デスバレー(死の谷)で50℃超えも、日本の夏の方が不快!名前の由来や北半球での異常気象についても

この記事は3分で読めます

出典:トリップアドバイザー

スポンサーリンク

 

アメリカカリフォルニアにある、デスバレーと呼ばれる地域で、気温が52度℃を観測したことが明らかとなりました。

アメリカデズバレーで52℃

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

【パリ時事】国連の世界気象機関(WMO)によると、今年6~7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われている。カナダで熱波の影響で多数の死者が出るなど、日本と同様、世界各地で被害が相次いでいる。

欧州北部では高気圧の停滞のため、平年より3~6度高い気温が続く。雨が降らず水不足も深刻で、農作物への影響が懸念されている。
ノルウェーとフィンランドの北極圏で7月、気温が33度に達した。スウェーデンでは約50件の森林火災が発生した。
1913年7月に56.7度の世界最高気温を記録した米カリフォルニア州デスバレーでは7月、52.0度を観測。このほか同州ロサンゼルス近郊チノで48.9度、アルジェリアのサハラ砂漠で51.3度に達するなど、世界各地で異常な高気温となった。
カナダでは東部のケベック州で熱波に加え湿度も上昇し、高齢者ら数十人が死亡した。一方で東部のニューファンドランド島では6月26日に雪が降り、地元メディアによれば約2センチ積雪した。
WMOは異常気象について「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。

出典:時事通信社

 

デスバレーとは

では、デスバレーとは一体どのような場所なのでしょうか?

デスバレーとは、読んで字のごとく死の谷という意味の場所で、アメリカのカリフォルニア州中部、モハーヴェ砂漠の北に位置する深く乾燥した盆地であり、世界最高の気温56.7°Cを記録したことでも知られています。

砂漠が多く、さらに年間の降水量が少ないことから、非常に乾燥しており湿度は10%前後であるということです。

強烈な日照時間と、水分の少なさや気温の高さなどが影響して、草木はほとんど生えておらず、乾燥に強い針葉樹林が少し生息している程度で、全く雨の降らない年もあるのだとか。

北米​で​最も​乾燥​し,最も​海抜​が​低く,最も​気温​の​高い​場所​でありますので、生物が生息するにはあまりにも厳しい環境でありますが、数百種類もの哺乳類が生息しているのだそうで、その​多く​は​暑さ​を​避ける​ため​に​夜間​に​活動​し​ています。

デスバレーには唯一、ファニース・クリークと呼ばれるオアシスが存在しており、ここにはホテルやグローサリーストアなどがあるのですが、それ以外ではただただ広大な土地が広がっていおり、夏場は灼熱の地獄であるために、アスファルトも鉄板のように熱く、車のタイヤが溶けてしまったり、オーバーヒートを起こすこともあるのだそうです。

ちなみに、デスヴァレーと呼ばれるようになったきっかけは、かつてデスバレーに迷い込んだ金鉱採掘団が何日か後にようやく脱出に成功したそうなのですが、その際にその中の1人が「さらば、死の谷よ!」と叫んだことから「デスバレー」と名付けられたのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

日本の夏の方が不快?

細田守監督の作品、サマーウォーズにてアメリカ帰りのキャラクターである陣内侘助さんが以下のようなセリフを発しています。

「ったくろくでもねえよ日本は。とにかく蒸し暑いし、相変わらず道路はせめえし、ゴミみたいに人は多いしさ。あ〜、ビールだけはうめえよ。」

日本の夏というのは、非常に不快に感じる方も多いのではないでしょうか?

都心部ではアスファルトの蓄積熱や反射熱、そしてビルの間などにこもった熱のせいで涼しさを求めることが出来ないにも関わらず、さらに人が密集していて多くとても不快な暑さです。

さらにこれに拍車をかけるのが湿度です。

日本のなつはカラッとした気温や湿度ではなく、ジメジメとしてまとわりつくような暑さが特徴で、基本的に50%前後を保っています。

湿度が多いと、菌類が繁殖しやすい条件下に晒されるだけでなく、蚊などの媒介昆虫が増殖したり、汗が止まらなかったりととにかく人間にとってマイナスになることしか起きません。

日陰にいれば涼しい風が吹いてくれるというのは、湿度がなくカラッとした地域(地中海性気候などの土地)であるため、日本では常に肌に絡むぬるい風とともに生活しなければなりません。

そのため、デスバレーのような温度は高くても乾燥した地域に比べれば、日本は非常に過ごしにくいのではないかと思われます。

 

Twitter上の反応

この気温に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

愛知・豊田市梅坪小学校 熱中症児童の事故は、学校側と教師に過失があった?対策が不十分であった可能性も

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!