宇都宮タツ子(宮本茶屋店主)の顔画像を特定か?脱税の理由や店の場所などについても

この記事は2分で読めます

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

 

大阪城公園でたこ焼きなどを販売する売店の宇都宮タツ子店主が、約1億3000万円を脱税したとして、大阪国税局から告発されました。

大阪たこ焼き店で脱税

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪城公園(大阪市中央区)で営むたこ焼きなどを売る店で得た所得を申告せず、約1億3千万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反の疑いで、軽食販売業、宇都宮タツ子氏(72)=同市西成区=を大阪地検に告発したことが24日、分かった。客の多くはインバウンド(訪日外国人客)という。

大阪城天守閣によると、インバウンド増加を追い風に天守閣の入館者は平成29年度に約275万人を記録し、3年連続で過去最高となった。

関係者によると、26年1月~28年12月の所得約3億3千万円を申告せず、所得税を免れた疑いが持たれている。既に期限後申告し、所得税などを納付した。

この店は公園内でも観光客が多い好立地にある。7月下旬の平日、外国人の団体がたこ焼きやソフトクリームを並んで購入していた。約30席はほぼ満席。店の関係者によると、数十年前に営業を始め、ここ3、4年で外国人が急増した。立って食べられるメニューを増やしたり、外国人向けの派手な色のかき氷を用意したりしてきたという。

この関係者は「国税局の指導を受け猛省した。万博が大阪に誘致されたら、もっとお客さんが増える。今後はきっちり納税していく」と話した。

出典:産経WEST

 

宇都宮タツ子店主について

名前:宇都宮タツ子

年齢:72歳

職業:軽食販売業

在住:大阪市西成区

宇都宮タツ子店主は、2014年1月~16年12月の所得約3億3千万円を申告せず、所得税を免れた疑いで告発されており、すでに期限後申告し、所得税などを納付したということです。

追徴税額は約1億5898万円になる見通しで、大半は納付済み出るのだそうで、よほど貯蓄額があるのではないかと思われます。

宇都宮タツ子店主は「宮本茶屋」を経営していたということで、このお店は数十年前から大阪城天守閣の近くで営業しており、たこ焼きやお好み焼き、おでん、ソフトクリームなど多彩なメニューを提供していたことでも知られています。

ちなみに、宇都宮タツ子店主の顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

宮本茶屋の場所は?

では、宮本茶屋の場所は一体どこなのでしょうか?

グーグルマップによれば「宮本茶屋」は大阪府大阪市中央区大阪城2にある場所であるとのことで、こちらがそのマップとなります。

宮本茶屋は、大阪城の桜門前にあるお店であり、レトロな雰囲気を楽しめるお店であるということです。

中でも大阪名物のたこ焼きは外はカリカリで中はトロッとした最高の一品であり、ふわふわの食感なども楽しむことが出来るのだそうです。

たこ焼き以外にも、回転焼き・お好み焼き・焼きそば・ラーメン・唐揚げなどメニューは豊富で、大阪城に観光しにくるお客さんの胃袋を満たしていることでも知られています。

こういったお店がすごく経営が順調で、稼いでいるとなれば夢が広がるのではないでしょうか?

 

脱税はよくない

やはり、確定申告をしないのは、税収入を基盤としていう市政や行政などにとっては深刻な問題です。

店の売り上げで得た所得は、およそ3億3055万円であったそうですから、相当稼いでおり、こうしたところから税金を徴収しなければ、格差というのは広がるばかりでしょう。

脱税する気があったのか、ただ単に年末が忙しくて確定申告をし忘れたのかわかりませが、しっかりと申告をしていくことが重要であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

浜西修治(はまにししゅうじ/なまこ捕り名人)の顔画像は?過去の逮捕歴や脱税の疑惑についても!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!