ニノ(二宮和也 )の岡田小学校での訪問と現地の様子がこちら!岡山県倉敷市真備町の被災地へ激励

この記事は3分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

人気グループ「嵐」のメンバー二宮和也が23日、岡山県庁を訪れ、西日本豪雨の復興支援のため、義援金5000万円の目録を伊原木隆太知事に手渡し、話題となっている件で、岡田小学校に訪問していることが明らかとなりました。

二宮和也が被災地を訪問

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也さんが23日、岡山県庁を訪れ、西日本豪雨の被災地への支援として、義援金5000万円の目録を伊原木隆太知事に手渡した。

義援金は、東日本大震災をきっかけに始めたチャリティーイベントの収益の一部が充てられた。タオルやTシャツなどの支援物資も贈った。
二宮さんは「まず一歩を僕らが踏み出さないと駄目なのではないかということで来た。元気を与えたり笑顔になっていただいたり、できることがあればサポートしたい」と語った。
伊原木知事は「活躍をされている方が、直接元気づけてくださる。本当にありがたい」と話した。

出典:時事通信社

 

報道機関でも報道

この電撃訪問を受け、夕方のニュースなどでは多くの報道がされています。

 

スポンサーリンク

 

激励の言葉が素晴らしい

そんな、二宮和也さんですが、被災地での激励の言葉が素晴らしいとして話題となっています。

短期ではなく、長期での支援をしていくという事で、国民的なアイドルグループとして多忙な毎日を送っているにも関わらず、同じ国民のために何かできる事はないかと考えた結果の行動であるだけに、素晴らしいとの声が続出しているのです。

 

どこの小学校?

では、二宮和也さんはどこの小学校を訪問したのでしょうか?

報道機関の発表によれば、岡山県倉敷市真備町の避難所であるという事ですし、Twitter上の情報によれば岡田小学校に訪問されたというのです。

倉敷市立岡田小学校は、 岡山県倉敷市真備町岡田619にある市立の小学校で、大きな大きなクスノキをシンボルにしている学校でもあります。

「進んで学び考える子」「思いやりのある子」「あいさつする子」を目指す児童像に掲げており、以下のようなことを指導の目標として掲示しているのだそうです。

★学力の向上をはかり、教師の指導力を高める。

★思いやりのある人間関係づくりと人権教育の充実につとめる。

★基本的生活習慣の定着をはかる。

★積極的な生徒指導と特別支援教育を推進する。

岡田小学校には、段ボール製の簡易ベッドがおよそ200台設置されているのだそうで、災害時は不明者の救出・捜索が優先といわれていますが、避難所の環境整備にも同時並行で取り組むべきであるとして、早くから環境整備が行われていたことでも知られています。

いずれにしても、なかなか出来ることではない芸当であるだけに、これからも嵐の活動に注目が集まることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

ニノの岡山被災地訪問で、二宮和也の後ろで自撮りの女性は誰?サインをするなど神対応も!

 
error: You never click here!!