ノイアーが戦犯か?11人攻撃で左WBの位置にいた理由がヤバい!ドイツが韓国に破れ歴史的敗退

この記事は3分で読めます

出典:ゲキサカ


スポンサーリンク

 

27日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループFの最終節が行われ、ドイツが韓国に0-2と敗れ、同代表史上初のW杯でのグループリーグ敗退が決定し、話題となっています。

ドイツが歴史的敗退

FOOTBAL ZONE他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

ドイツ代表は現地時間27日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦で韓国代表と対戦し、0-2と敗れた。この敗戦により前回王者は1勝2敗となり、同国史上初の1次リーグ敗退の憂き目に遭った。そんななか、守護神マヌエル・ノイアーの“アタッカー化”によって喫した決定的な2失点目に、疑問を呈する声が上がっている。

初戦のメキシコ戦(0-1)でスコア以上の完敗を喫したドイツ。第2戦のスウェーデン戦も後半アディショナルタイムに決勝点を奪っての2-1辛勝と、王者らしからぬ余裕のない戦いぶりが続いていた。そして第3戦は格下の韓国との対戦で、序盤から相手ゴールに迫るものの、スコアを動かせないままゲーム終盤を迎えた。

そして後半アディショナルタイム3分、CKのピンチから痛恨の失点を喫してしまう。同時刻に行われていたもう1試合では、同じ勝ち点3で最終節を迎えていたスウェーデンが勝ち点6のメキシコを3-0とリードし、勝利をほぼ確実なものとしていた。そのためドイツは、勝ち点3を得なければ敗退が決してしまう絶体絶命の状況に追い込まれた。

その情報がノイアーの耳にも入っていたのか、失点後は前線まで駆け上がり攻撃に参加。しかしその直後、パスを受けたノイアーが相手守備陣の挟み撃ちに遭いボールを奪われると、そのままロングボールを蹴り込まれ、FWソン・フンミンに決定的な2失点目を無人のゴールに流し込まれた。

ノイアーのミスから招いた2失点目を受け、英紙「メトロ」は「ノイアーは不名誉な烙印を押された」との見出しを打って特集し、現在「BBCラジオ」で解説を務める元イングランド代表のクリス・サットン氏の辛辣なコメントを紹介した。

出典:FOOT BALL ZONE

 

問題の動画とは?

こちらが、ノイアー選手が奪われたとされる問題の動画です。

ノイアー選手はドイツ代表の左ウィングやサイドハーフのポジションまで上がっており、11人で攻撃を仕掛けるというとんでもない作戦に出ているのですが、普段フィールドプレーに慣れていないGKのノイアー選手はあっさりと韓国の選手に奪われ、そのまま2点目を喫してしまったのです。

 


スポンサーリンク

 

なぜあの位置に?

では、ノイアー選手はなぜあの位置にいたのでしょうか?

このプレーの前に、後半アディショナルタイム3分、コーナキックのピンチから痛恨の失点を喫しているのですが、同時刻に行われていたスェーデン対メキシコの試合でスウェーデンが3-0としており、ドイツは1−0以上で勝利をすれば予選通過が決定するという状況にありました。

しかしながら、韓国に先制されあとが無くなったドイツ代表はGKのノイアー選手をあげるという暴挙に出たのです。

ドイツ代表の首脳陣は、フィールドプレーヤーでもないノイアー選手をあそこまであげて、どのようにしたかったのでしょうか?

11人で攻撃を仕掛け、枚数が一枚あまりそうなものですが、守備側も11人で守っている他、普段フィールドプレーをしておらず不慣れな選手が入っても何も意味はありません。

セットプレーなどでパワープレーでGKがゴール前まで上がって競り合うというシーンはよく見かけますが、このように流れの中で相手陣内に攻め上がるというのは、ゴールを献上するという怠慢なプレーにしか思えません。

さらに、ノイアー選手はドイツ代表のDFラインの選手よりも上がっていたために、なおさら何がしたかったのか理解が出来ません。

 

戦犯なのか?

この意味不明なプレーに対して、ノイアー選手が戦犯であるという意見が多く寄せられているのですが「さすがにそれはおかしい」というような風潮になっています。

この試合では全体的にドイツ代表の流れが悪く、気迫で相手を上回り、圧倒するというような王者の風格はそこにはありませんでした。

韓国だからこそ勝てるというレーブ監督含め、ドイツ代表が舐めて試合に入ったことはいうまでもありません。

その証拠に、試合後ドイツ代表のレーブ監督は「現在私が感じていることの全ては巨大な失望だよ。韓国に敗れることは1度もイメージしなかった」とコメントを残しています。

このコメントの裏には、相手は韓国だから普通にプレーしていればその内ゴールは決まるのでは?というような気の緩みが見え隠れしており、舐めてかかってしまったために痛い目にあってしまったのでしょう。

スポーツの世界は、真剣勝負が重要ですが、こうした舐めてかかったプレーをしてしまったドイツ代表全員が戦犯なのではないでしょうか?

また、Twitter上には「あー決まらない!!韓国のキーパーが川島だったら勝てたのに」という日本人でありながらドイツ代表サポーターらしき人物が呟いていたのですが、絶対王者だから舐めていても勝てると思っているあたり、スポーツを舐めているとしか言えませんし、川島永嗣選手と引き合いに出して韓国を揶揄するなど、一体何がしたいのか分かりません。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

川島 パンチングのWikipediaの荒らし書き込みがこちら!セネガル代表やボクサーなど、誹謗中傷の嵐

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!