法政大学で講義用ノートを盗撮した学生の情報がこちら!多摩キャンパス2年生で、ミクロ経済学を専攻か?

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

MARCHの一角を担っており、東京近郊の私立大学では偏差値がそこそこ高い大学として知られている東京六大学の一つ、法政大学のとある学生が非常識な行動を取っているとして、話題となっています。

法政大学の学生が常識のない行動

JCASTニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

法政大の学生が講義中に非常識な行動を取っていたとの報告がツイッターに寄せられ、インターネット上に「ありえない」「流石にこれは…」といった疑問や批判の声が出ている。

話題となった投稿などによれば、学生の受講態度に激怒した教授が、講義を中断して教室から去った後に「事件」は起きたという。

騒動の発端となったのは、法政大社会学部の学生だというあるユーザーが2018年6月6日に投稿したツイートだ。

「先生が教室出てってから先生が置いてったノートの写真撮るために群がってる連中がいる笑 これは許される行為なのだろうか?」(原文ママ)

投稿には、教壇の周りに10人近くの男女が集まっている写真も添えられており、中心にいる男子学生が机の上をスマホで撮影している様子が確認できる。周囲の学生は、こうした行為を笑顔で見ている。

いったい、何があったのか。一連の騒動を同じ教室で目撃したという投稿者とは別のある学生は7日、J-CASTニュースのツイッターを通じた取材に応じ、トラブルの経緯について次のように説明した。

まず、この講義は「ミクロ経済学」で、受講生が多いため大教室で行われていた。担当教授が離席したのは、一部の学生が教室の後方で床に寝そべり、スマホをいじりながら談笑していたためだ。

教授はこうした一部学生の受講態度を咎めたが、当人たちは注意を無視。これに教授が激怒し、講義に必要な道具を放置したまま教室を去って行った。その後、別の学生たちが教壇に残された講義用のノートの撮影を始めたという。

出典:JCASTニュース

 

問題の投稿とは?

では、問題があった投稿は一体どのようなものだったのでしょうか?

投稿したユーザーさんは、@ZATU_meloさんという方ですが、現在はツイートは非公開となっておりますので、こちらでご紹介します。

ミクロの先生が教室出てってから先生が置いてったノートの写真撮るために群がってる連中がいる笑これは許される行為なのだろうか?

#法政大学

 

出典:https://twitter.com/zatu_melo/status/1004238230688944128?s=21

多くの学生が教壇に群がっている様子が映し出されており、スマホでノートのような資料を撮影している様子なども伺えます。

また、注意する様子もなく、淡々とこなしていることからも、悪いという意識そのものが欠如しているように思えます。

 

盗撮が行われた場所は?

盗撮が行われた場所は、東京都町田市相原町4342にある法政大学多摩キャンパスであるということで、JR線西八王子駅・相原駅、京王線めじろ台駅からバスで約10~20分ほどの場所に位置しています。

経済・社会・現代福祉・スポーツ健康学部、および大学院の学生が学んでいるために、主に文系の学生が多いのも特徴です。

出典:https://twitter.com/zatu_melo/status/1004238230688944128?s=21

そして、問題のあった授業は「ミクロ経済学」ということで、経済学の中でも特に理解が難しいとされている分野であり、教授のノートを盗撮したくなる気持ちも分からなくもないですが、モラルや常識的に考えて、このような行動を取るのは学生や大学のイメージダウンにも繋がりますし、不適切であると言えます。

 

スポンサーリンク

 

盗撮をした学生は?

では、盗撮をした学生は一体誰なのでしょうか?

ミクロ経済学を授業で取り入れている学部は、経済学部と経営学部の二つが存在していますが、経営学部は市ヶ谷キャンパスであるために、必然的に経済学部の人物ということになるでしょう。

また、経済学部には「経済学科」「現代ビジネス学科」「国際経済学科」の3種類が存在しており、そのなかでも選択必修や自由選択を含めるとミクロ経済学を受講するのは主に2年生ということになります。

仮に必修で単位を落としている場合には、3〜4年生であるという可能性も十分に考えられますが、主に2年生であるとみて間違いないでしょう。

しかしながら、盗撮をした学生の顔画像や名前などの詳細な情報は公開されておらず、また特定するにも至りませんでしたので、こちらん関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

また。JCASTの取材に対して法政大学側は「本学として、学生のプライバシーへのご配慮もお願い申し上げます」とのコメントを残していますので、今後特定はされないのではないかと思われます。

 

この行為はなぜ批判されるのか?

そもそも、この行為はなぜ批判されているのでしょうか?

確かに、言われていみれば民度が低いという見解も十分に理解できますし、そもそも他人の所有物でありますから、盗撮をすることは物や所有物であっても、場合によってはプライバシー権の侵害として、民事上の不法行為責任を負う場合があります。

ましてや大事な授業の資料ですので、これを盗撮されてしまってはテストなどが丸裸になるだけでなく、学問として成り立たなくなってしまうでしょう。

しかしながら、私立大学というのは学校法人によって経営されていますので、いわゆる会社であり、学生は貴重で大切なお客様の1人であります。

高い授業料を払ってくれていますので、学生に対して強く意見を言えないことも分かりますが、授業態度が気にくわないといて出て行った教授のノートを盗撮するその神経もどうかしているのではないかと思われます。

親のお金で学生生活を送っていて、さらに勉強もせずに盗撮をしたデータを元に単位を取得してその後に社会に出てなんのメリットがあるのでしょうか?

とにかくいいところに就職したいという、思惑で法政大学を選んで難関の受験を突破してきたのでしょうが、なんでもいいから単位が欲しいと単位のためにこうした非常識な行動を取ってしまっては本末転倒です。

学生の本分は勉学に励むことであり、その息抜きで遊んだり一生の財産となる友人を作ったり交友関係を広げたりすることが大切です。

しかしながら、こうした無意味な行動はかえって自分自身を追い込むことになるだけでなく、今後社会に出た時にもなんら役に立たない能力を身につけてしまうことになるでしょう。

取引先が忘れていった資料などを盗撮したり、上司のパソコンや資料などを出来心で盗撮をしてしまう危険性も孕んでおり、そうなれば今回のように”炎上”だけでは済まされなくなってしまいます。

盗撮をした学生には、今一度自分が犯した過ちを反省するとともに、そうしたを学生は世の中は必要としていないということを再度認識することが必要となってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大学生「スーパーで踊ろうぜ!」⇨モラルのなさにネットで批判殺到…

 
error: You never click here!!