「シマウマ脱走って」のデマ投稿は毎日新聞から画像をパクっていた!偽計業務妨害罪で過去には逮捕者も

この記事は4分で読めます

出典:Twitter/毎日新聞

スポンサーリンク

 

大阪府内で震度6弱を記録した6月18日午前の地震をめぐって、「シマウマが逃げた」というネット上に出回った情報はデマであることが明らかとなりました。

今回は、呟いたSteven “No” [email protected]うじさんなどについて迫ってみたいと思います。

震度6弱でシマウマ脱走って

BIGLOBEニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪府北部を震源とする震度6弱の地震によって、「シマウマが脱走」したとのデマがSNSに投稿されている。大阪府は、地震発生後から事実とは異なる情報が拡散しているとして注意を呼びかけている。

地震発生から約1時間後の18日9時過ぎ、「大阪府北部で震度6弱でシマウマ脱走って」とのツイートが投稿された。写真には、山道に逃げ出したように見えるシマウマの姿。しかし、この写真は2016年に愛知と岐阜の県境にある農場からシマウマが脱走したという新聞記事のもので、大阪地震で逃げたシマウマというのは偽情報だった。このツイートには、「どこ動物園から脱走したんだ」と信じるようなコメントや「刑事罰の対象になる可能性があります」などと削除を求める声が寄せられている。

「シマウマ脱走」のほかにもSNSには、「京セラドームに亀裂が入っている」などの誤情報が投稿されている。これを受け大阪府は、SNSでは事実と異なる情報が発信・拡散されているとしてホームページで注意喚起。「情報の発信元にはご注意いただき、信頼できる情報かどうか、十分に確認をしてください。また、未確認の情報をむやみに拡散しないでください」と呼びかけている。

2016年に発生した熊本地震でも、「動物園からライオンが逃げた」などのデマが拡散。熊本市の大西一史市長も、「未確認の情報をむやみにリツイートせず、情報の真偽を確かめてから責任をもってツイートして下さい」と注意を促している。

出典:BIGLOBEニュース

 

問題の投稿とは?

では、問題の投稿とは一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、その問題のあった投稿です。

出典:Twitter

Twitterアカウント:@satnfc2

投稿したのは、2018年3月中旬に職場を解雇され、ニートとなり現在就活をしているというSteven “No” [email protected]うじさんです。

この投稿者さんによれば、何とシマウマが逃げたとう情報を流しているのですが、これは全くのデマであり、熊本市の大西市長は「信頼できる情報なのか十分に確認を」「未確認の情報をむやみにリツイートせず、情報の真偽を確かめてから責任をもってツイートして下さい」と自身のツイッター上で、このデマ情報についてつぶやいています。

 

なぜデマなのか?

では、この投稿がなぜデマだと分かるのでしょうか?

このシマウマ画像なのですが、インターネット上からいわゆる拾い画ということであり、以前に毎日新聞社が掲載した記事の画像をそのまま添付してツイートしていることが明らかとなったからです。

そしてその毎日新聞社の記事がこちらです。

出典:毎日新聞社

毎日新聞のこの記事では、以下のように紹介されています。

22日午後7時20分ごろ、愛知・岐阜県境にある総合農場「三国ウエスト農場」(愛知県瀬戸市片草町)で飼育中のシマウマ1頭が逃走したと、飼い主の男性(43)から岐阜県警多治見署に通報があった。23日朝、約1キロ東にある同県土岐市のゴルフ場内で見つかり、同署員ら約20人で捕獲を試みたが、同日午後0時45分ごろ、池の中で死んでいるのが確認された。吹き矢で打った麻酔がきき、溺れ死んだとみられる。

出典:毎日新聞

つまり、この当該ツイートに添付されているシマウマの画像は、愛知県瀬戸市片草町にある「三国ウエスト農場」で飼育されていたシマウマだということで、岐阜県土岐市にあるゴルフ場にて発見されたために、麻酔の吹き矢を放ったということです。

その事実を紹介している記事に添付してある画像をSteven “No” [email protected]うじさんは、あたかも大阪地震で脱走したかのような書き方をしており、デマであるされているのです。

 

スポンサーリンク

 

過去には逮捕者も?

では。このデマ情報ですが、一体なぜこうしたツイートをすることとなったのでしょうか?

そもそも、これは2016年4月14日に発生した熊本地震の際にツイートされた「ライオン逃げた」というツイートを模倣した模倣犯であるのです。

東スポウェブによれば、過去にライオン逃げたというデマ情報をツイートした人物が逮捕されているとのことです。

熊本県警は20日、熊本地震で熊本市動植物園からライオンが逃げ出したと、ツイッターを使ってデマを流して園の業務を妨げたとして、偽計業務妨害の疑いで神奈川県の会社員、佐藤一輝容疑者(20)を逮捕した。「間違いない。悪ふざけでやった」と容疑を認めているという。

県警によると、最初の地震が起きた4月14日夜にツイッターに投稿があった。翌15日にかけ100件以上の問い合わせがあり、職員が対応に追われた。熊本市が被害届を出していた。

逮捕容疑は4月14日午後9時50分ごろ、自宅からツイッターに「地震のせいで動物園からライオン放たれた 熊本」などと投稿し、熊本市動植物園の業務を妨げた疑い。

出典:東スポウェブ

つまり、こうしたデマ情報を呟くことによって、逮捕される危険性があるのです。

ちなみに、この逮捕された佐藤一輝容疑者ですが、熊本地検は2017年3月22日、不起訴処分(起訴猶予)としたことを発表しているため、前科はつかなかったのだと言います。

 

どのような罪に問われるのか?

であ、どのような罪に問われるのでしょうか?

「ライオン逃げた」という呟きをした佐藤一輝容疑者は、以下のように、”近くの動物園から”という文言で説明をしており、それが動物園の営業を妨害したとのことで、偽計業務妨害の罪に問われたのです。

偽計業務妨害罪とは、虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪のことで、こうした実害を被るような虚偽の情報は犯罪に該当します。

「佐藤一輝容疑者」の画像検索結果

よくよく見ればこのライオンの画像も海外のものであることは明白でありますし(信号機や縁石の感じ等)、ネットリテラシーがしっかりしている人はすぐにデマであることは見抜けたはずです。

しかしながら、地震の混乱の中にある渦中では、こうしたことはたとえイタズラ半分であったとしても、人々の誤解を招くばかりでなく、業務を著しく妨害する行為と見なされて然るべきです。

ですが、今回のシマウマの件に関しては、動物園などの情報は一切記載されていませんので、偽計業務妨害での逮捕は難しいのではないかと思われます。

だからと言ってこうしたデマを呟くことは決して許されるべきではありませんし、イタズラをしてその反応を見て楽しというのはよほど暇があるのではないかと推測されます。

いずれにしても、不起訴処分ではありますが過去には逮捕者もいるような案件だけに、一層の波紋が広がる一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

三宅璃奈(りな)さん下敷きのブロック塀は法令違反だった!控壁と鉄筋なしで手抜き工事と判明

 
error: You never click here!!