放置し、18日ごろに低体温症で死亡させたとして、逮捕された人物です。

ちなみに、藤原容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているということです。

しかしながら、藤原容疑者は母親の初美さんとは2人暮らしであり、放置するなど考えられないのですが、おそらく面倒臭かったのではないかと思われます。

そうしたことがもしも動機であるとするのであれば、あまりにも不憫な亡くなり方でありますし、母親をそうした形で亡くならさせるのは非常に残念でありまあす。

放置とはどの様な考えのもとに行われたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

保護責任者遺棄致死とは?

保護責任者遺棄罪とは、扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪のことを指します。

扶助が必要な人物とは、老年者・幼年者・身体障害者・病人のことであり、保護をしなかったつまり、「何もしなかったこと」が罪に値するのです。

一方で、保護義務がある人物が保護義務を放置し、死亡させてしまった場合に殺人罪が問われる可能性もあるのです。

加害者に殺意があったとされれば、これが適応されますが、今回のケースではそこが争点となってきそうです。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

三反園訓(みたぞのさとし)知事が怒鳴った理由がヤバい!過去の愛人疑惑や不祥事についても

 
error: You never click here!!