浪商ハンドボール部肘打ちラフプレー動画がこちら!インスタアカウントも流出し、顔画像を特定か?

この記事は5分で読めます

出典:YouTube


スポンサーリンク

 

大阪府泉南郡熊取町にある、中高一貫教育を提供する大阪体育大学浪商高等学校のハンドボール部が、インターハイの出場をかけた予選の決勝戦で、悪質なラフプレーをし、炎上する騒ぎとなっています。

続報:当該選手の情報が公開されました↓

蔦谷大雅(つたやたいが)は肘打ちではなく首絞めをした?U22日本代表の有能な選手

 

浪商高校がラフプレーを

テレビ朝日系列の朝の情報番組「モーニングショー」で、2018年7月4日に報道された放送で、大阪府のインターハイ予選の決勝、大阪体育大学浪商高校VS桃山学院大学付属高等学校の試合中に、浪商高校の選手が相手に肘打ちをしたというのです。

黄色と青を基調としたユニフォームの浪商高校の選手が、白いユニフォームの桃山学院高校の選手に思いっきり肘打ちをしている姿が見受けられます。

この行為がされた後、白いユニフォームの桃山学院高校の選手はその場にお腹を抱えてうずくまる姿が映し出されており、その場で動けなくなってしまっています。

さらに言えば、この後一旦立ち上がる様子が映し出されていたのですが、またその場にうずくまっており、相当なダメージであったのではないかと推測されます。

みぞおち付近に思いっきり肘が入ったとされていますので、これはたとえ故意でなかったとしてもかなり悪質なプレーとされるでしょう。

ちなみに、倒された桃山学院の選手は2年生でありながらも、エースプレイヤーであったのだそうで、この決勝の際も全28得点のうち、およそ3分の1以上の10得点を取った選手であったのだそうです。

続報:当該選手の情報が公開されました↓

蔦谷大雅(つたやたいが)は肘打ちではなく首絞めをした?U22日本代表の有能な選手

 

試合前日にプレーをインスタで予告か?

モーニングショーでは、この試合の前日に浪商高校の選手のInstagramに投稿された動画を公開しており、その中で「ぶっ殺す」と、相手選手を潰すような予告をしていたのです。

出典:YouTube

浪商ハンドボール部員1「明日の試合は?」

浪商ハンドボール部員2「ぶっ殺す」

浪商ハンドボール部1「アイツや」

浪商ハンドボール部2「アイツですね」

この反則予告の動画ですが、浪商高校ハンドボール部のグループLINE上に投稿されていたのだそうで、その中で桃山学院高校の被害生徒の名前を挙げて「ぶっ殺す」「やっちゃいましょう」などのやり取りや投稿がされたいました。

そして、この反則予告動画なのですがInstagramに投稿されていたために、これが試合前から桃山学院高校の保護者や選手間などで話題となっており、案の定事件が発生してしまったのです。

続報:当該選手の情報が公開されました↓

蔦谷大雅(つたやたいが/浪商肘打ち犯人)の顔画像とインスタアカ!U22日本代表の有能な選手だった

 

当該選手のインスタアカウントなどについて

では、この問題の動画が投稿されたInstagramのアカウントなどは存在するのでしょうか?

現在、調査中ではありますが、Instagramでの動画を確認することは出来ませんでした。

さらに今回、当該選手についてはモザイクがかけられていますので、明らかとなっておりませんし、SNSアカウントなどの特定もされていませんので、こちらに関しては詳し情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

この事件が発生したのは、2018年6月の10日の試合ですし、その前日に投稿された動画であるという事で、2018年6月9日付近に投稿されたのではないかと推測されます。

念のためInstagramでの「#浪商」の検索結果を載せておきます。→#浪商

おそらくすでに削除されているものと思われますし、動画が出回ることがないと思いますが、もしかすれば桃山学院高校側の被害生徒などの計らいによって、事実関係をうやむやにしたくないと桃山学院側も主張をしておりますので、リークする可能性も十分に考えられるでしょう。

続報:当該選手の情報が公開されました↓

蔦谷大雅(つたやたいが)は肘打ちではなく首絞めをした?U22日本代表の有能な選手

 

浪商の対応が酷い

そんな浪商高校のハンドボール部首脳陣ですが、この件に関してモーニングショーの取材に応じていますが、その際の対応があまりにもヘラヘラしているというのです。

出典: YouTube

モーニングショーでは、笑顔でヘラヘラしながら取材に応える様子が見受けられます。

徳永昌亮(とくなが まさあき)監督:「ユニホームを掴んでいるのを振りほどくために、体をひねった時に(ヒジが)当たっているというように私は見てますし、子どもたちからもそういう話を聞いています。」

徳永監督「ボールをもらうための位置取りという捉え方をしています。」

つまり、浪商側は腕を振り払っただけで、肘打ちは故意ではないということを一貫して主張しているのです。

 


スポンサーリンク

 

腕を振り払っただけなのか?

別の角度の映像を検証したみたところ、確かに浪商側の選手が振り払っただけのように見受けられることも出来ますが、以下のような画像を用いてみればそれが明らかな間違いであることに気づくはずです。

▼白のユニホームの選手が左手でユニホーム掴む

▼青のユニホームの選手は右手で肘打ち

出典:YouTube

常識的に考えて、左手でユニホームを掴まれたのであれば、振り払うのは左手でそのまま行うことが常識であり、一般的な考え方ですが、浪商高校の選手は右手で肘打ちをかましているので、明らかに故意に行なっていることでしょう。

これに対して桃山学院高校の木村雅俊監督は「映像を見た限りでは、振り払った腕がたまたま当たったと認識するのは難しい」とのコメントを残しています。

さらに言えば、故意ではなくもし偶然に振り払おうとして当たってしまったのであれば、桃山学院高等学校の倒れた選手に対して手を差し伸べたり、「大丈夫か?」と声をかけたり、救助を要請することが然るべき対応であると思われます。

しかしながら、浪商高校側の選手はそのような行為をしておりませんので、故意ではなかったとしてもそもそもスポーツマンシップにかける最悪の選手であることは明白となってしまいました。

また、こうしたスポーツマンシップに乗っ取るような行為を指導するのも、指導者であり教育者が行わなければなりませんので、浪商高校はその指導方法や形態なども世間に羞恥を晒してしまったことになります。

 

ネット上の反応

このヘラヘラした対応に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

出典:YouTube

浪商高校 工藤哲士教頭「いいライバルとして、一緒に頑張っていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いしたいと思います」

このようにコメントしていますが、事実関係をしっかりとしないうちにヘラヘラ対応をしているようでは、絶対に関係は改善しないでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

蔦谷大雅(つたやたいが/浪商肘打ち犯人)の顔画像とインスタアカ!U22日本代表の有能な選手だった

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!