野崎幸助の嫁 さっちゃんの不審な行動がヤバい!就寝前のビールに覚せい剤を投与か?

この記事は6分で読めます

出典:antenna.jp


スポンサーリンク

 

紀州のドン・ファンこと、資産家として知られる野崎幸助さんが謎の死を遂げた問題で、遺体から大量の覚せい剤が検出されたということから、警察が慎重に捜査を進めているのですが、通夜の際に奥さんのあまりにも非常識すぎる行動に遺族から怒号が飛んでいるということです。

奥さんへ怒号が

NEWS ポストセブン他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

和歌山県で酒類販売業や不動産業などを営む実業家、野崎幸助氏(77)が急逝した件では、遺体から大量の覚醒剤成分が検出され、事件性が取り沙汰されている。警察は、今年2月に結婚したばかりの55歳年下の自称モデル・Sさんにも死亡に至る経緯を聞くなどして、慎重に調べを進めている。

野崎氏は多くの女性と交際し、交際クラブなどで女性と出会っていることを公言し、「紀州のドン・ファン」の呼び名で知られた。週刊ポストの取材では「(交際クラブの)入会金は100万円です」と語っていた。

野崎氏が急死したのは5月24日。遺体は解剖されたため、通夜は5日後の29日に執り行われた。通夜に出席した関係者が明かす。

「(野崎氏の)親族のひとりが怒鳴っていて。『いくらなんでも、おかしいんじゃないか』って。別の親族は『通夜の場でそんなこと言うものじゃない』となだめていましたが、Sさんはヘラヘラ笑っていたんです。

それを見て先ほどの親族が『挨拶もないんかい』『なんで笑うんや』『死んで嬉しいんかい!』と怒鳴っていました。それを見てもSさんはスマホをいじっていた」

翌日の葬儀でもスマートフォンをいじる姿が目撃されていたというが、棺に花を入れる時には、周囲の泣き声とともに、Sさんも鼻をすすって目に涙を浮かべていたという。

55歳年上の夫の死に、何を思っていたのだろうか。

出典:NEWS ポストセブン

 

野崎幸助について

こちらが、亡くなった野崎幸助さんのプロフィールです。

名前:野崎幸助(のざき こうすけ)

生年月日:1941年生まれ

年齢:77歳

職業:金融・不動産関連会社社長

在住:和歌山県田辺市

野崎さんは、田辺市で酒類販売業や金融業を営む資産家で、2016年に自身の女性関係や半生を本に著し、テレビや週刊誌にも取り上げられ話題となっていた人物でありります。

地元の中学校を卒業した後、男性用ゴムの訪問販売や鉄屑広い、貸金業、酒類販売など様々な商売を手広く展開し、無一文から巨額の資産を築いたとされています。

ヨーロッパの伝説上の放蕩児(ほうとうじ)にちなみ「紀州のドン・ファン」とも呼ばれ、2016年12月には、「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」という著書まで出版しています。

また、わざわざ和歌山から週1回のペースで、東京のデートクラブへと趣き、デートクラブで相手をした女性に対して1回30万~50万円のチップを払うのがお約束となるなどしていました。

そんな羽振りの良い生活をしていながらも、生涯で築き上げた総資産は数十億円以上とも言われており、高額納税者番付には常連となることもあったと言います。

 

嫁について

では、野崎さんの奥さんは一体どのような人物なのでしょうか?

こちらが、野崎さんの奥さんである人物のプロフィールです。

名前:Sさん

愛称:さっちゃん

年齢:22歳

職業:モデル

出身:北海道

野崎さんの奥さんとして騒がれている女性は、モデルのSさんということで、髪が長くスレンダーな印象を受けます。

Sさんは、野崎さんが週1で通う東京にある高級デートクラブであったそうで、Sさんはもともとそのデートクラブに登録していたとされる水商売の女性でもあります。

モデルということで、売れっ子であれば名前などの情報があるのかと思い調査をしましたが、残念ながら、Sさんに関しては現時点で顔画像な名前などの情報は入ってきておらず、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

しかしながら、野崎さんの界隈ではこのSさんは「さっちゃん」という愛称で親しまれていたということが明らかとなりました。

こんな時間に電話があるなんておかしい。いやな予感がしたボクはKさんに電話をした。

すると――。

「社長、死んだ……。亡くなった」

Kさんの沈んだ声が飛び込んできた。

信じられない。必死で声を絞り出した。

「いつ?」

「夜の10時に……。救急車を呼んだけどダメだった。遺体は警察に連れられて解剖されるって」

「さっちゃんはいる?」

さっちゃんとは、ドンファンが今年2月に結婚した、55歳年下の妻のことだ。ボクも何度も彼女に会っている。電話をさっちゃんに替わってもらった。

「気をしっかりとするんだよ。ボクも直ぐに行くから」
「分かりました。よろしくお願いします」

出典:現代ビジネス

続報:野崎幸助さんの奥さんの名前や顔画像などが公開されました↓

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

 

嫁の行動が常軌を逸している

NEWSポストセブンの記事にもありましたが、この奥さんであるさっちゃん(Sさん)は、お通夜の場でヘラヘラ笑っていたそうで、遺族や親族の方から注意されてもスマホをいじるなど、到底常識のある人間が行うとは思えない行動をしているのです。

