三反園訓(みたぞのさとし)知事が怒鳴った理由がヤバい!過去の愛人疑惑や不祥事についても

この記事は3分で読めます

出典:ホリエモンドットコム

スポンサーリンク

 

鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事ブラジルで開かれた県人会で、旅行会社の女性社員に対して名指しで叱責していたことが明らかとなりました。

三反園訓知事が女性を怒鳴る

西日本新聞が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事が今月、訪問先のブラジルで開かれた県人会の夕食懇談会場で、同県訪問団の世話役を務める旅行会社の女性社員を名指しして怒鳴りつけていたことが30日、西日本新聞の取材で分かった。県議らは「一般の人に対して公衆の面前であるまじき行為」と非難している。

知事はブラジル鹿児島県人会の記念式典出席などで20~23日、県議や商工、大学関係者ら十数人とサンパウロを訪問。女性は添乗員として同行していた。

複数の関係者によると、22日の県人会幹部主催の懇談会で、県議長が締めくくりのあいさつをしている最中、席を外していて戻った知事が突然、女性を呼び捨てにして「誰が会を閉じていいといった」などと大きな声で叱責(しっせき)。議長のあいさつが止まり、女性はうつむいていたという。出席者によると、知事は会場でワインなどを飲んでいた。

知事は翌日、議長に「お騒がせした」と頭を下げたが、女性への謝罪はないという。

県議の一人は「県政トップの言動とは思えない」と話した。西日本新聞は30日、この件で取材を求めたが知事は応じなかった。

出典:西日本新聞

スポンサーリンク

 

三反園訓知事について

こちらが、三反園訓知事のプロフィールです。「三反園訓」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:三反園訓(みたぞの さとし)

生年月日: 1958年2月13日

年齢:60歳(※2018年7月現在)

出身:鹿児島県指宿市

学歴:鹿児島県立指宿高等学校、早稲田大学教育学部卒業

職歴:テレビ朝日解説委員

所属政党:無所属

三反園訓知事は、現在の鹿児島県知事を務める人物であると共に、以前はテレビ朝日の解説委員なども務めていたことでも知られる人物です。

テレビ朝日時代には、政治部に配属され、日本社会党担当を皮切りに首相官邸や自由民主党を担当し、自民党担当時代は金丸信氏や安倍晋太郎氏の番記者を務めるなど、精力的に活動をしていました。

各省庁のキャップを歴任したのち、テレ朝のコメンテーター(解説員)としてもメディアに出演をしており、同局の報道番組「ニュースステーション」などでは政治担当のキャスターとしてリポートをしていました。

2016年2月26日、以前より出馬表明をしていた鹿児島県知事戦に対して、正式に記者会見を開いて鹿児島県知事選への立候補を発表し、川内原発の再稼働に関して反対していることが支持され、当選を果たしています。

 


スポンサーリンク

 

なぜ女性を怒鳴った?

では、なぜ女性を怒鳴ったのでしょうか?

西日本新聞は報じた様に、三反園訓知事はこの県人会の会場でワインなどを飲んでいたのだそうで、それが原因で気分が高揚し、女性を怒鳴ったのではないかと推測されています。

ワインなどのアルコールを飲むと利尿作用でトイレが近くなることがあるのですが、そうしたこともあって席を外していた際に閉会の挨拶(締めの挨拶)が行われていたことに腹を立てたのだと言いますが、酔っていなかった場合はそうしたことはなかったでしょう。

冷静に判断出来なかったことがアダとなってしまったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

過去の不祥事について

2016年12月9日、県議会の自身が提案した議案が審議中であるにも関わらずに公式Facebookにその様子を投稿し、県議会本会議で説明を求められると「他意はない」とのみ弁解し、議会側から「県議会軽視」との批判を浴びたことでも知られています。

2016年7月の選挙運動費用収支報告書において、単純な誤字脱字を除いて、少なくとも135カ所に上る事実と異なる記載があることが判明し、これに対して責任者は「選挙費用に計上すべきではない後援会の収支なども誤って記載してしまった。などと、悪質なことはしていないと弁論をしたのです。

 

スポンサーリンク

 

過去の愛人疑惑について

2015年の大晦日にデイリー新潮が報じた記事によれば、以下の様な愛人疑惑も発覚しているのだそうです。

「10年以上前、彼に関する怪文書がバラ撒かれました。経費を使い込みしているなんていう内容でしたが、社内に愛人がいるという噂も流され、一時、大変だったんですよ。政治部長候補との声もあったが、あの一件が影響して、部長になれなかったのかもしれない」

その後、指宿市長選、衆院選、県知事選など、選挙の度に彼の名前が取り沙汰されるようになったという。

当の三反園氏はこう語る。

「前々からいずれは故郷に戻り、尽くしたいと考えていました。西郷隆盛さんの教えの一つに『保身を排し、人生の全てをなげうって命懸けで世のため人のために尽くしなさい』というものがある。これが私の座右の銘ですし、周囲の方々に相談しながら決断します。仮に出ることになっても、特定の政党と組む気持ちはない。政策で勝負するつもりです。県民所得の向上、そして若者の雇用対策を訴えたい」

やる気満々。怪文書騒動については、

「全くの事実無根。当時の上司も『出る杭は打たれるものだから、気にするな』と言ってくれました。その後、干されたわけじゃないし、気にしてませんよ」

出典:デイリー新潮

“社内”という言葉はおそらくテレビ朝日時代の社内恋愛を意味しているのではないかと推測されますし、愛人という表現からも三反園訓知事は結婚をしているのではないかと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

怒鳴られた女性とは?

では、怒鳴られた女性社員というのは一体誰なのでしょうか?

旅行会社の女性社員ということで、鹿児島県訪問団の担当世話役であったということですが、会社名・氏名・顔画像などの詳細な情報は公開されておりません。

決してこの女性社員の方が悪いという訳ではないと思われますが、「知事が戻ってから会をお開きにしましょう」と的確な気の利かせ方をしていたのであれば、ことをあらだてることなく済んだのではないかと思われます。

いずれんしても泥水がきっかけであるとするのであれば、こうした人物に県政を任せられるとは県民は思わないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

前田敦子は妊娠がきっかけで電撃婚か?結婚式の日程や場所などの情報も!

 
error: You never click here!!