安部心晴(岡輝中)は同乗者に罪をなすり付けられていた!運転手は普段から無免許運転で、被害者は後部座席に?

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

1日朝早く、岡山市北区で中学生5人が乗り、そのうち1人が運転していた乗用車が中央分離帯のポールに衝突し、安部小晴(あべ こはる)さんが死亡、4人が重軽傷を負うという事故が発生しました。

今回は、その事故や安部さんの中学校などについて迫ってみたいと思います。

中2の車が死亡事故

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

1日午前4時55分ごろ、岡山市北区青江2の国道30号で、中学2年の男女5人が乗った乗用車が中央分離帯に乗り上げ、金属製ポールに衝突し大破した。同区の女子生徒が車外に投げ出され、頭を強く打って搬送先で死亡が確認された。他の男子2人と女子1人が足の骨折などで重傷、さらに男子1人が軽傷を負った。岡山県警岡山南署は、無免許の中学生だけで乗車していた経緯について調べを進めている。

同署によると、5人は全員13歳。4人は岡山市の市立中3校に、残る1人は同県倉敷市の市立中に通い、友人同士だったという。車は生徒の一人の家族が所有していたが、事故当時、誰が運転していたかは不明。同署は、負傷した4人の治療が終わり次第、事情を聴き、事故原因も含めて調べる。

 岡山市の菅野和良教育長は「亡くなった生徒のご冥福をお祈りします。あってはならない大きな事故であり重く受け止めております。子どもたちの更なる規範意識の向上に取り組んでまいりたい」とのコメントを出した。市教委は「情報収集するとともに、生徒たちの学校から聞き取りを行い、対応を検討したい」と話した。

 現場はJR岡山駅の南約3.5キロにあり、付近は商業施設や住宅の密集地。道路は見通しの良い片側2車線の直線だった。

出典:毎日新聞

 

安部心晴さんについて

名前:安部心晴(あべ こはる)

年齢:13歳

職業:中学生2年生

在住:岡山県岡山市北区岡町

中学校:岡山市立岡輝(こうき)中学校

安倍心晴さんは、岡山県岡山市で発生した中学生だけの危険なドライブによって被害者となってしまった人物で、頭を強く打って亡くなっていたのだそうです。

産経新聞にその顔画像が公開されていましたので、ご紹介します。

出典:産経新聞

13歳でこの世を去るというのは、非常に無念であると同時に、中学生だけのドライブに同乗していたために、同情できないという意見があるのも事実です。

非常に可愛らしく、13歳という年齢に相応しいだけに、悔やまれるでしょう。

 

同乗者のまとめ

こちらが、同乗者をまとめたものです。

・安倍心晴さん(死亡)

・松原太陽(@kR2Xiww7LSDsU6h)(重体)

・つばさ(@OMI___0819_1220)(軽傷)

・じゅら(@0615taiyou(太陽の彼女)

・じゅりな(@OMI_____0303(太陽の姉)

そしてこちらが、松原太陽さんとその彼女のじゅらさんとの2ーショット写真です。

出典:Twitter

1個目のツイートしているのが、松原さん太陽さんのお姉さんのじゅりなさんなのですが、じゅりなさんと松原太陽さんとの2ーショット写真がこちら。

出典:Twitter

つばささんは、ツイッターアカウントに鍵をかけているために、見ることが出来ないのですが、プロフィール欄に「岡輝2年!!」と書かれており、これがきっかけとなってリークされたものと思われます。

ちなみに、松原太陽さんは助手席に乗っていたのだそうです。

じゅりなさんに関しては、太陽さんのお姉さんであるということで、この車には乗っておらずもう1人別の誰かかがいたのではないかと推測されています。

そして、そのもう1人の人物こそが倉敷市内の中学校に通っていた人物であるのではないかと思われます。

倉敷市内に通うもう1人の中学生とは、SNSを通じて知り合ったのだそうで、今回の事故に巻き込まれてしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

岡輝中学校の噂がヤバい

そんな、岡山県岡山市立岡輝中学校なのですが、以前より評判が悪いとされている底辺学校であるとの情報が入ってきています。

あくまでネット上の評判では、非常に不良が多い底辺の中学校であるということですが、中学校は義務教育であるために、学区内ではある程度勉強が出来る生徒もいたのではないかと推測されています。

岡山市立岡輝中学校は、岡山県岡山市北区岡町にある公立中学校であり、千葉ロッテマリーンズなどに所属していた元プロ野球選手のサブロー選手もこの中学校出身であるとのことです。

ヤンキーが多いことで知られていますが、岡山県自体がヤンキーが多いということで、どこもそんなに変わらないのではないかとの見解を示している人もいます。

そして、詳しい地図とストリートビューがこちらです。

部活動は、サッカー部と卓球部が盛んであるということで、部員の数が多すぎるなどというネット上の情報も入って来ています。

 

普段から無免許運転を?

報道機関の発表によれば、亡くなった安部さんの友人の話では「いつも楽しそうだった。たまに夜に友達とかと運転していたみたい」と話しているのだそうで、普段から無免許運転を繰り返していたのではないかと推測されています。

また、運転手が不明という点についてですが、元々は安部心晴さんが運転席が運転席にいたという情報が報道されていたのですが、現在は「誰が運転していたかは調査中」となっています。

これは、報道規制というよりも亡くなった安部さんに運転席にいたことにして罪を着せようとした結果それがバレたために、運転手不明となったというのが真実のようです。

 

後部座席にいたことが証明できる

安部さんは5人いた中で1人だけフロントガラスを突き破って外に放り出されていますが、これは後部座席でシートベルトしていない何よりの証拠であります。

警察庁の報告によれば、2015年の交通事故による死亡者の中で、後部座席でシートベルトを着用していない方のおよそ3割が車外に放り出されて死亡しているのだそうです。

その一方で、運転席では同じくシートベルトをしていない人は12%、助手席では17%が放り出されて死亡していますが、同じシートベルト非着用でも後部座席に関しては、死亡事故になる危険性が極めて高くなる車外放出の確率が、前方の座席よりも2倍から3倍高くなっているのです。

つまり、シートベルトをしておらず、車外に放り出されて死亡する確率は後部座席の方がはるかに高いのです。

前方の座席は急ブレーキと衝突によってエアバックが作動しますし、後部座席でも運転席と助手席の後ろに座っている人は、シートが壁となってたとえシートベルトしていなくても、車外に放り出されることはありません。

したがって、亡くなった安部さんは運転席ではなくて後部座席の真ん中に座っていたのではないかと思われます。

二列シートで後部座席の真ん中は、一番座りにくいとされているため、やはり普段からいじめを受けていたのではないかと思われています。

後部座席の真ん中に座ることと、罪をなすりつけられたということが何よりの証拠でしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

安部心晴(あべこはる)の顔画像と5人の同乗者がこちら!Twitter流出で飲酒運転が事故原因か?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!