桐生のぞみの顔画像判明!滋賀医大付属病院勤務の看護師で清和寮で生活!バラバラ殺人の動機などについても

この記事は4分で読めます

出典:JNN


スポンサーリンク

 

滋賀県守山市の河川敷で3月、切断されたとみられる女性の胴体部分が見つかった事件で、県警は5日、同県草津市の看護師、桐生のぞみ容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

守山市の遺体バラバラ事件で容疑者を逮捕

日経新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

滋賀県守山市の河川敷で3月、切断された女性の胴体部分の遺体が見つかった事件で、守山署捜査本部は5日、同県草津市笠山7、看護師、桐生のぞみ容疑者(31)を死体遺棄の疑いで逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。

捜査本部は遺体の女性の身元を、桐生容疑者の母親で無職、しのぶさん(当時58)=守山市水保町=と明らかにした。死亡した経緯についても桐生容疑者が事情を知っている可能性があるとみて調べる。

捜査本部によると、遺棄現場近くの聞き込みで、しのぶさんの行方が分からなくなっていることが分かった。桐生容疑者は長女で、当時しのぶさんと同居していたが、4月から病院に勤務するのに伴い、寮に転居していた。行方不明届は出ていなかった。DNA型鑑定で遺体の身元を特定した。

逮捕容疑は、しのぶさんが最後に医療機関を利用した1月19日から、遺体が発見された3月10日までの間、守山市今浜町の旧野洲川河川敷で、遺体を遺棄した疑い。

遺体は、地面に放置された状態で見つかった。所持品や着衣はなく、切断面以外に目立った外傷はなかった。頭部などは見つかっていない。

しのぶさん宅の近くに住む男性は「1カ月半ぐらい前に姿を見ていないことに気付いた。近所付き合いのない家だった」と話した。別の男性(46)は「1週間ぐらい前に桐生容疑者が犬の散歩をしていて、あいさつを交わした」と述べた。桐生容疑者を知る近所の女性(50)は「医大を目指すぐらい勉強はできたが、コミュニケーションが不得意だった。一緒に買い物をするなど仲は良かった」と振り返った

出典:日経新聞

 

桐生のぞみ容疑者について

こちらが、逮捕された桐生容疑者のプロフィールです。

名前:桐生のぞみ

年齢:31歳

職業:看護師

在住:滋賀県草津市笠山7丁目7−17

被害者との続柄:娘

学歴;滋賀医大

桐生容疑者は、桐生容疑者は自身の母親である桐生しのぶさんが最後に医療機関を利用した1月19日から、遺体が発見された3月10日までの間、守山市今浜町の旧野洲川河川敷で、遺体を遺棄した疑いで逮捕された人物です。

事件当時、桐生容疑者としのぶさんは2人暮らしで、桐生容疑者からしのぶさんの行方不明届は出ていなかったのだそうです。

近隣住民の方の話によれば、まじめそうで大人しそうという印象であったそうで、あまり事件を起こすような性格ではなかったことをうかがわせます。

そして、こちらが報道機関によって公開された桐生容疑者の顔画像です。

出典:JNN

 

この事件について

犯行動機に関しては、報道機関の発表によれば、警察の調べに対して桐生容疑者は「やっていない」と容疑を否認しているということのようです。

この事件はそもそも、2018年3月に、滋賀県守山市今浜町の河川敷で女性の遺体の胴体部分が見つかり、警察が捜査本部を立ち上げ、捜査していたというもので、遺体はは、地面に放置された状態で見つかったほか、所持品や着衣はなく、切断面以外に目立った外傷はなかったのだそうです。

さらに、頭部は未だ見つかっておらず、かなり不可解な事件であることは否めません。

司法解剖の結果、遺体が桐生容疑者の母親であるしのぶさんであることが分かったのですが、しのぶさんは遺体発見当時、死後1~2週間が経過し、一部は白骨化していたということで、遺体を遺棄したおよそ1〜2週間ほど前に殺害をしたのではないかとされています。

胴体部分が見つかったということは、バラバラ殺人の可能性が浮上するのですが、目立った外傷がないということで、何らかの形で殺害されたのちに遺体を切断された可能性が非常に高くなってくると思われます。

病死によって亡くなってしまった母親のご遺体の処理をめんどくさくなって遺棄したということも考えられなくはないのですが、普通は行政に申し出ると思いますので、まずその線は薄いでしょう。

そうなると遺棄をした人物が殺害をしたということで、間違いなさそうですし、何を持って殺害をしたのかは定かではありませんが、まず殺人の容疑での際逮捕がされるとみて間違いないでしょう。

 


スポンサーリンク

 

看護師で寮生活

中日新聞に、非常に興味深い記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

捜査一課によると、2人は当時、遺棄現場から西に250メートルの一軒家で同居していた。しのぶさんの行方不明者届は出ていなかった。関係者によると、桐生容疑者は3月に滋賀医科大(大津市)を卒業し、4月から同大の付属病院で働き始め、寮に引っ越していた。

出典:中日新聞

つまり、桐生容疑者は滋賀県大津市瀬田月輪町にある、国立大学の滋賀医科大学を卒業し、その付属病院に配属され勤務をしていたということになるのです。

さらに、寮に引っ越していたということで、現在の在住はそちらの寮であることも判明しています。

桐生容疑者は、「滋賀医科大学 看護師宿舎 清和寮」という場所に住んで生活をしており、こちらがその寮の詳細であります。

 

遺体発見現場は?

こちらが、遺体発見現場であるとのことです。

そして、遺体発見現場から寮までの道のりは以下のようになっています。

車でおよそ40分と比較的近い距離にあるということですし、実家である桐生しのぶさんが殺害された現場と遺体発見現場およそ250メートル付近であり、非常に至近距離であるとのことです。

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

前述した通り、警察の調べに対して桐生容疑者は容疑を否認しているのですが、おそらく家族間で何らかのトラブルがあったのではないかと推測されるのです。

保険金目当てでの殺害なども考えられるのですが、あまりにも残忍な殺害方法であるために、その可能性は非常に低いことでしょう。

遺体をバラバラにする犯罪の心理としては、遺体発見を遅らせたり、猟奇的で異常なまでの犯罪性がある場合、もしくは強い憎悪がある場合に行われることがあるそうなので、いずれかに該当することでしょう。

単純に保険金目当てで殺害をする場合は、事故死に見せかけて殺害をする必要性がありますので、まずはその線は考えにくいのではないかと思われます。

いずれにしても、非常に残忍な殺害方法であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

桐生のぞみ(守山バラバラ犯人)は滋賀医大卒で顔画像を特定か!犯行動機や事件の真相についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!