小島一朗容疑者の父親(実父)が他人事の理由と戸籍から外した原因がこちら!顔画像や名前、家庭環境などについても

この記事は4分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

 

世間を震撼させた東海道新幹線での殺傷事件ですが、逮捕された小島一朗容疑者の父親がインタビューに応じ、話題となっています。

容疑者父「変わった子だった」

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

神奈川県内を走行中の東京発大阪行きの東海道新幹線のぞみ265号(16両編成)で9日、男がなたで乗客を襲い、3人が殺傷される事件があり、神奈川県警は10日、殺害されたのは兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん(38)と発表した。26歳と27歳の女性が軽傷を負った。県警によると、女性の1人は梅田さんについて「止めに入ってくれた」と話している。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された無職小島一朗容疑者(22)は「誰でもよかった」などと供述。県警は11日に殺人容疑に切り替えて送検する。

小島容疑者は「生きてる価値がない」と家族に自ら命を絶つ願望を語っていた。同居していた母方の祖母(81)らによると、約半年前に「旅に出る」などと言い、愛知県岡崎市にある祖母宅を飛び出したままだった。

中学までは同県一宮市で両親や姉らと6人暮らし。中学では野球部に所属したが、いじめが原因で不登校となり、進路などを巡り父親とけんかをして関係が悪化。家を出たという。14歳から約5年は母親が働いていた自立支援施設で暮らし、この間、定時制高校に通学。その後名古屋市の職業訓練校に入り、電気工事や溶接など各種資格を取得し、埼玉県の機械メンテナンス会社に就職した。

だが人間関係がうまくいかず退社。約1年半前に母方の祖母が引き取り、養子にしたという。祖母は「私を気遣って外出の際も歩調を合わせてくれる優しい子。信じられない」。実家を出て以降、ほとんど小島容疑者に会っていないという父親は取材に「幼いころから、人の言うことを言葉通りにしか理解できなかった。変わった子だった」と話した。

出典:日刊スポーツ

 

小島一朗容疑者について

こちらが、逮捕された小島一郎容疑者のプロフィールです。

名前:小島一朗(こじま いちろう)

年齢:22歳

職業:無職(※自称)

在住:愛知県岡崎市蓑川町

出身:愛知県一宮市

学歴:定時制高校出身

小島容疑者は、神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が男に刃物で殺傷された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された人物です。

定時制高校を出身の後に、職業訓練学校と呼ばれる専門機関へと進学をし、そこで技術などの習得をしたとのことですが、人間関係の構築が上手くいかずに、人との接触を拒んでいたのだと言います。

ちなみに、こちらが逮捕された瞬間の小島容疑者の顔画像です。

出典:FNN

続報:犯行動機について亡くなった梅田さんに犯行邪魔され逆上したために行ったことが明らかとなりました↓

梅田耕太郎さんに犯行を邪魔され逆上!BASFジャパン勤務で遺体には60箇所以上の刺し傷が!【新幹線刺傷事件】

 

小島一朗の父親がヤバい

小島容疑者は、定時制の高校を卒業後、職業訓練学校を経て、愛知県岡崎市内の機械修理会社に就職をしているのですが、人間関係のトラブルなどが発生しているために、わずか1年で退職を余儀無くされています。

自閉症と診断されたり、学校ではいじめを受けていたために不登校となるなど、社会から逸脱していったのだそうで、それに追い討ちをかけるように相談所に14歳で入所させられています。

また、小島容疑者が21歳の時には、実の両親との戸籍から離脱しており、そんな小島容疑者を引き取ったのは祖母であったと言います。

「15歳で家を出て、〇〇相談所から下宿という形で高校へ通っていましたので、それ以来私は会っていませんので、記憶がちょっと曖昧なところがあります」と非常に他人事のようなコメントを出しています。

そのため、両親の十分な愛情を感じなかった小島一朗容疑者は、祖母に溺愛されることとなるのですが、家出をする際には祖母自身の銀行のキャッシュカードを渡していたのだそうです。

ちなみに、実父に関しては名前や顔画像などの情報は入ってきておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ戸籍から外したのか?

では、なぜ実父は戸籍から小島容疑者の名前を消したのでしょうか?

フジテレビ系列の報道番組である「Mr.サンデー」が実父へ取材を試みたところ、インタビューで以下のようなことを話していたのだそうです。

記者:なぜ戸籍から外したのか?

実父:本人の意思で。(施設が)学校から近いというのもあっと思いますけど。うちには居たくなかったというか、出て行くつもりだったようで

記者:本人が家に居たくないと?

実父:はい

記者:何があったと考えらますか?

実父:本人から直接聞いてください。うちが追い出したわけでもないんですけど、本人が正しいというなら正しい道を選びなさいというのが当時の父としての言い方でありまして

このやり取りをみても、かなり他人事のような対応をしていることがお分りいただけたのではないでしょうか?

しかしながら、小島容疑者の身元引き受け人である伯父の身上書によれば、両親のネグレクト(育児放棄)が原因である可能性が非常に高いとのことです。

出典:You Tube

元々、小島容疑者は成績がよくオール5を取るほどだったそうですが、こうしたネグレクトやいじめを受けて徐々に孤立していき、追い込まれていったのです。

実父は本人の意思で戸籍を離脱させたと語っていますが、親が愛情を持って育てていたのであればこうしたことをする訳もなく、立派に成長するまで親として責任を果たすことが重要だと思われますので、まさに自己中心的で身勝手な言い分であると思われます。

こういう他人事のような対応にも批判が殺到しているほか、謝罪のコメントも他人事であるために、闇が深いという意見も出ています。

いずれにしても、家庭環境によって構築された人間性というのも少なからず関係していると思われますので、この父親の対応は一層の波紋が広がることでしょう。

続報:犯行動機について亡くなった梅田さんに犯行邪魔され逆上したために行ったことが明らかとなりました↓

梅田耕太郎さんに犯行を邪魔され逆上!BASFジャパン勤務で遺体には60箇所以上の刺し傷が!【新幹線刺傷事件】

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

梅田耕太郎さんに犯行を邪魔され逆上!BASFジャパン勤務で遺体には60箇所以上の刺し傷が!【新幹線刺傷事件】

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!