梅坪小学校熱中症の事故の熱射病とは?学校側は高温注意報を無視した?愛知県豊田市

この記事は4分で読めます

出典:CBC

スポンサーリンク

 

17日午前、愛知県豊田市で小学校の校外学習に参加した1年生の男子児童が学校に戻ったあと意識を失い、熱中症で亡くなるという悲惨な事故が発生しました。

今回は、この事故において熱中症の原因や学校側の対応などについて迫ってみたいと思います。

熱中症事故で、再発防止策

CBCテレビ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

17日、愛知県豊田市の小学校で、1年生の男子児童が、重度の熱中症である「熱射病」で死亡したことを受け、18日朝、小学校では、臨時の全校集会が開かれました。

17日、豊田市の梅坪小学校で、1年生の男子児童が、校外学習のため近くの公園に行った後、教室で意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。

児童は、重度の熱中症である熱射病と診断されました。

これを受け、小学校では、18日朝、臨時の全校集会が開かれました。

集会では、冒頭1分間、死亡した男子児童に黙とうが捧げられ、経緯が説明された後、校長が、子ども達に対し、水分補給を十分にするなど熱中症対策を呼びかけました。

「日陰が少ないので、常設の簡易テントで日陰を作り、休憩できるようにするとか、職員の知恵も借りながら決めていきたい」(梅坪小学校 藪下隆校長)

また、豊田市の太田稔彦市長は、会見を開き、男子児童が死亡したことについて謝罪した上で、次のように話しました。

「安全安心であるべき学校教育の現場で、こうした事故が発生したことについて、市民の皆様にも大変ご心配をおかけしたことを、心からお詫び申し上げます。昨今の異常気象を踏まえての熱中症対策という意味では、不十分だった」(豊田市 太田稔彦市長)

出典:CBCテレビ

 

現場は?

では、事故があった現場は一体どこなのでしょうか?

現場は、愛知県豊田市梅坪町1−5−1にある、梅坪小学校であるとのことで、こちらがその地図とストリートビューです。

学校側の発表によれば、近くの公園での校外学習から戻った1年生男子児童が意識不明となったとのことですが、報道機関の発表によれば、以下のような場所であるとのことです。

出典:CBC

この公園のストリートビューがこちらです。

このルートを見てお分かりの通り、梅坪小学校から和合公園までは15〜16分ほどの時間を要しますが、小学生の児童ではこれの1.5倍から2倍ほどの時間を要するのではないかと推測されますし、小学生は身長が低いために、アスファルトの熱の照り返しの影響を受けやすく、大人が感じていな量の熱を感じるのだそうです。

 

熱中症とは?

そもそも、熱中症とは一体どのような症状なのでしょうか?

熱中症とは、高温の中で仕事や運動をしたために起こる身体の異常の総称のことで、それそのものが病名であるわけではりません。

熱中症には、皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより生じる熱失神や、大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こる熱失神、大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状が見られる熱疲労、体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態の熱射病(日射病)などが存在しています。

これら全ての症状を総じて熱中症と呼ばれるのですが、亡くなった児童は日射病であるとのことです。

日射病は、直射日光を浴び続けたり高温下に晒され続けると発症するもので、意識障害などを引き起こす危険性があり、下手をすれば命の危険もある大変危ない病気です。

スポンサーリンク

 

熱中症の対策は?

そんな熱中症ですが、対策はどのようにすれば良いのでしょうか?

めまいがしたり、吐き気などの症状が出てきた場合には、速やかに風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などの涼しい場所へ移動し、体の熱を取ってあげることが重要です。

大きな脈(脇の下や、太ももの付け根部分)などをこおりや水などで冷やすことが大事で、日光によって温まった体を冷たい血液を送ることで冷やすのが先決です。

また、衣服を脱がせたり、きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて身体から熱を放散させなければならず、それが終わったのちに水分を補給させることが重要です。

水分補給には、汗で失われた電解質も適切に補えるスポーツドリンクなどが適切であるとされており、経口補水液なども最適です。

お茶や水などでは汗によって失われた電解質を補うことが出来ないほか、お茶にはカフェインが含まれていますので、利尿作用によってさらに水分を体外に放出してしまう恐れもあるのです。

電解質とは、イオンのことであり、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロールなどのイオンが代表的で、主に神経の伝達、筋肉の収縮や身体の水分量および浸透圧の調節、酵素の活性化などに用いられている重要な働きをしている物質です。

この電解質がないと、水分をとってもうまく吸収できないほか、カラダから水分が失われると、それだけ血液(血漿)の量が減り、血圧が下がりますので、命の危険にも晒されます。

これを浸透圧と言うのですが、電解質が失われると、体液が濃い部分を薄め、薄い部分を濃くしようとする浸透圧が維持できなくなる為、電解質を補充することが不可欠なのです。

 


スポンサーリンク

 

教室には冷房もない

男児は公園に向かう途中に同級生から遅れ、担任の女性教師に手をつながれ、行きと帰りに「少し疲れた」と教師に話していたのだそうですが、十分な水分補給がされていなかったのでしょう。

そのため、冷房もない教室に帰ってきた際に男児は唇が紫色となって、救急搬送された亡くなられたということです。

唇が紫色の状態というのは、酸素が行き渡っておらず、ヘモグロビンがない状態であるために、酸欠状態を意味しています。

紫色になることを、チアノーゼと呼ぶのですが、皮膚や粘膜が青紫色になった状態で、血液中の酸素の減少によるもので、呼吸困難や血行障害によって起こるとされています。

冷房を設置していない公立の小学校というのは、全国におよそ半数近くあるのですが、室内でも熱中症が心配される中で課外に出て行くのは非常に危険であるとされています。

 

学校側の過失か?

事故のあった梅坪小学校の薮下隆校長は、この事故を受けて「このような天気で、行事を中止すべきだったのに、なぜその判断ができなかったのか、悔やんでも悔やみきれない。夏休みを控え、今週金曜日で授業は終わるので、大きな学校行事はないが熱中症に配慮していきたい」と学校側の過失を認めるような発言すらもしています。

さらに、この日愛知県豊田市には高温注意報と呼ばれる注意報が気象庁より出されていたために、それに配慮して行動する必要があったのではないかと思われます。

高温注意報とは、、気象庁が夏季の高温による熱中症の予防の観点から、2011年より導入した日本の気象の「注意情報」のことで、気温が35℃以上になる地点には、この注意報が出されているのです。

それにも関わらず、学校からおよそ1.2kmも離れた和合公園に赴くというのは、たとえどんなに熱中症対策をしていたとしても、中止にするべき案件ですし、学校側の最大の過失なのではないかと推測されます。

いずれにしても、1人の尊い命が失われてしまったこの事件でありますので、一層のは波紋が広がることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

愛知・豊田市梅坪小学校 熱中症児童の事故は、学校側と教師に過失があった?対策が不十分であった可能性も

 
error: You never click here!!