久保木愛弓(くぼきあゆみ)容疑者の生い立ちと人物像がヤバい!犯行動機判明でサイコパスだった?

この記事は5分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、殺人などの疑いで久保木愛弓(くぼき あゆみ)容疑者を逮捕しました。

「他の20人にも消毒液」看護師を殺人容疑逮捕

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、うち死亡した男性患者1人の点滴袋に異物を混入し殺害したとして、神奈川県警は7日、殺人容疑で当時病院で勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を逮捕した。久保木容疑者は2人を含む4人の点滴への薬品混入を認めていることが判明。病院内で入院患者が相次いで中毒死するという特異な事件は、発覚から約1年10カ月を経て急展開を迎えた。

調べによると、久保木容疑者は入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の点滴袋に、医療器具の殺菌などに使う消毒液「ヂアミトール」を混入し、殺害したとしている。

久保木容疑者はこれまでの県警神奈川署捜査本部による任意聴取に関与を否定していたが、一転、先月末に西川さんら2人の殺害について認めたほか、「別の患者にも(消毒液を)入れた」と供述。事件前に死亡した男女2人からも、ヂアミトールに含まれる界面活性剤の成分が検出されていた。

事件は28年9月20日、病院から点滴に異物が混入された疑いがあるとの通報があり、同23日、死亡した八巻信雄さん=同(88)=の死因が異物混入による中毒死だったと県警が発表。その後、同18日に死亡した西川さんも司法解剖で中毒死だったことが判明し、連続殺人に発展した。

八巻さんに使われた点滴袋は3連休の初日だった同17日午前、病院1階の薬剤部から八巻さんらの病室がある4階のナースステーションに運ばれた。西川さんの点滴袋が最後に交換されたのは同18日午前で、捜査本部はこの約1日の間に何者かが異物を混入したとみて捜査していた。

出典:産経ニュース

 

久保木愛弓容疑者について

こちらが、逮捕された久保木愛弓容疑者のプロフィールです。

出典:デイリースポーツ

名前:久保木愛弓(くぼき あゆみ)

年齢:31歳

職業:看護師

在住:神奈川県横浜市鶴見区

久保木容疑者は、2016年9月18日、神奈川県横浜市神奈川区大口通にある大口病院で、患者の西川惣蔵さんの体内に何らかの方法で消毒液を混入させ、殺害したとして逮捕された人物です。

この事件に関して、久保木容疑者は「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人ぐらいやった」などと供述をしていることから、大口病院での連続殺人事件全てに関与しているとして県警は捜査を開始しています。

 

大口病院事件とは?

では、大口病院の連続殺人事件とは一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、事件の時系列をまとめたものです。

出典:infoseek

大口病院の連続殺人事件とは、2016年9月の中旬に発生した事件であり、患者さんの多くが界面活性剤などが点滴に混入され、死亡するというなんともおぞましい事件です。

ナースステーションなどの状況や、当時はシルバーウィークで3連休であり、当直がいなかったことなどから、内部犯の可能性が指摘されていましたが、結局犯人を捕まえることができずに、迷宮入りしてしまう一歩手前でありました。

しかしながら、ここへきて久保木容疑者が捜査線上に浮上し、事件がようやく動き出したのです。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して久保木容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているとのことですが、なぜこのような犯行に至ったのかは至極謎であります。

患者さんのことを弄んでいた可能性もありますし、興味本位で点滴に混入させた恐れもありますが、混入させたのがヂアミトールでありますので、医療の知識がある人間であれば、まずこのようなことをすることは考えられません。

高齢者が多く入院している病院であったということで、老健施設のような役割も担っていたのであれば、介護や介抱疲れが原因で、ノイローゼ気味になっていた可能性も十分に考えられるでしょう。

しかしながら、殺害された2人とも事件のおよそ1週間ほど前に入院したばかりだったそうで、久保木容疑者とあまり接点はなく、特別注意した方が良いなどと上司から言われることはなかったのだと言います。

 

ヂアミトールとは?

では、ヂアミトールとは一体どのような物質なのでしょうか?

ヂアミトールとは劇薬にこそ指定はされていませんが、高濃度のまま体内に入れば、多臓器不全や血管損傷などを引き起こす恐れがあるとされている非常に危険な薬品です。

ヂアミトールは、一般的にベンザルコニウム塩化物という名称で知られており、外用殺菌消毒剤として主に使用されることがあります。

そして、界面活性剤とは「物質と物質の「境界面」で働き、その性質を変化させるものであるため、目に入れば失明をするほか、体内に入れば細胞に毒性が働いて大変危険でありますので、基本的に点滴の中に混入させるのはありえないとされています。

 

スポンサーリンク

 

生い立ちについて

そんな久保木容疑者の生い立ちとは一体どのようなものだったのでしょうか?

