宮崎台駅の人身事故は〇〇が原因だった!現場の画像が戦慄すぎると話題に

この記事は2分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

25日午後1時45分頃、東急田園都市線の宮崎台駅(川崎市宮前区宮崎)で人身事故が発生しました。

東急田園都市線、人身事故で一時運転見合わせ

他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

25日午後1時45分頃、東急田園都市線の宮崎台駅(川崎市宮前区宮崎)で人身事故が発生した。

この影響で、同線は溝の口―鷺沼駅間の上下線で運転を見合わせ、折り返し運転を実施していたが、午後3時25分頃に全線で運転を再開した。

出典:読売新聞

 

宮崎台駅で人身事故!?

日頃電車を乗る為、駅でよく見る電光掲示板に本日も「人身事故による遅延」という文字が映し出されていました。

報道によると東急田園都市線の「宮崎台駅」にで人身事故が発生したようで、大幅な遅延によりSNSなどで迷惑を訴える人が大勢いました。

そのSNSでの投稿で人身事故で亡くなった方の状況が判明したようです。

 

スポンサーリンク

 

線路に飛び込み!?

では、いったいどのような状況だったのでしょうか?

まずはこちらの写真が多数投稿されていて、恐ろしく思いました。

出典:Twitter

投稿の内容としてはこのような物が多くありました。

出典:Twitter

なんと人身事故は線路に飛び降りた女性が起こしたようで、すでに亡くなっているようです。

SNSでは、自分で飛び降りたのでしょうか?

 

人身事故の張本人について

では、いったい世間に大迷惑をかけて自ら命を絶った人物は誰だったのでしょうか?

現在のところ亡くなった女性についての情報などはSNSなどにも投稿されてないようです。

おそらく現時点でホームに落ちていたバッグの中身から本人が特定できる何かが入っていて警察では、すでに把握している可能性がありますが、公表はされていないようです。

 

無くならない人身事故

自ら線路に飛び降りて、命が終わるということは考えただけでも恐ろしいことですが、いったいなぜ電車の人身事故は無くならないのでしょうか?

昨今日本では、自ら命を絶つ人による人身事故が社会問題になっていますが、海外では全く考えられないという声が多く聞こえます。

海外では、道路を車と一緒に走る電車であったり、広野の柵のない線路を走っている列車などが存在しますが、動物との接触などはある物の人間との接触はごく稀のようです。

日本では、山手線の一部駅などでよく見かける「ホームドア」が普及してきていることによる人身事故削減などに力を入れていることは目に見て分かりますが、自らそのような行為をする人を止める手立てはないのでしょうか?

一部地下鉄などでは、胸の高さまでのホームドアと違い、完全にホームごと覆っていて、ホームが1つの箱のようになっている駅も存在しています。

そのような物を日本全国の駅で設置する事ができれば人身事故も減ってくるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

人身事故ってなんで時間かかるの?発生から運転再開までの一部始終!

 
error: You never click here!!