野崎幸助(紀州のドンファン)の犯人の情報がこちら!押収された薬品がヤバい!家政婦やSさんの共謀についても

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

紀州のドンファンこと、野崎幸助さんが不審死を遂げた事件で、警察は東京都内の親族の家などを家宅捜索していることが明らかとなりました。

紀州のドンファンは殺害事件の可能性が?

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

和歌山県田辺市の自宅で5月24日に死亡しているのが見つかった会社経営野崎幸助さん(77)について、県警は3日までに、殺害された疑いがあると判断し、殺人容疑で自宅や東京都内の親族宅など複数の関係先を家宅捜索した。捜査関係者への取材で分かった。野崎さんの遺体からは致死量を超える覚せい剤の成分が検出されており、県警は何者かに摂取させられた可能性があるとみて、同容疑などで捜査を進めている。

捜査関係者によると、野崎さんは5月24日夜、同市の自宅で死亡しているのが見つかった。目立った外傷などはなく、解剖の結果、多量の覚せい剤の成分が検出された。
県警は、親族や会社関係者らから事情聴取したほか、周辺に覚せい剤を使用した人物がいないかなど捜査を進めてきた。その結果、野崎さんが殺害された疑いがあると判断。容疑者不詳の殺人容疑で3日までに、野崎さん宅や会社のほか、都内の親族宅や知人宅など複数箇所を家宅捜索した。
知人宅には3日午前、段ボールを持つなどした県警の捜査員が入った。
野崎さんは田辺市で不動産・金融保険会社を経営し、資産家として知られていた。自身の女性遍歴などを記した「紀州のドン・ファン」などの著書がある。

出典:時事通信社

 

 

嫁について

では、野崎さんの奥さんは一体どのような人物なのでしょうか?

こちらが、野崎さんの奥さんである人物のプロフィールです。

出典:NEWSポストセブン

名前:Sさん

愛称:さっちゃん

年齢:22歳

職業:モデル

出身:北海道

野崎さんの奥さんとして騒がれている女性は、モデルのSさんということで、髪が長くスレンダーな印象を受けます。

Sさんは、野崎さんが週1で通う東京にある高級デートクラブであったそうで、Sさんはもともとそのデートクラブに登録していたとされる水商売の女性でもあります。

モデルということで、売れっ子であれば名前などの情報があるのかと思い調査をしましたが、残念ながら、Sさんに関しては現時点で顔画像な名前などの情報は入ってきておらず、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

しかしながら、野崎さんの界隈ではこのSさんは「さっちゃん」という愛称で親しまれていたということが明らかとなりました。

こんな時間に電話があるなんておかしい。いやな予感がしたボクはKさんに電話をした。

すると――。

「社長、死んだ……。亡くなった」

Kさんの沈んだ声が飛び込んできた。

信じられない。必死で声を絞り出した。

「いつ?」

「夜の10時に……。救急車を呼んだけどダメだった。遺体は警察に連れられて解剖されるって」

「さっちゃんはいる?」

さっちゃんとは、ドンファンが今年2月に結婚した、55歳年下の妻のことだ。ボクも何度も彼女に会っている。電話をさっちゃんに替わってもらった。

「気をしっかりとするんだよ。ボクも直ぐに行くから」
「分かりました。よろしくお願いします」

出典:現代ビジネス

 

家政婦について

こちらが、野崎幸助さんの家政婦をしているされている竹田純代さんのプロフィールです。

「竹田すみよ」の画像検索結果

出典:そらてん日記

名前:竹田純代(たけだ すみよ) 

年齢:66歳 

職業:秘書兼家政婦

住所:東京港区六本木のマンション

家族構成:娘

秘書の竹田さんと亡くなった野崎さんとは30年来の知り合いであるそうで、出会いのきっかけは竹田純代さんが六本木のクラブで従業員として従事していた際に、お客さんとして野崎さんが来店した事がきっかけであるそうです。

家政婦としては事件当日からおよそ8ヶ月前から勤務しているということで、給与形態は日当1万円だったところを最近に直談判で交渉して1万5千円に引き上げてもらったのだそうです。

仕事内容に関しては、およそ1年ほど前から月に10日ほど、自宅のある東京から田辺市内の野崎さん宅に住み込みで通って、料理や雑用など身の回りの世話をしていたのだといいます。

 

スポンサーリンク

 

妻とは仲良し?