久保木容疑者は、神奈川県秦野市にある県立高校を卒業した後、看護の専門学校に通っていたのだそうで、およそ10年前に看護師免許を取得し、看護師として働き始めました。

大口病院とは別の病院での勤務をしていたそうですが、3年前の5月(ゴールデンウイーク頃)に旧「大口病院」に採用されており、主に夜勤を担当していました。

事件が起きた2016年9月のシフトでは、3日に1回の頻度で夜勤のシフトであったそうで、当時を知る同僚の話では「まじめに淡々と、任された仕事をこなす印象だった」と、久保木容疑者の仕事ぶりについて語っています。

事件が発生してから久保木容疑者は、マスコミに囲まれる生活が続いてしまっていたために、わずか在職1年で大口病院と退職しています。

 

逮捕前に受けていた取材

久保木容疑者はじめ、大口病院のスタッフや看護師などは、この事件に関して多くの取材を受けていたのだそうです。

2017年9月11日に産経新聞が取材をしており、「事件から1年。犯人が捕まらないなか、関係者としてどんな気持ちか?」という質問に対しては、久保木容疑者は以下のように返答をしています。

発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ

--犯人に対して思うことは

「早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…」

出典:産経ニュース

さらに、NHKの取材に対しては以下のように答えているのだそうです。

「看護師のエプロンが切り裂かれたり、カルテが紛失したり、飲み物に漂白剤が入れられたりと、犯罪のようなことがいろいろ起こっていて、大丈夫だろうかと思っていた」

「職員の中でも『最近亡くなる人が多いね』という話はしていたが、まさか事件で亡くなったとは誰も思っていなかったので、ショックだった」

「いろいろとやってもいないことをやったと言われ、私に目が向けられてすごく辛かった」

「療養病棟は寝たきりの人も多く、コミュニケーションがとれない人も多かったが、少しでも快適に過ごしてもらえるようお手伝いをすることが仕事と思ってやっていた」

「無差別だったのか患者が気に入らなかったのか全くわからないが、早く犯人を見つけてもらいたいし、なぜそんなことをしたのか知りたい」

出典:NHK NEWS WEB

自分で犯罪をしておきながら、私に目が向けられて辛かったなどと、極めてサイコパス的な発言をしており、自分は関係ないと言わんばかりの言いぐさであります。

犯人が「なぜそんなことをしたのか知りたい」というのは、我々国民の方ですし、一刻も早く動機の究明が求められるでしょう。

 

久保木愛弓の人物像や評判について

では、久保木容疑者の人物像は一体どのようなものなのでしょうか?

元同僚の話によれば、久保木容疑者に関しては怪しんでいた人が何人もいたそうですが、仕事はそつなくこなしていて真面目であり、誰かとトラブルを起こすようなこともなく、仲よく働いていたため、最終的に疑いの目をかけられることはなかったのだと言います。

多くの元同僚が「久保木さんが怪しい」と逮捕前に証言をしているほか、大口病院の事件がテレビなどで報道された時は久保木容疑者は大きく動揺しており、報道の間ずっと画面を見て凝視して立ち尽くしていたのだそうです。

事件のあと、久保木容疑者が夜勤のシフトの日があったそうですが「体調が悪くて出られない」と、直前になって連絡があったために、上司と面談をして夜勤のシフトに入らないまま帰宅をしたこともあったそうです。

また、別の人物の証言によれば、久保木容疑者は「変わり者」だったと言い、他人の飲み物を勝手に口にすることもある一方で、他人が使ったボールペンを触れないなどの極度の潔癖症の一面もあるのだそうです。

さらに、寝たきりの患者さんに暴言を吐いていたという過去もあったり、2016年4月に大口病院で発生した看護師のエプロンが引き裂かれるという事件や、同年6月おカルテ紛失事件、同年8月の職員のペットボトルへの異物混入事件など全てに関与しているのではないかと噂されています。

何れにしても、世間を騒がせた事件の容疑が逮捕されただけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

鈴木充容疑者(看護師連れ去り犯人)の顔画像を特定か!犯行動機や手口、出会った経緯などについても!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!