尾田孝三(おだこうぞう)容疑者の顔画像を特定か?豪雨被災地での犯行動機が酷すぎる

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

出典:JNN

スポンサーリンク

 

西日本豪雨で被災し休業していた岡山県倉敷市真備町の自動車修理店から車のキーなどを盗んだとして、41歳の尾田孝三(おだ こうぞう)容疑者が逮捕されました。

西日本豪雨で窃盗の疑い

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

西日本豪雨で被災して無人だった自動車修理販売店から、車のエンジンキーやナンバープレートなど盗んだとして、岡山南署は31日、窃盗などの疑いで、岡山市南区松浜町、無職尾田孝三容疑者(41)を逮捕した。尾田容疑者は「多くの人が避難している報道を見て、今行けば盗めると思った」と容疑を認めている。

逮捕容疑は13日から20日午後10時ごろまでの間に、浸水被害で閉店していた岡山県倉敷市真備町地区の自動車修理販売店に侵入し、エンジンキーや店の展示場に駐車してあった軽乗用車のナンバープレート2枚など計6点(時価3万1600円相当)を盗んだ疑い。

岡山南署によると、尾田容疑者は20日、岡山市内にあるアパートの空き部屋に無断で侵入した疑いで逮捕された。この部屋からは他人名義のナンバープレートなどが見つかり、尾田容疑者が盗んだことを認めたことから逮捕した。


スポンサーリンク

出典:サンケイスポーツ

 

スポンサーリンク

 

尾田孝三容疑者について

こちらが、逮捕された尾田孝三容疑者のプロフィールです。

名前:尾田孝三(おだ こうぞう)

年齢:41歳

職業:無職

在住:岡山市南区松浜町

尾田容疑者は、2018年7月13日〜20日までの間に西日本豪雨で床上浸水し休業していた倉敷市真備町の自動車修理店に侵入し、エンジンキーなどを盗んだ上、展示されていた軽乗用車からナンバープレートを取り外して持ち去った疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、尾田容疑者に関しては顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して尾田容疑者は「多くの人が避難している報道を見て、今行けば盗めると思った」などと容疑を認める供述をしているとのことです。

災害や震災などで被災をした際には、セキュリティ云々を語っている余裕などなく、それ以前にも自らの命を保身する方に徹しますので、もちろんセキュリティは手薄になってしまいます。

そのため、コンビニ強盗や窃盗などの卑劣な犯罪が横行していく訳ですが、だからといってみんながやっているから自分もやっていいという理論には到底至らず、こうしたことをするのは群集心理や集団心理が招いた最悪の事態であることは明白です。

みんながやっているから犯罪を犯していいという風になってしまえば、この世の中の秩序は崩壊し、最悪の環境下になってしまうでしょう。

さらに、被災してこれから復興を頑張っていこうという被災地での事件であるだけに、こうした事件は情けないの一言に尽きます。

 

スポンサーリンク

 

現場は?

では、現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現場となったのは岡山県倉敷市真備町のカー用品店であり、以下の場所であるとのことです。

出典:JNN

この画像を元に検索をした結果、 岡山県倉敷市真備町川辺88−1にある「カーコンビニ倶楽部 倉敷真備店」である可能性が高まってきています。

被害に遭われた「カーコンビニ倶楽部 倉敷真備店」では、今回の西日本豪雨の影響を受けて以下の様なコメント残しています。

今回の真備地区堤防決壊による浸水により店舗設備が全て使用不能となり、休業を余儀なくされております。
現在、スタッフ一同、懸命に復旧作業を行っている状況です。
皆様にはご不便をお掛けし大変申し訳ありませんが、営業再開のメドが立ちましたらお知らせ致しますので、何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

出典:カーコンビニ倶楽部

こうした懸命の復旧作業を踏みにじる行為であるだけに、一層の波紋が広がっていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

ニノ(二宮和也 )の岡田小学校での訪問と現地の様子がこちら!岡山県倉敷市真備町の被災地へ激励

 
error: You never click here!!