ヌラリ・キヤソフ(デニス・テンの犯人)の顔画像がこちら!動機やもう1人の逃走者の情報も

この記事は3分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

フィギュアスケートのデニス・テンさんが亡くなったという事件で、犯人のヌラリ・キヤソフ容疑者が逮捕されましたので、ここでご紹介します。

ヌラリ・キヤソフ容疑者を逮捕

AFPBB News他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

出典:AFPBB News

 

ヌラリ・キヤソフ容疑者について

こちらが、逮捕されたヌラリ・キヤソフ容疑者のプロフィールです。

名前:Nurali Kiyasov(ヌラリ・キヤソフ)

年齢:24〜25歳

職業:暴漢

在住:カザフスタン

ヌラリ容疑者は、デニステンさんが襲われ亡くなったという事件において、容疑者として拘束された人物です。

被害遭われたデニス・テンさんは19日午後3時(日本時間同6時)ごろ、自分の車からミラーを盗もうとしていた2人組の暴漢に襲われてい還らぬ人となったわけですが、ヌラリ容疑者がいわゆる暴漢のうちの1人であるということで、もう1人に関しては現在行方を追っているということです。

ちなみに、こちらがヌラリ容疑者の顔画像です。

出典:Twitter

もう1人の逃走者について

もう1人逃走中の犯人がいると前述しましたが、現在わかっている情報などをまとめてみたいと思います。

名前:不明

年齢:24歳

職業:暴漢

出身:クズロルタ地方

身長:165cm〜170cm

服装:黒のTシャツにグレーのジーンズ、黒色の靴にサングラスを着用していた

こちらも、24歳ということでおそら1994年生まれでヌラリ容疑者のと同い年なのではないかと推測されますし、ヌラリ容疑者はカザフスタンの最大都市アルマトイで拘束されていますので、ここ周辺にいるのではないかと思われます。

こちらも拘束されたり逮捕されましたら、追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

まず、日本国内の事件ではありませんので、日本の常識や文化が通用しないことは大前提ですが、デニスさんの車のミラーを盗もうとしていたところをバレたために、犯行に及んでいるのです。

自分の犯行の保身のために襲うというのは、なかなかできる事ではないのですが、海外では普通なのかもしれません。

高級車のミラーやシート、ワイパー、タイヤなどといった部品やパーツのみを盗み出し、それらを売ってお金にして生活をしているという人も多くいるようですし、海外では当たり前の地区もあるのだと言います。

それゆえに、こうした事件は頻繁ではありませんが、十分に起こりうるとして危険な認識をもつ人も少なくないのだとか。

もしも、自分の犯行がバレたくない一心でこのような行為を行ったのであれば、非常に残念な結果となってしまったことは明白です。

 

スポンサーリンク

 

デニス・テンについて

こちらが、亡くなったデニステンさんのプロフィールです。

出典:芸スポ魂

名前:デニス・テン

生年月日: 1993年6月13日

年齢:25歳(※享年)

出生地:アルマトイ(カザフスタン)

身長:168 cm

体重:60 kg

コーチ:フランク・キャロル、ニコライ・モロゾフ

代表国:カザフスタン

デニステンさんは、5歳の時、母親の希望によりスケートを始め、9歳の時にはロシアのオムスクで行われた試合に優勝した際に、ジャッジの一人から旧ソ連地域内低年齢クラスの大きな競技会である「クリスタルスケート」に招待されるなど、華々しい成績を収めていたことでも有名です。

2004年から母親と共にロシアに移住しており、10歳の時からモスクワにて本格的な指導を受けることなったのですが、そこからメキメキと実力をつけ、2014年に行われたソチオリンピックでは見事、銅メダルに輝くなど、素晴らしい活躍をみせていました。

四大陸選手権や、世界選手権などで素晴らしい成績を納めるなど、フィギュアスケート界において素晴らしい活躍をしていた選手としても知られています。

 

カザフスタンとは

カザフスタンとは、前述した通りに中央アジアに位置している国なのですが、旧ソ連による統治が長く続いており、現地語のカザフ語よりロシア語が多く話されるなど、ロシアの文化を色濃く反映している国であるとされています。

国民の7割以上がイスラム教徒であるそうですが、厳格な信者は少ないのだそうで、スポーツも盛んであります。

中でもサッカーでは日本を始めワールドカップ常連国と対戦する機会も非常に多く、ラグビー女子ではワールドカップの常連国となるなど、スポーツ界であります。

ソ連からロシアの影響を受けていると言うこともあって、フィギュアスケートも盛んであり、デニステンさんのような有望な若手スケーターも数多く排出していることでも知られています。

カザフスタンでは人々が遊牧民といて生活を送っていた歴史から馬肉や羊肉が一般的に食されている他、日本からもその綺麗な観光スポットを求めて観光客が多く出向いていることでも有名です。

何れにしても亡くなったデニステンさんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

デニス・テンが死去した死因がヤバい!襲撃した暴漢の情報や理由・動機などについても!

 
error: You never click here!!