島津慧大の生い立ちと犯行動機がヤバい!両親や家族構成、時系列についても!

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

富山県富山市の奥田交番で警察官が襲撃され、近くの小学校で発砲をし2人が死亡した事件で、21歳の島津慧大(しまづ けいた)容疑者が逮捕されました。

今回は、この島津容疑者の生い立ちや犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

島津慧大容疑者を逮捕

時事通信社他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

26日午後2時ごろ、富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番で、所長の稲泉健一警部補(46)が男に刃物で刺され、拳銃を奪われた。県警によると、警部補は搬送先の病院で死亡が確認された。男は、約100メートル離れた市立奥田小学校付近で、警備員中村信一さん(68)に発砲し、中村さんも死亡した。

通報で駆け付けた別の署員が男に発砲し、弾は左腹部に命中。男を取り押さえ、殺人未遂容疑で逮捕した。男は同県立山町末三賀の職業不詳で元自衛官の島津慧大容疑者(21)。病院に搬送されたが、重体という。県警は当時の詳しい状況を調べている。
県警の山田知裕本部長は記者会見し、「警察官が拳銃を奪取され使用されたことは誠に遺憾。近隣住民に多大な不安を与え、誠に申し訳ない」と謝罪した。
県警によると、稲泉警部補は交番の裏口付近でいきなり襲われたとみられ、死因は刺されたことによる出血性ショックだった。島津容疑者は拳銃を奪った後、交番北の道路向かい側にある小学校の敷地に侵入したとみられる。

捜査関係者によると、同容疑者はなたのような刃物とナイフの計2本を所持していた。同校で警備に当たっていた中村さんは、正門付近に倒れていた。
自衛隊関係者によると、同容疑者は2015年3月から陸上自衛隊金沢駐屯地で勤務し、昨年3月に退官していた。
交番相談員の男性が近隣住民に助けを求め、住民が110番した。
奥田交番はJR富山駅から北東へ約1キロメートルの道路沿い。

出典:時事通信社

 

島津慧大容疑者について

こちらが、逮捕された島津慧大容疑者のプロフィールです。

名前:島津慧大(しまづ けいた)

年齢:21歳

職業:不詳(元自衛官)

在住:富山県立山町末三賀

島津容疑者は、富山市久方町の県警奥田交番の稲泉健一警部補を刃物のようなもので刺し、拳銃を奪い、近くの市立奥田小学校に向かって、小学校にいた警備員の中村信一さんに発砲し、2人を死亡させたとして逮捕された人物です。

陸上自衛隊金沢駐屯地に配属され、勤務していた元自衛官の男性であり、拳銃の扱いなどには相当慣れていたのでは無いかと推測されます。

顔画像はこちらの記事によって紹介されているそうで、この2人のうちどちらかが島津容疑者の顔画像なのではないかと考えられています。

出典:Twitter

続報:島津容疑者のSNSに関してはこちらの記事をご覧ください↓

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

 

時系列で事件を整理

では、ここで事件を時系列ごとに整理していきましょう。

2018年6月26日14時頃、島津容疑者が富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番に押し入り、稲泉健一警部補を切りつけ、拳銃を奪う。(稲泉警部補は交番の裏口付近でいきなり襲われる)

2018年6月26日14時14分頃、富山県警から「奥田交番で40代男性が刺された」と通報が入るり、その後、島津容疑者は現場から徒歩2,3分の所にある奥田小学校まで移動し、警備員の中村信一さんを拳銃で撃つ。(中村さんは左肩を撃たれ、その後死亡)

2018年6月26日14時時27分頃、発泡音を聞きつけた警察官が現場に駆けつけ、島津容疑者発砲し、弾は左腹部に命中。島津容疑者を取り押さえる。ちなみに容疑者は重体。

続報:島津容疑者のSNSに関してはこちらの記事をご覧ください↓

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

 

生い立ちについて

では、島津容疑者の生い立ちとは一体どのようなものだったのでしょうか?

逮捕された島津容疑者は元自衛官で、3年前の2015年3月に自衛官になり、昨年の3月まで金沢市にある陸上自衛隊金沢駐屯地で勤務していました。

出身は、富山県立山町末三賀であるということで、関係者の話によれば、このような事件を起こすような人ではなかったとのことです。

「人を助ける誇りある仕事に邁進してほしい」と、立山町の舟橋貴之町長から激励をされていましたが、人を助けるどころか傷つけてしまうという最悪の結果を招いてしまいました。

生まれは、1996年もしくは1997年であると考えられますが、自衛官として採用されたのが3年前の18歳の時ですので、高校を卒業してすぐに就職をしたのでしょう。

しかしながら、3年で自衛官を辞めていますので、何かしらのトラブルや精神的な悩みなどがあったのかもしれません。

そうしたことを克服出来ずに、事件を起こしてしまった可能性も十分に考えられるでしょう。

ちなみに、島津容疑者の家族構成や両親などの情報は入ってきておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

続報:島津容疑者のSNSに関してはこちらの記事をご覧ください↓

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

島津容疑者が自衛官を退職した際に何らかのトラブルがあり、退職自衛官の再雇用制度などに不服を抱いていた可能性も十分に考えられます。

また、元自衛官ということで拳銃の扱いに慣れていることから、その腕を試してみたいという単純な動機であることも考えられます。

しかしながら、島津容疑者は病院に搬送される際、警察官の問い掛けにうなずくなどしていたそうですが、現在は心肺停止の重体で病院で治療を受けているということですので、このまま死亡してしまえば、何も真相がわからなくなってしまうでしょう。

それはなんとしても避けなければなりませんし、動機の全容解明が望まれ再発防止に努めなければ、殉職された警部補や亡くなられた警備員の方にや遺族の方に対して面目無いでしょう。

続報:島津容疑者のSNSに関してはこちらの記事をご覧ください↓

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

 

20歳代の事件の多さ

ここ最近、20歳前後の人物による犯行が後を絶ちません。

2018年6月9日夜、走行中の東海道新幹線車内で男女3人が刃物で襲われ男性1人が死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたのは22歳の小島一朗容疑者ですし、2018年6月17日午後8時25分ごろ、名古屋市中区錦のビル9階のインターネットカフェで殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたのも、22歳の稲田府見洋容疑者です。

いずれの2人の容疑者も「誰でも良かった」「殺意を持って人を殺した」などと供述をしており、犯行動機の核の部分は「ムシャクシャした」という自分の欲求を満たすために行なっているのです。

20歳前後というのは、4年制の大学に通う大学生でなければ基本的に社会に出ている年齢であるとされており、ようやく2,3年立って酸いも甘いも知ってくる年頃であるとされています。

自由と引き換えに厳しい社会の現実を突きつけられるなど、理想と現実の間でもがき苦しむのもこの頃ですし、努力が身になって今後の大器が晩成していく過程であることも事実であります。

歯を食いしばってしっかりと地に足をつけ、目の前のことをコツコツとこなし、行った場所や先々で頑張っていれば、こうした社会から見放されることもありませんし、劣等感に苛まれることもありません。

また、忍耐力も身につきますので、すぐにムシャクシャして人を殺めるようなことは決して行わないのではないでしょうか?

20代前半の人間がこれだけ世間を騒がせる凶悪な犯罪を犯しているだけに、1995年〜1996年生まれの世代は負の世代であるのかもしれません。

続報:島津容疑者のSNSに関してはこちらの記事をご覧ください↓

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

島津慧大のTwitterはなりすまし!中学の同級生の犯人に対する証言も判明!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!