内田正人前監督は嘘をついていた!虚偽の証言で今後の処分についても!

この記事は3分で読めます

出典:そらてん日記


スポンサーリンク

 

日大アメフト部による悪質なタックル問題で、29日、関東学生アメリカンフットボール連盟(関東学連)が記者会見を開き、日大への処分を発表すると共に、内田前監督らが虚偽の証言をしているということが明らかとなりました。

内田前監督らの証言を全面否定

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

関東学生アメリカンフットボール連盟(関東学連)が29日、臨時理事会を開き、悪質タックル問題で揺れる日大への処分を発表した。

この日夜、同学連の柿沢優二理事長(63)らが都内で会見。問題を調査した同学連の規律委員会(5月9日発足)が日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)が宮川泰介選手(20)に悪質なタックルを指示したと認定。内田前監督(62)と井上前コーチを8段階の処分のうち最も重く事実上の永久追放にあたる除名処分とした。

守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い資格剥奪、危険なタックルをした宮川選手には2018年シーズン終了までの出場資格停止処分。チームとしての日大には公式試合の資格剥奪処分が課された。

規律委員会の森本啓司専務理事(48)は今回の処分は「内田前監督らがウソをついているという判断のもと、下されたものか?」と聞かれ、「その通りです。私たちの調査、認定したことと彼らの我々の調査でも主張する『自分たちは(指示を)やっていない』という態度に対しての処分でもある」と答えた。

(ー中略ー)

出典:スポーツ報知

 

それぞれの処分について

では、日大の首脳陣や当該選手、アメフト部は一体どのような処分に追い込まれてしまったのでしょうか?

▶︎内田正人前監督

・除名処分(事実上の永久追放)

▶︎井上奨前コーチ

・除名処分(事実上の永久追放)

▶︎森琢ヘッドコーチ

・資格剥奪(登録抹消)

▶︎宮川泰介選手

・出場資格停止処分(2018シーズン終了時まで ※救済措置あり)

▶︎日大アメフト部

・出場資格停止処分(来年3月31日までの1シーズン ※救済措置あり)

今回の処分では、内田前監督と井上前コーチは処分の中でもっとも重いとされ事実上のアメフトか永久追放に当たる、「除名処分」と受けており、森ヘッドコーチはその次に重いとされる「資格剥奪」の処分を受けています。

当該選手である宮川選手と日大アメフト部関しては「2018シーズンの出場資格の停止処分」というこれも重い罰則が下されているのですが、宮川選手は「規律委員会との面談で再発の危険が払拭されたと確認されること」を条件に停止解除の救済措置があり、日大アメフト部は「チームとしての原因究明と再発防止策の策定、実施、抜本的なチーム改革と組織改革の断行が、関東学連の検証委員会(人選及び設置は理事会で決定)によって確認されることを条件に救いの手が差し伸べられています。

この処分からも分かるように、日大アメフト部の首脳陣には非常に重い処分が下され、当該選手やチームそのものには寛大であるという点からも、関東学連側はタックルの指示があったことを認めたという結果に繋がるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

審判は1プレー目で怒鳴りつけていた

問題のあった試合では、日大の宮川選手はプレー開始の1プレー目にあのような悪質なタックルをしているのですが、問題の行為は審判の目の前で行われています。

アメフトでは反則をした際に”イエローフラッグ”と呼ばれる(サッカーではイエローカードのようなもの)旗が反則行為があった地点に投げられるのですが、審判の目の前で行われた悪質極まりない反則であるだけにその場の審判は「何をしているんだ」と即座に怒鳴りつけたのだそうです。

宮川選手はこれに対して「はい。すみません」と即答をしたために審判側も15ヤードの罰退という重いペナルティーを科したのですが、この当時から「興奮して判断能力を失っている状態ではなかった」と審判が証言していますので、明らかな反則の指示があったのです。

その後、2度目のファールを犯した宮川選手に対して関学側の鳥内監督が「退場にすべきだ」と審判に抗議をし、それを受けた審判が森ヘッドコーチに駆け寄り「あの91番はちょっとひどいよ。なんとかして!」と注意をしたところ、森ヘッドコーチは「わかりました。すみません」と空返事をし、宮川選手を変えるような素振りは一切なかったのだそうです。

日大側が兼ねてから主張する「選手と首脳陣との認識の乖離」がそこにあるのであれば、2プレー目はおろか1プレー目で明らかに交代させなければなりませんし、関東学連の調査によれば、内田前監督と井上コーチはタックルの瞬間をしっかりと目撃している点からも、はなから乖離など存在しなかったということになります。

内田前監督は1プレー目は見ていないなどと支離滅裂な発言をしていましたが、全て嘘であることが判明したのです。

 

身から出た錆

関東学連の調査によって、内田前監督の悪事が白日の下に晒される結果となってしまった今回の事件。

裁判でいう上訴という形で不服の申し立てができるのだそうですが、関東学連、警視庁などの捜査機関、第三者委員会、世論、関西学院、当該選手、日大アメフト部、日大アメフト部父母会などがすでに内田前監督の敵に回ってしまっているために、不服を申し立てた場合さらに炎上することは間違いありません。

もっとも、今回の騒動は内田前監督の身から出た錆であり、日大という巨大組織に蔓延る権力や利権闘争による保守姿勢が招いた結果でありますので、致し方ない結末でしょう。

内田前監督は62歳でありますし、余生はひっそりと雲隠れしながら生活をすることが出来ると思いますが、内田前監督に従ってきた井上前コーチや森前コーチなどはバリバリの現役世代でありますし、アメフトの指導者以外の経験がない場合、今後の将来にかなり大きな影響を与えることは間違いありません。

学生スポーツは指導者が全てあるだけに、地に堕ちてしまった日大ブランとともに、当事者は暗い未来が待っていることでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

内田正人の文春砲の動画 全ての会話内容がこちら!ラフプレー容認でタックルの指示をしていた!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!