普通、自分の旦那さんが亡くなったのであれば、一番の身寄りであるさっちゃんが喪主を務めるなど、通夜・葬儀には積極的に参加するのが普通だと思われますが、そのような様子は一切見受けられず、旦那さんの死を悲しむような素振りは全く見受けられないのです。

なぜこのような行動を取ったのかと言えば、もともと遺産目的で結婚をしたという噂があるからで、さっちゃんと野崎さんは夫婦といいう関係になってからおよそ3ヶ月半であり、そのうちに共に暮らした期間はわずか1ヶ月半ほどしかなかったのだそうです。

つまり、早くいなくなって欲しいとしか思ってなかったのではないかと推測されます。

続報:野崎幸助さんの奥さんの名前や顔画像などが公開されました↓

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

 


スポンサーリンク

 

事件当時を嫁が振り返る

事件が起こった日の午後からの野崎さんとさっちゃんの足取りについて、さっちゃん本人が以下のように証言しています。

4時すぎには2階で相撲をテレビ観戦し、6時前には一階リビングで社長はビールを飲みましたが、残したんです。Kさんが作って置いてくれたうどんには手を付けませんでした。それで一人で2階に上がったんです。私は下のテレビを見ていて、Kさんが帰ってきた7時半ごろから10時ごろまでリビングにいて、それから上に行って遺体を見つけたんです

出典:現代ビジネス

もしこれが本当であるとするのであれば、さっちゃんは野崎さんの遺体に触れていることはないために、野崎さん自ら覚せい剤を服用したということになります。

さらに、さっちゃんは以下のような証言もしています。

その日は、夕方からビールを飲みながら、リビングで一緒に社長の好きな相撲中継を見ていました。社長が『先に寝るね』と、私に言って2階の寝室に上がったのは6時過ぎ。でも8時ごろに、上からゴトゴトと音がしたんです。普段ならすぐに熟睡するのに変だなと思ったんですが、トイレだろうと気にしませんでした。でも、夜10時ごろに私も寝ようと寝室へ上がったら……。慌てて声をかけたんですが、すでに息はありませんでした

出典: FRIDAY

死亡推定時刻ははっきりと分かっておりませんが、遺体発見時にはすでに死後硬直が始まっていたということで、死後少なくとも2〜3時間以上は経過しているということになります。

続報:野崎幸助さんの奥さんの名前や顔画像などが公開されました↓

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

 

殺害の可能性は?

もっとも、この不審死は奥さんによる殺害の線が濃厚であるのですが、一体どのように覚醒を投与したのでしょうか?

考えられるとするのであれば、18:00前に野崎さんが一階のリビングでビールを飲んだ際に、その中に粉末状にした致死量以上の覚せい剤の水溶液を混ぜ、そのまま帰らぬ人となってしまったパターンです。

野崎さんは気持ち悪くなったのか、作ってくれがたはずのうどんには手をつけず、2階で「ゴトゴト」という音がしたのは、覚せい剤に悶え苦しむ野崎さんの様子だったのではないかと推測されます。

死後2〜3時間ということは、遺体を発見する22:00より前に亡くなっていることになり、そうなれば最後に口にしたビールが怪しいとなるのは明白です。

そこに覚せい剤を投与するというのは、容易にできると考えられるために、殺害の可能性が十分にあると言えるでしょう。

ちなみに、若い人に比べて高齢者の方が、わずかな覚せい剤でも十分致死量となる可能性はあるのだそうです。

続報:野崎幸助さんの奥さんの名前や顔画像などが公開されました↓

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

 

覚せい剤を毛嫌いしていた

そんな野崎さんですが、以前から親交のあるデヴィ夫人や周囲の人の証言によれば、覚せい剤などを毛嫌いしていたということです。

2018年2月に野﨑さん夫妻を、誕生日パーティに招待したデヴィ夫人は「『今度この子と結婚するんだ』みたいなこと言ってたけど、全然いつもの通りでしたよ」と話しています。
また、野崎さんが覚せい剤を使用していたかどうかについて聞かれた際にはデヴィ夫人は以下のようなコメントをしています。

「一切ありません!一切ありません!彼は少なくとも2か月に一回は病院で精密検査をなさる方。健康には非常に気を付けて健康第一の生活をしていらしたんですよ。女性はお好きでしたけどね。生きる気満々の方」

出典:FNN 

さらに、野崎さんと30年来の親友である人物の話によれば、野崎さんは覚せい剤に対して「あんなバカバカしいのない」と毛嫌いした様子だったそうで、野崎さんの自宅の近くに住む住民の話では「覚せい剤使うような人では全然ない。普通に紳士なおっちゃん。おかしい人とかではない」と、周りからも覚せい剤を常用しているような人ではないという評判があります。

すなわち、自ら覚せい剤を投与し自殺をしたということは考えにくく、やはり何者かによって投与され殺害されたという見解で間違い無いでしょう。

続報:野崎幸助さんの奥さんの名前や顔画像などが公開されました↓

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

野崎早貴(紀州のドンファン 妻)が犯人か?ホストクラブ通いや黒い人脈、愛犬イブの変死も関係か?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!