氏家美穂容疑者の顔画像と自宅アパートがこちら!コンクリ詰めの犯行動機がヤバすぎる!

この記事は3分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

 

驚きのニュースが入ってきました。茨城県かすみがうら市で氏家美穂(うじいえ みほ)容疑者が、コンクリートに夫を詰めたという疑いがかかっているのです。

今回は、この事件について迫ってみたいと思います。

コンクリートに詰める

朝日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

出典:朝日新聞デジタル

 

氏家美穂容疑者について

こちらが、逮捕された氏家美穂容疑者のプロフィールです。

名前:氏家美穂(うじいえ みほ)

年齢:44歳

職業:派遣社員

在住:茨城県かすみがうら市市稲吉東6丁目

氏家容疑者は、虚偽の離婚届を同市役所に提出したとして、有印私文書偽造・同行使の容疑で家宅捜索をされていた際に、自宅から夫が亡くなった状態で見つかり、その容疑でも逮捕されるであろう人物です。

逮捕容疑自体は、有印私文書偽造・同行使なのですが、こうしたあまりにも卑劣な犯行であるだけに、別件でも逮捕されることは間違いありません。

ちなみに、こちらが氏家容疑者の顔画像です。

出典:NNN

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、未だ有印私文書偽造・同行使の容疑でしか逮捕されていないために、別件の認否については明らかとなっておりませんが、何らかの事情を知っているとみてまず間違いないでしょう。

氏家容疑者は同居しており、亡くなったとされている夫の行方不明届を2018年3月9日に警察に提出しており、2018年3月28日には離婚届を市役所に提出していたのだそうで、部屋には長女と双子の子供一緒に住んでいたのだと言います。

子育てに疲れていた可能性や、ノイローゼなどの情報も考えられますが、どうやら事件に関係していると供述を初めているらしく、ほのめかしているそうなので、まず間違いなく犯行は氏家容疑者のものでしょう。

何らかのトラブルがあった可能性もありますし、夫婦間で揉め事があり、それが原因で事件に発展したものとみていいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

犯行現場は?

では、一体犯行現場はどこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所が現場となったアパートだということで、かすみがうら市稲吉東6丁目にある大東建託のアパートであるということです。

出典:NNN

そして、こちらをグーグルストリートビューで検索をした結果、以下のような場所がヒットしました。

こちらは、茨城県かすみがうら市稲吉東6丁目1−19にある、「アンジュソレイユ」というアパートであり、2010年10月に施工され、木造二階建てでA棟からC棟まで存在しています。

この地区は、周りにかすみがうら市立下稲吉東小学校や、かすみがうら市立下稲吉中学校、など児童や生徒も多くいる地区で、周りは閑静な住宅街が多く立ち並んでいます。

そうした中で発生した事件であるだけに、近隣住民の方々は非常に驚いていることでしょう。

 

残された家族はどうなるのか?

こうした事件を耳にした時に、真っ先に考えてしまうのが残された家族や子供のことです。

もちろん、被害に遭われた方に対して哀悼の意やご冥福をお祈りすることはもちろんなのですが、それよりも非常に若くして両親がこのような事件を引き起こしその加害者・被害者になっているという自体そのものが気の毒で仕方ありません。

長女は12歳ということで、物心ついている年齢であると思われますし、4歳の長男・次男もいずれこの事件を知る時が来るでしょう。

そうなった場合、どのように感じてしまうのでしょうか?

自分の父親が被害にあっているわけですから、悲しい、悔しい、やりきれないといった感情を持つかもしれませんし、日頃から制裁を加えられていたとするのであれば、清々しているということもあるのかもしれません。

ですが、胸をはって堂々と自分の両親のことを今後の人生で語れなくなるというのは、心に深い闇を抱えることとなりますので、家族がいるいないに関わらず、絶対に犯行をする前に思いとどまらなければなりません。

残された家族。

これが1番の被害者になってしまう可能性があるからです。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

弥谷麻衣子(やたにまいこ)さんの Facebookの投稿が切ない!鷹仁容疑者の犯行動機も判明

 
error: You never click here!!