ヤマトの猫パンチ動画がこちら!都立大学駅前の刃物男(犯人)の名前や顔画像の情報も

この記事は3分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

東京都目黒区にある東急東横線都立大学前の商店街付近で30日、男が刃物を持って暴れるという事件が発生しましたが、今回はその事件に関してヤマト運輸の猫パンチが炸裂していますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

刃物男を逮捕

日テレニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

30日、東京・目黒区で男が包丁を振り回し、逮捕された。ツイッターには、身柄確保の瞬間が投稿されていた。

投稿された映像からは、男が棒のようなものを振り回し、駆け付けた警察官らに抵抗している様子が分かる。

警視庁によると、30日午前10時ごろ、目黒区中根で「男が包丁を振り回している」と110番通報があり、公務執行妨害の疑いで50代の男が現行犯逮捕された。

60代の女性が右腕を切られ、軽いケガをしたという。

女性は、男について「面識がない」と話しているということで、警視庁が詳しく調べている。

スポンサーリンク

出典:日テレニュース


スポンサーリンク

 

問題の動画とは?

こちらの現行犯逮捕の様子をTwitter上で投稿しているユーザーさんがおり、その動画が話題となっています。

こちらの動画では、ヤマト運輸の配送員の男性が、犯人の男に対して右拳で殴打している様子が映し出されており、これがきっかけとなって犯人を確保できたと言っても過言ではありません。

クロネコヤマトで有名なヤマト運輸の猫パンチは、まさにGJ(Good Job)だったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

犯行現場について

では、犯行現場は一体どこなのでしょうか?

Twitterなどの情報や報道機関の情報などによりますと、目黒区の都立大学駅付近ということで、グーグルマップで調べたところ以下のような場所であるそうです。

事件があった場所は、東京都目黒区中根2丁目12−5付近とのことです。

都立大学駅は、東京都目黒区中根一丁目にある、東京急行電鉄東横線の駅でありますが、「都立大学」という駅名であるにも関わらず、隣駅の「学芸大学駅」と同様に、同名の大学は最寄りには存在しない不思議な駅です。

この現場付近は都立大学駅前の商店街の先であり、買い物客や住民などで賑わっていることでも知られています。

 

スポンサーリンク

 

Twitter上の反応

この猫パンチ事件に関して、Twitter上では様々な意見ば飛び交っていますので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

都立大学駅刃物男(通り魔 犯人)の顔画像がこちら!現場判明で名前や犯行動機についても!ヤマト運輸が逮捕に貢献

 
error: You never click here!!