森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

この記事は4分で読めます

出典:Twitter


スポンサーリンク

 

スマートフォンを操作しながら、電動自転車に乗り、衝突した女性を死亡させた罪に問われている元女子大生の森野実空(もりの みく)被告の裁判が行われました。

元女子大生に禁錮2年求刑

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スマートフォンと飲み物を持ちながら電動アシスト自転車に乗り、歩行者にぶつかって死亡させたとして、重過失致死罪で在宅起訴された元大学生森野実空被告(20)の初公判が12日、横浜地裁川崎支部(江見健一裁判長)で開かれ、被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は禁錮2年を求刑し、即日結審した。

論告で検察側は「少なくとも5~6秒間はスマホを見て完全に脇見運転しており、安全運転の意識が欠如している」と指摘。弁護側は「大学を退学するなど制裁を受けている」として執行猶予付きの判決を求めた。被告は「同じ過ちはしません」と謝罪した。

出典:産経ニュース

 

森野実空被告について

こちらが、裁判で禁錮2年を求刑された森野実空被告のプロフィールです。

名前:森野実空(もりの みく)

年齢:20歳

職業:元女子大生

在住:神奈川県川崎市麻生区

森野実空被告は、2017年12月、神奈川・川崎市麻生区で、両手をハンドルに添えた状態で右手に飲み物、左手でスマホを持ち、耳にイヤホンをしながら電動自転車に乗り、前を歩いていた米沢晶子さん(当時77)に衝突して亡くならせたとして逮捕・起訴された人物です。

安全運転に対する意識が欠如していると言う理由で、検察側は禁錮2年を求刑しておりましたが、弁護側は大学を退学するなどの社会的制裁を受けているとして、執行猶予付きの判決を求めていました。

しかしながら、裁判では起訴内容を全面的に認めているために、即日で結審されていました。

ちなみに、結審とは審理が終わることや訴訟の取調べが終わることを意味しております。

 

顔画像やSNSは?

では、そんな森野実空被告ですが、顔画像などはあるのでしょうか?

こちらが、その顔画像であるそうです。

こちらの画像は、ブレイクダンスの一つの技であり、「チェアー」と呼ばれる技であります。

ブレイクダンスをする際には、基本となる技でありながら、色々な形や派生があるなど奥深いスキルであるとされており、倒れた椅子(チェアー)にその姿が似ていることから、その名が付けられています。

チェアーは男性でなくても、女性でも簡単に出来る技であり、素人の方でも30分も練習すれば簡単に出来る技であるとされています。

このチェアーをしているということは、森野被告はブレイクダンスの経験者なのではないかと推測されます。

 

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらがその場所であるとのことです。

関連画像

出典:NNN

そして、この場所であるとされているのが、こちらです。

 


スポンサーリンク

 

禁錮2年は軽すぎるのか?

そもそも禁錮刑とは、人の身体の自由を剥奪する刑のことをいい、自由を剥奪する刑であることから自由刑と呼ばれているものですが、刑法においては拘留<禁錮<懲役の順で刑が重くなっています。

「禁錮」と「懲役」の違いは、労働義務があるかないかという差になってきます。

つまり、刑務所に入ることは入るのですが、懲役刑のように労働義務がありませんので、ずっと牢屋の中で過ごすことになるのです。

禁錮刑のように、何もすることなく刑期の満了を待つというのは、労働に従事できる懲役刑より精神的苦痛が大きくなるために、禁錮刑が言い渡された受刑者であっても、本人の希望により、労働に従事することは少なくないと言われているのです。

懲役刑というのは、労働をすることによって罪を償うという意味であり、その年数が罪の重さによって変わってきますが禁錮刑というのは、刑務所に入り自由を奪われることによってその罪を償うということですので、労働はしなくていいことになります。

しかしながら、1人の尊い命が失われている事件であり、さらに言えば完全なる森野被告の不注意と過失であるために、禁錮2年という求刑は軽すぎるのではないかと言われています。

基本的に1人の命を奪う行為に対しては、懲役刑が妥当であり、その年数も10〜20年であるとされていますので、禁錮2年というのは非常に軽いものであると思われます。

ですが、社会的制裁を受けていると弁護側も反論した通りに、大学を退学せざるを得なくなったほか、名前などの本人の情報が公開されており、20歳という若さで2年間社会と遮断された生活を送るのはしんどいことでしょう。

さらにこれだけ世間を賑わせた事件でありますし、再犯の恐れもないことから、こうした刑が求刑されたのではないかと推測されます。

 

ながらスマホを根絶させるために

亡くなった米沢晶子さんの遺族は「ながらスマホ」の危険性をあらためて訴えています。

米沢晶子さんの夫はNNNの取材に対して「一瞬もスマホから手を離せない今の社会状況。“ながらスマホ”をやめさせるためにも、加害者が重い責任を科せられるのは、やむを得ないかと思う」とコメント残しています。

この女子学生に対して、民事ではなく刑事罰として非常に重たい判決が下れば、ながらスマホで死傷させればこのような罰があるとして、それだけで抑止力になるとは思われますが、スマホの普及率が非常に高い昨今では、一つの事件としての認識でしかされず、風化されることは目に見えて分かってしまいます。

風化させないために、こういった犯罪に対して警鐘を鳴らし続けたり、ながらスマホの危険性を切に訴えていくことが必要です。

被害者側も加害者側も両者全く幸せにならない結果を招きますし、ながらスマホによる前方不注意は、自動車と違い免許を持っていない18歳未満の人物誰にでも起こりうるものであるという事を強く認識しなければなりません。

この書類送検や裁判の結果が社会に与える影響は非常に大きいと思われますが、それよりも人の命よりもスマホの方が大事だと思っているスマホ依存が大勢いることの方がよっぽどの恐怖です。

いずれにしても、亡くなった米沢晶子さんには心よりご冥福をお祈りするとともに、この女子大生には非常に重たい罪がくだり、反省・更生することを祈っています。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

スマホ自転車の女子大生(川崎市)の顔画像流出で特定!実名や米沢晶子さんを死亡させた経緯も!ながらスマホの女性大生を書類送検

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!