そんな、竹田さんですが、奥さんであるさっちゃん(Sさん)とは仲が良かったという情報も入ってきています。

竹田さんはSさんが運転免許取得のために通う教習所への送り迎えをしたり、スーパー銭湯に同行するなど、野崎さんが絡まないプライベートな部分まで時間を共有していたのだといい、仲は親密であったとされています。

また、亡くなる直前の5月初旬から中旬にかけて、竹田さんが住んでいるという六本木のマンションのエレベーター内でSさんが竹田さんの住む階で降りたという情報も入ってきており、やはりプライベートな部分でも親密な交際があったことは事実のようです。

つまり、さっちゃんと竹田さんは仲が良かったということになりますが、このプライベートな時間で何を話していたのかなどは明らかとなっておりません。

 

バイアグラと称して覚せい剤を?

そんな奥さんであるSさんと竹田さんは、非常に仲が良かったということで、今回の事件は共謀して行ったのではないかという説まで提唱されています。

元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏を取材したデイリースポーツによれば、以下のようなコメントを話していたそうです。

和歌山県警は同29日に家宅捜査して押収されたものもあったが、小川氏は「具体的な品名を明かすことは警察から止められているようです」と明かした。

出典:デイリースポーツ

家宅捜索の際には、何らかあの薬品が押収されたそうなのですが、それについては明かされていないということです。

さらに調べによれば、違法バイアグラと呼ばれる薬品には、覚せい剤と類似する成分が含まれていることがあるために、この違法バイアグラを奥さんが野崎さんに渡してたのではないかと推測されています。

野崎さんは77歳と高齢でありますし、夜の営みに関しては絶倫ということはないと竹田さんが証言していますので、それを気遣って奥さんがバイアグラを渡した可能性も十分に考えられます。

そして、それには覚せい剤と同じ成分が検出されたために、警察も報道を控えるように促したのではないでしょうか?

 

なぜ服用を?

では、なぜ服用をしたのでしょうか?

そもそもバイアグラとはシルデナフィルという成分の薬品を用いており、男性側の不妊治療などに効果があるとされるものです。

精力剤という意味合いもあり、夜の生活には欠かせないという人もいるほか、松居一代さんと船越英一郎さんとの離婚の原因にもなったのがこのバイアグラであると言われています。

もしも仮に、55歳下の美人奥さんからこのバイアグラを渡された場合、野崎さんはどのような心境であるのでしょうか?

自分の夜の生活が奥さんを満足させて挙げられていないのでは?と罪悪感に苛まれてしまい、大量の薬(バイアグラと思しきもの)を自ら服用するといったことも考えられるのではないでしょうか?

また、竹田さんは奥さんであるSさんに関して、以下のようなコメントを残しています。

社長は女好き。趣味が女。彼女(妻)もあまりペラペラ話すんじゃなく無口だけど、社長も若くてピチピチだから幸せそうでした

出典:デイリースポーツ

つまり、野崎さんは奥さんのことを溺愛しており、毎月100万円もお小遣いをあげるなど、待遇がVIPであるだけに、やはり夜の生活に不安を抱えていたのではないでしょうか?

そこに、追い討ちをかけるようにバイアグラと思しき薬品を手渡されてしまったために、悩みに悩んで服用を決意したのではないかと推測されます。

高齢者であるならば、少量でも覚せい剤は死に至るということで、大量でなくても致死量になるのだそうです。

いずれにしても、非常に不可解な事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

竹田純代(野崎幸助 家政婦)の顔画像判明で妻のSとは親密な関係!2人は共謀して覚せい剤で殺害か?

 
error: You never click here!!