久慈暁子のパンケーキインスタグラム炎上画像がこちら!フォークの先を天井に向けるのはマナー違反?

この記事は3分で読めます

出典:Instagrammer News

スポンサーリンク

 

フジテレビの人気アナウンサーで久慈パンこと、久慈暁子アナウンサーが自身のインスタグラムに投稿した画像が炎上しているとして話題となっています。

久慈暁子が炎上?

アサジョ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 宮司愛海アナは約8万9千人、永島優美アナは約9万2千人、三田友梨佳アナは約10万人。これはインスタグラムのフォロワー数(7月26日現在)だが、いずれもフジテレビの“エース女子アナ”候補だけあり、人気女優やタレントにも引けをとらない。しかし、そのはるか上をいくのが入社2年目の久慈暁子アナの約34万4千人。彼女の突出した人気を物語る数字だが、閲覧者が多いぶん、当然チェックが入る可能性も高まる。ある女子アナウォッチャーもその1人だ。

「7月20日に投稿されたパンケーキを前にした久慈アナの画像です。久慈アナは左手にフォークを持ってとてもキュートに写っているのですが、その持ち方がいけません。フォークの先を天井に向けていて、これはマナー違反です。食べている最中ではなく、インスタ用の撮影だったという点は考慮しないといけないかもしれませんが、それでもテーブルマナーを知る人が見れば、不快に思う人がいても不思議ではありません」(女子アナウォッチャー)

ちょっと手厳しい指摘にも思えるが、実は久慈のマナー違反は食事のときだけではないという。

「6月5日発売の『フラッシュ』では“歩きスマホ”で路上を歩く久慈アナの姿がキャッチされています。“歩きスマホ”は電気通信事業者協会や全国の鉄道事業者が防止キャンペーンを張るほど危険な行為。ほかの歩行者に迷惑をかけるだけでなく、自身も転倒の恐れがあります。久慈アナは昨年の夏にも同誌によって、歩きスマホ姿がとらえられており、このときは音楽を聞いていたのかイヤホンもしていました。危険度はさらに高かったですね」(前出・女子アナウォッチャー)

学生時代から芸能活動を始め、雑誌「non-no」の専属モデルも務めた久慈アナ。鳴り物入りでフジテレビに入社し、常に注目される存在となっているだけに、気を付けてほしいところだ。

出典:アサジョ

 

久慈暁子アナウンサーについて

こちらが、炎上しているとされている久慈暁子アナウンサーのプロフィールです。

「久慈暁子」の画像検索結果

出典:Colorful Instagram

名前:久慈暁子(くじ あきこ)

生年月日: 1994年7月13日

年齢:24歳(※2018年7月現在)

職業:アナウンサー

出身:岩手県奥州市

学歴:岩手県立水沢高等学校、青山学院大学経済学部経済学科卒業

所属:フジテレビジョン

久慈暁子アナウンサーは、2013年春、地元の岩手から大学進学のため東京へ上京し、5月に渋谷でスカウトされて芸能界入りしたとされている人物で、アナウンサーというより元々はキャンギャルやモデルなどをこなしていた人物として知られています。

「第45回non-noモデルオーディション」に選ばれると、そこでは同誌の専属モデルに選出されるなど、幅広く活躍しているとしても知られています。

他局の同期でもある日本テレビの佐藤梨那アナウンサー、TBSの山本里菜アナウンサー、テレビ朝日の三谷紬アナウンサー、テレビ東京の角谷暁子アナウンサーとも親交がある他、同郷で同学年のMLBエンゼルスに所属している大谷翔平選手とは対談経験もあり、奥州市「広報おうしゅう 27年1月本号」で特集されるなど親交があるのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

問題の投稿とは?

では、問題の投稿は一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、その問題となったパンケーキのフォーク画像です。

やはり、可愛さに目がいってフォークの存在などどうでもいいと思う方もいらっしゃると思いますが、どうやらこれはマナー違反のようです。

そして、ながらスマホに関してはこちらの画像が見つかりました。

「久慈暁子 ながらスマホ」の画像検索結果

出典:FLASH

なんとこの写真週刊誌FLASHにスクープされた際の格好は、100均のビーチサンダルであったそうで、それが出勤姿であるそうです。

地元ではおなじみだったかもしれませんが、一大手メディアの人気アナウンサーがビーチサンダル出勤は社内規則的にどうなのかと言われても仕方ないでしょう。

それはさておき、問題なのがイヤホンをしているにも関わらずながらスマホをしていることです。

やはり、事故に繋がることもありますし、他人の迷惑にもなりますから危険行為であるながらスマホは止めるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

フォークを上に向けるのはマナー違反?

ナイフとフォークを合わせてフランス料理などではカトラリーと呼ぶのですが、このカトラリーの使い方は、基本的に箸を日常から使っている日本人に取っては非常に使いにくく、慣れないものです。

「食べ終えたら両はしに揃えておく」や、「フォークの背のぶぶに料理を乗せない」などの基本的な作法はわきまえているとは思いますが、本格的なフランス料理の場ではカトラリーの使い方は厳密に決められており(正確にはマナーで客の常識や良識に委ねられている)、これが出来ていないと作法がなっていないとして恥をかきます。

もちろん、今回はパンケーキでありますし、厳格なフランス料理ではありませんのでそこまでカトラリーに気を使うことはないのですが、”インスタ映え”のために、誰もが承知している「カトラリーの刃物を天井や人に向けてはだめ」というルールを逸脱していいことにはなりません。

食事をしながら楽しい会話が盛り上がって来た場合に、ついついカトラリーの刃物を人に向けてしまうこともあるかもしれませんが、そうなる前にカトラリーを使わないときは一旦、ナイフレストに置くように心がけた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像あり】テレビ東京の角谷暁子アナウンサーの彼氏が判明!写真週刊誌FLASH(フラッシュ)が、テレ東アナの熱愛をスクープ!

 
error: You never click here!!