都立大学駅刃物男(通り魔 犯人)の顔画像がこちら!現場判明で名前や犯行動機についても!ヤマト運輸が逮捕に貢献

この記事は3分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

東京・目黒区の都立大学駅近くの路上で男が刃物を振り回して通り掛かった女性を切り付けるなどして、現行犯逮捕されました。

都立大学駅前で刃物と男を逮捕

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

30日午前9時55分ごろ、東京都目黒区中根2丁目で、男が刃物を振り回していると110番があった。駆け付けた警視庁碑文谷署員が、公務執行妨害の疑いで50代の男を現行犯逮捕した。近くにいた60代女性が右腕に軽傷を負っており、傷害容疑も視野に捜査している。

 碑文谷署は、男が不可解な言動をしていることから刑事責任能力の有無について調べる。現場は東急東横線の都立大学駅近くの商店や住宅の建ち並ぶ一角。

出典:毎日新聞

 

問題の動画とは?

こちらの現行犯逮捕の様子をTwitter上で投稿しているユーザーさんがおり、その動画が話題となっています。

こちらの動画では、ヤマト運輸の配送員の男性が、犯人の男に対して右拳で殴打している様子が映し出されており、これがきっかけとなって犯人を確保できたと言っても過言ではありません。

まさにGJ(Good Job)だったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

犯人ついて

では、犯人は一体どのような人物だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、犯人の男性は50代で、大声を出して叫びながら660代の女性の腕を切りつけて、けがをさせたということですが、名前などの情報は入ってきておりません。

こちらに関したては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

また、傷害容疑での逮捕も視野に捜査が進められるということで、この犯人の動機が気になるところではあります。

ちなみに、こちらが確保瞬間の犯人の顔画像です。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現在取り調べの最中ということもあって、男の犯行動機や認否などは明らかとなっておりません。

大声を出しながらの犯行であるということで、何らかのストレスが溜まっていたという可能性も否定出来ませんし、ただ単純に通り魔的な犯行である可能性も十分に考えられるでしょう。

犯行時刻は、午前9時55分頃の商店街ということで、人が多くいる時間帯ではないにしろ、東京都目黒区という比較的人口が多い地域でありますし、近くには住宅街や学校などもあり、非常に危険であることが伺えます。

 

犯行現場について

では、犯行現場は一体どこなのでしょうか?

Twitterなどの情報や報道機関の情報などによりますと、目黒区の都立大学駅付近ということで、グーグルマップで調べたところ以下のような場所であるそうです。

事件があった場所は、東京都目黒区中根2丁目12−5付近とのことです。

都立大学駅は、東京都目黒区中根一丁目にある、東京急行電鉄東横線の駅でありますが、「都立大学」という駅名であるにも関わらず、隣駅の「学芸大学駅」と同様に、同名の大学は最寄りには存在しない不思議な駅です。

この現場付近は都立大学駅前の商店街の先であり、買い物客や住民などで賑わっていることでも知られています。

いずれにしても、白昼堂々と発生した事件であるだけに、一層の波紋が広がることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

ヤマトの猫パンチ動画がこちら!都立大学駅前の刃物男(犯人)の名前や顔画像の情報も

 
error: You never click here!!