山脇光治スコアラーを解任か?阪神のコーチとしては無能で逮捕は朗報!タイガースがクビにしない理由は嫁が球団幹部の娘?

この記事は5分で読めます

出典:阪神タイガース

スポンサーリンク

 

仙台東署は13日までに、女性のスカート内を盗撮したとして、宮城県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、プロ野球阪神の元選手で同球団スコアラーの山脇光治(やまわき こうじ)容疑者を逮捕しました。

元阪神の選手を逮捕

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

宮城県警仙台東署は12日、兵庫県宝塚市星の荘、自称契約社員、山脇光治容疑者(55)を県迷惑行為防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕した。「盗撮する気はなかった」と容疑を否認しているという。関係者によると、山脇容疑者はプロ野球・阪神タイガースの元選手・コーチで、現在は同球団のスコアラーを務めている。

逮捕容疑は12日午後4時15分ごろ、JR仙台駅東口(仙台市宮城野区)の商業施設に入るためのエスカレーターで、女性会社員(25)のスカート内をスマートフォンで撮影したとしている。同署によると、女性が撮影されていることに気付き、周りの人が取り押さえた。

出典:毎日新聞

 

山脇光治について

こちらが、逮捕された山脇光治容疑者のプロフィールです。

「山脇光治 」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:山脇光治(やまわき こうじ)

生年月日:1962年10月13日

年齢:55歳(※2018年6月現在)

身長:172 cm

体重:67 kg

出身地:大阪府四條畷市

投球・打席:右投右打

ポジション:ショート、サード、セカンド、レフト

学歴:大阪体育大学浪商高

所属:阪神タイガース

山脇容疑者は、牛島和彦さん、ドカベンこと香川伸行さんの1年後輩として、2年生だった1979年に控え選手ながら春夏とも阪神甲子園球場の全国大会に出場した経験を持っている人物で、元阪神タイガースでプレーをした人物です。

入団3年目の1983年に一軍デビューを果たすと、1986年には、当時のレギュラーショートだった平田勝男さんの故障で一軍に昇格をし、4月26日の対中日ドラゴンズ戦で一軍初本塁打となるホームランを放ちました。

これが満塁ホームランだったのですが、この年以降は主にサードとショートの守備要員として、1990年代の前半までバイプレーヤーとして活躍をしていました。

1995年10月6日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、1995年11月15日付で現役を引退した後は、1996年〜2002年、2006年〜2015の間に古巣阪神タイガースのコーチを務め、2016年シーズンには、一軍監督へ就任した金本知憲からの要請で、球団史上初の動作解析専任スコアラーとして活動をしていました。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して山脇容疑者は「女性の後ろ姿を撮ろうしたら、風でスカートがめくれ上がった」と容疑を否認する供述をしています。

実際のところ、こうした盗撮の犯罪は自らの意志を持って行わなければならないため、盗撮する意志はあったものと思われます。

なぜなら、山脇容疑者は女性の後ろ姿を撮ろうと思ったとはなから盗撮をする意志を示していますので、その時点でアウトな訳ですが、何を今更言い訳をしているのかと非常に情けなくなります。

55歳で阪神タイガースの動作解析の専任スコアラーという重要なポジションに就いており、こうした社会的影響を考えると、なぜ盗撮を止めなかったのか疑問に思います。

自分の欲求に勝てなかったのではないかと推測されますが、このことに関して球団側は「本日(6月12日)、弊社契約社員が不適切な行為を行ったとして逮捕されました」「ファンの皆様、関係者の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを残しておりますので、多大なる迷惑がかかったことは間違いありません。

 

逮捕は朗報?

Twitter上にはこの山脇容疑者の逮捕に関して、朗報というコメントが多く寄せられています。

では、なぜここまで朗報と騒がれているのでしょうか?

元々山脇容疑者は、内外野を守るユーティリティープレーヤーとして活躍をしたのだそうですが、戦績は振るわずに現役時代やコーチ時代含め阪神タイガースファンからはなぜコーチを続けているのか分からないといった声が多く寄せられていました。

また、1992年9月11日〜12日に甲子園球場で行われた阪神タイガース対ヤクルトスワローズの1戦では、試合途中から山脇容疑者はショートとして出場したのですが、同点の延長15回裏、2ーアウト満塁の場面で打席に入り、1ボール2ストライクから岡林洋一投手が投じた4球目のスライダーにバットを止めたところ、ハーフスイングという判定で三振に倒れたという事件が発生しました。

この結果、日本プロ野球の公式戦史上最長の試合時間(6時間26分)を記録し、これが球団やファンの記憶に焼き付いて、山脇容疑者は疫病神であるという情報すら出回ったのです。

そうしたこともある上、コーチとしても現役時代にも何も活躍していないのに、「何故コーチを続けているのか?」「何故首を切らないのか?」と言った声がファンの間から上がっていたのです。

 

スポンサーリンク

 

阪神サイドはなぜ首を切らないのか?

では、阪神タイガースサイドはなぜ首を切らないのでしょうか?

Twitter上には以下のような意見があり、もしかすればこれが原因なのではないかと言われています。

山脇容疑者は、1987年のオフシーズンに一般女性と結婚をされているのですが、そのお相手である奥さんは阪神電鉄の幹部の娘さんであるとのことなのです。

そうした球団を経営する幹部の娘さんを奥さんに持つ山脇容疑者を、切りたくても切れないというのが本音なのでしょう。

また、父親の山脇容疑者の父親の山脇繁樹さんが、2015年に亡くなっているとのことで、喪主は奥さんの美幸さんが務めたのだそうです。

山脇 繁樹氏(やまわき・しげき=阪神・山脇光治外野守備走塁コーチの父)17日午後8時51分、敗血症のため、大阪・大東市内の病院で死去。78歳。通夜・告別式の場所は遺族の意向により、非公表。喪主は妻・美幸(みゆき)氏。

出典:サンケイスポーツ

この伝え方だと、山脇繁樹さんの奥さんつまり山脇容疑者の母親が美幸さんなのではないかとも捉えられるため、何とも言えないのですが、いずれにしても球団幹部の娘さんであることは変わらないのだそうです。

 

ネット上の反応

この逮捕に関して、ネット上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

一二三慎太が逮捕!共犯者や彼女の情報も判明!ツイート内容は正しかった!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!