JR栗橋駅で飛び込み自殺をした栃木県小山市の女子大生の情報がこちら!賠償金や動機などについても

この記事は3分で読めます

出典:Seesaa Wiki(ウィキ)


スポンサーリンク

 

11日午後0時20分ごろ、埼玉県久喜市のJR宇都宮線栗橋駅で、栃木県小山市の大学生の女性が列車に撥ねられ死亡するという事故が発生しました。

今回はこの事故について迫ってみたいと思います。

栗橋駅で飛び込み

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

11日午後0時20分ごろ、埼玉県久喜市のJR宇都宮線栗橋駅で、栃木県小山市の大学生の女性(22)が宇都宮駅発逗子駅行き上り快速列車(15両編成)にはねられ、死亡した。乗客にけがはなかった。

幸手署によると、運転士は女性が「(列車の)目前で飛び込んだ」と話しており、自殺の可能性が高いとみて調べている。

JR東日本によると、この事故で、宇都宮線上下線と湘南新宿ラインの一部、11本が最大約1時間半遅れ、約1800人に影響が出た。

出典:産経ニュース

 

飛び込んだ学生について

こちらが、飛び込んで亡くなった女子大生のプロフィールです。

名前:不明

年齢:22歳

職業:女子大学生

在住:栃木県小山市?

所属:栃木県小山市の大学

宇都宮駅発逗子駅行き上り快速列車に撥ねられ死亡した学生は、22歳の女子大学生であり、栃木県小山市内の大学がに通っているということです。

名前や顔画像などの詳細な情報は入ってきておりませんが、事故当時向かいのホームにいたという男性はこのように証言をしています。

 


スポンサーリンク

 

飛び降りの原因は?

では、飛び降りた原因は一体何だったのでしょうか?

22歳の大学生ということで、おそらく4年生であると考えられるのですが、もしかすれば就職活動が上手くいかなくて悩んでいたのかもしれません。

産経ニュースによれば、警察の調べでこの女子大生は自殺の可能性が高いということのようですし、誰かに突き落とされたという事件性がないことからも、おそらく自殺が原因で、何らかに思い悩んでいたということは十分に考えられるでしょう。

投身自殺は楽にこの世を終わらせることが出来るのですが、その後の処理や遺族の方が鉄道会社へする賠償金などを鑑みると非常に複雑な最期であり、あまり好ましいものではありません。

飛び降りの詳しい原因などについては情報が入り次第、追記します。

 

賠償金などについて

家族が自殺してしまった場合、遺族はとても大きな心痛に見舞われますが、自殺した家族が、他人に迷惑をかける方法で自殺してしまったとしたら、遺族はその損害賠償債務まで相続してしまう可能性があるのです。

走行中の電車に投身自殺をすると、電車が緊急停止されますが、それに伴って電鉄会社はバスやタクシーなどで振替輸送を実施したり、乗客への切符や特急料金などの払い戻しなどをしたりと、緊急の対応をしなければなりません。

これには、余計な人件費や経費もかさむほか、この事故によって車体や線路に傷がついてしまった場合は、その修理費用なども必要となってきます。

こうしたことを視野に入れると、損害賠償金額を合計した場合に数千万円以上になる可能性もあるのです。

また、事故車両に乗っていた乗客に関しても、電車の遅延によって会社に遅刻するなどの損害を被る可能性があり、満員電車などで緊急停止によってドアや座席にぶつかり怪我をしてしまった場合には、その治療費や休業損害、慰謝料なども発生することでしょう。

これに伴ってもし後遺障害が残ってしまった場合には、後遺障害慰謝料などが発生するのでさらに賠償金額が高額になる恐れがあります。

このように、電車へ投身自殺をしてしまったら、自殺者は多額の損害賠償義務を負うこととなるほか、損害賠償債務は、基本的に相続の対象になるので、本人が自殺によって他人に損害を与えた場合、その債務は相続人に相続されてしまうのです。

現在のところ、鉄道関係者の話によれば、各社それぞれ差異があることと思われますが、賠償金は100〜200万円程度であるとのことです。

これは、遺族の方が何千万円もの賠償金を支払うことは困難であるという判断とともに、高額な賠償金を請求すれば、会社の社会的な印象を悪くしてしまう危険性を孕んでいるため、賠償金にしては比較的安価に設定されているのだそうです。

とは言うものの、残された遺族の方には大金でありますし、電車遅延は多くの経済的損失を生みますので、決して投身自殺がいいと言うわけではなく、何も起きないことに越したことはありません。

もちろん、遺族の方は何も悪いわけではなく、大切な家族の一員を無くしてしまったショックと悲しみに打ち拉がれることと思われますし、そうしたところに賠償金請求などがされるとさらに追い討ちをかけてしまうこととなるため、実際は請求されないことが多いのだそうです。

いずれにしても、多くの方に迷惑をかけてしまう電車への投身自殺ですが、”楽”ということだけでその道を選んでしまうのは安易であり、やはり自殺などをせずに何とか生きる道を選択させてあげられなかったのかなと思います。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

人身事故ってなんで時間かかるの?発生から運転再開までの一部始終!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!