伊藤基樹容疑者の顔画像を特定か!犯行を主謀した黒幕と2人が出会った掲示板の情報も!

この記事は4分で読めます

出典:ANN


スポンサーリンク

 

静岡県藤枝市の山中に看護師内山茉由子さんの遺体が遺棄された事件で、内山さんを連れ去った容疑で逮捕された男2人の鈴木充(すずき みつる)容疑者と伊藤基樹(いとう もとき)容疑者の2人の容疑者を逮捕しました。

看護師連れ去り事件で、2人の容疑者の実名公開

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師、内山茉由子(まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、内山さんへの逮捕監禁容疑で逮捕された男らが「金をもらう約束で別の人物から頼まれた。報酬は受け取っていない」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で明らかになった。

 逮捕された男2人はインターネットの掲示板で知り合っており、県警は事件を計画し、ネットで仲間を募った中心的な人物が他にいるとみて、調べを進めている。

 県警は14日、2人について、住所不定、無職、伊藤基樹容疑者(28)と、名古屋市天白区原1、無職、鈴木充容疑者(42)と発表した。捜査関係者によると、別の事件に関連して警視庁が伊藤容疑者に事情を聴いていたところ、「女性を拉致した」という話をしたため、静岡県警に連絡したという。鈴木容疑者は今月11日、愛知県警中川署に出頭した。

 両容疑者は先月26日午後6時ごろ、浜松市内のスポーツクラブ駐車場で、内山さんを車ごと連れ去り監禁した疑いが持たれている。内山さんは施設を出た直後に襲われており、待ち伏せされた可能性が高く、近くの防犯カメラには関与したとみられる別の男も映っていた。

 両容疑者は「金もうけをしないか」というネット掲示板への書き込みを見て事件に加わったとみられ、「事件当日に初めて会った」と供述。「事件当日、内山さんを連れ去る計画を聞いた」という趣旨の説明をしているという。ただ、連れ去りを認める一方、遺体遺棄については「知らない」などと話しているという。

出典:毎日新聞

 

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された鈴木充容疑者のプロフィールです。

名前:鈴木充(すずき みつる)

年齢:42歳

職業:無職

在住:名古屋市天白区原1

こちらが、逮捕された伊藤基樹容疑者容疑者のプロフィールです。

名前:伊藤基樹(いとうもとき)

年齢:28歳

職業:無職

在住:住所不定

2人の容疑者は、先月26日午後6時ごろ、浜松市内のスポーツクラブ駐車場で、内山さんを車ごと連れ去り監禁した疑いで逮捕された人物で、2人はインターネットの闇サイトで知り合ったとされています。

この闇サイトに関する書き込みは「金を稼げる話がある」という趣旨のものであり、それに対する賛同者を募るような内容だったのだそうです。

そして、2人はともに「事件当日に初めて互いに会った」と供述していることから、以前からの知り合いではなく、事件当日にその場で会って場当たり的に犯行に及んだ可能性が非常に高いとのことであり、お互いをコードネームで呼び合っていたそうです。

ちなみに、2人に関しては顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して2人の容疑者は「別の男に連れ去りを指示された」と供述しているのだそうで、捜査本部は他に事件を主導した人物がいるとみて捜査をしています。

つまり、誰でも良かったわけで、殺害をすれば何らかの報酬が得られた可能性があるわけです。

この闇サイトを運営する人が事件を主謀した黒幕なのではないかとされており、その”駒”として使用されたのが、鈴木充容疑者と伊藤基樹容疑者なのではないかと推測されます。

犯行動機に関しては、誰でも良かったために、指示通りに動いたということがやはり大筋であると考えられます。

 


スポンサーリンク

 

2人が出会ったサイトは何?

では、2人はどのようなサイトで知り合ったのでしょうか?

これまでの報道によれば、2人が出会ったとされるのは、いわゆる「闇サイト」を通じてやり取りし、犯行当日に初めて会ったとみられているとのことです。

しかし、いわゆる闇サイトなのかどうなのか分かりませんが、鈴木充容疑者と伊藤基樹容疑者は、地域密着をうたった大型掲示板サイトで「金もうけになる」という趣旨の投稿を見つけて事件に加わったとみられているのです。

つまり、地域に密着した大型の掲示板を利用しており、それがすなわち闇サイトである可能性は非常に低いものと思われます。

なぜなら、大型掲示板というのは利用者数に比例してその名が付けられていると思いますが、ダークウェブなどになる闇サイトを利用しているユーザーが多いとは考えにくく、そうなってくると必然的にサーフェスウェブ上に存在してい掲示板なのではないかと思われます。

 

サーフェスウェブとは?

「サーフェス ウェブ ダークウェブ」の画像検索結果

出典:BLOGOS

我々が、普段物事を調べたりするのに、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使うことがありますが、この検索エンジン上に表示される情報のことをサーフェスウェブと呼びます。

検索エンジンでたどり着くことができるサーフェスウェブは、インターネット上にある情報の全体のおよそ1%であり、そのほかの90%ものサイトは画像でいう「ディープウェブ」という所にあるのです。

SNSなどログインすることで閲覧できるページや、社内イントラ、ブログの管理画面、ECサイトのログインページや、会員制のページなどの一般的に非公開とされるページは全てディープウェブにあるのです。

そして、これらよりももっと奥に存在しているのが、「ダークウェブ」とよばれるサイト網で、閲覧するためにはアメリカ海軍が開発した「Tor(トーア)」と呼ばれる秘匿性の高い特殊なソフトウェア(ブラウザ)を使用することが必要不可欠であり、末尾が「.com」ではなく「.onion」と特殊なドメインを用いていますので、一般の方に閲覧することは極めて困難であると言えます。

また、普通のスマホユーザーが手持ちのブラウザ(サファリやクロームなど)でダークウェブ専用のドメインにアクセスしても、表示されない現象が起きるのです。

こうして一般社会の目を欺いているためにダークウェブは犯罪の温床となっており、麻薬の密売や臓器売買などが行われている他、先日日本で盗まれた巨額の仮想通貨のマネーロンダリングなどにも用いられています。

もしかすれば、この事件でもこのダークウェブ上に掲示板を設置して人を募っていた可能性があり、そうなれば、首謀者と鈴木充容疑者・伊藤基樹容疑者はネット強者ということになるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめ記事

 

鈴木充容疑者(看護師連れ去り犯人)の顔画像を特定か!犯行動機や手口、出会った経緯などについても!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!