本郷謙二(ほんごうけんじ)の顔画像!動機は統合失調症?「熊本発砲事件」と命名する事案も発生

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

28日夕方、熊本市東区の住宅街で、刃物を持った男に向かって警察官が発砲し、本郷謙二(ほんごう けんじ)容疑者を現行犯逮捕しましたが、その後死亡が確認されました。

熊本で警察官を切りつける事件発生

読売新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

28日午後4時半頃、熊本市東区新南部(しんなべ)5の駐車場で、男性が包丁で顔を切られる事件が起き、包丁を持った男が、取り押さえようとした熊本県警熊本東署地域課の男性巡査長(40)らに襲いかかってきたため、巡査長が拳銃を5発発砲し、4発が男に命中した。

男は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された後、搬送先の病院で死亡が確認された。巡査長は顔を切られて重傷を負った。

同署によると、男は近くに住む職業不詳、本郷謙二容疑者(36)。午後4時半頃に60歳代の男性から「包丁で切りつけられた」と110番があり、その5分後には約500メートル離れた市消防局東消防署託麻出張所から「玄関前に刃物を持った男がいる」と110番があった。

巡査長と男性警察官がパトカーで急行。本郷容疑者が包丁(刃渡り約15センチ)を持って向かってきたため、巡査長は「撃つぞ」と警告。本郷容疑者は巡査長を倒して、馬乗りになり、顔を切りつけたため、巡査長が発砲した。1発が右腕、3発が胴体部分に当たった。巡査長は、拳銃に装填(そうてん)していた5発すべてを発射したという。

県警は、本郷容疑者の容疑を殺人未遂に切り替え、当時の詳しい状況を捜査するとともに死因を調べる。

通報した男性は、顔に軽傷を負った。この男性の知人によると、男性と本郷容疑者は同じアパートに住んでおり、男性は事件後、知人に「因縁をつけられた」と話していたという。

本郷容疑者は、男性を切りつけた後、注意した別の男性を追いかけて、出張所まで来たという。

熊本東署の江藤真吾・副署長は「被害者と警察官の生命に危険が及んでいた状態での拳銃使用で、やむを得ないと考えている」と話した。現場はJR熊本駅から北東に約7キロの住宅街。近くには公園や小学校がある。

出典:読売新聞

 

本郷謙二容疑者について

こちらが、警察官を切りつけその後、発砲され死亡が確認された本郷謙二容疑者のプロフィールです。

名前:本郷謙二(ほんごう けんじ)

年齢:36歳

職業:不詳

在住:熊本市東区新南部

本郷容疑者は、男性の顔を切りつけ、取り押さえようとした熊本県警熊本東署地域課の男性巡査長(40)らに襲いかかって怪我をさせたとして、現行犯逮捕された人物で、巡査長の発砲によってその場で死亡が確認された人物です。

28日午後4時半ごろ、熊本市東区の新南部の住宅街で、「男から包丁で切りつけられた」と110番通報があったのですが、駆けつけた警察は現場でけがをしている60代の男性を発見した後、そこからおよそ400m離れた現場で、刃物を持った本郷容疑者を確認し、巡査長が「撃つぞ」と警告をしたのを無視して襲いかかってきたのだと言います。

ちなみに、本郷容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、怪我をした60代の男性が本郷容疑者に「因縁をつけられた」と話していることからも、何らかのトラブルがあったことは明白です。

2人だけのトラブルであればそこで、解決していたのかもしれませんが、身の危険を感じた60代の男性が警察に通報し、そこで本郷容疑者がパニックを起こして巡査長を襲ったということも十分に考えられるでしょう。

また、本郷容疑者は統合失調症で通院歴があるということですので、こうしたことも関係しているのではないかと囁かれています。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症とは?

統合失調症とは、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患であり、それに伴って、友人や知人、他の他人などと交流している際に、家庭や社会で生活を営むという機能が障害を受け、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ということを、自分で振り返って反省したり思考したりすることが困難になるという特徴を兼ね備えています。

多くの精神疾患と同様に慢性の経過をたどりやすいそうで、その間に幻覚や妄想が強くなることもあるそうです。

初期患者のほとんどは、新薬の開発などによって治療および症状の改善が出来るようになったそうですが、統合失調症の最たる原因は、今のところはっきりとはわかっていないそうです。

ただ、進学・就職・独立・結婚などの人生の進路における変化が発症の契機となることが多いのだと言われており、もしかすれば、本郷容疑者も何らかの人生の転機があり、発症してしまったのではないかと推測されます。

 

発砲現場は?

では、発砲現場は一体どこなのでしょうか?

発砲現場となったのは熊本県熊本市東区下南部1丁目の市東消防署託麻出張所前の路上であるということです。

そして、報道機関によればこちらがその発砲現場であるそうで、現在も発砲した銃弾5発のうち、見つかっていない銃弾がないか25人態勢で捜索が続けられているそうです。

出典:JNN

そして、現場となった場所がこちら。

現場は熊本県庁から北東におよそ3.7km、熊本大学からは東におよそ2km、JR熊本駅から北東に約7km行った住宅街であるそうで、近くには公園や小学校があります。

 

日本の警察官が射殺

日本で警察官が犯人または容疑者を拳銃で発砲し、射殺をしたという事件は、統計を取り始めてから2017年現在で13件ほど起こっているそうです。

ちなみに、そのうち1件は犬であるそうで、以下のような事件が該当するそうです。

現場で射殺の事件

  • 三ノ輪事件
  • 長崎バスジャック事件
  • 函館市銃撃戦
  • 三菱銀行人質事件
  • 瀬戸内シージャック事件
  • 広島県でのダイナマイト密猟者への発砲
  • 奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件
  • 栃木県中国人研修生死亡事件
  • 千葉県松戸市の紀州犬への発砲

病院搬送後に死亡した事件

  • 群馬県大間々町でパトカー同行中の男性への発砲
  • 大阪市淀川区で体当たりをする逃走車への発砲
  • 大阪府堺市で逃走する盗難車への発砲
  • 京都市山科区でコンビニ強盗への発砲

記憶に新しいところで言えば、今年4月に、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で当時19歳の巡査が41歳の巡査部長を指導方法を巡って口論となった末に射殺をし、その後逃走するという何とも悲惨な事件が発生したばかりです。

容疑者の大西巡査は逮捕されましたが、19歳であるにも関わらず凶悪犯の逃走であるとして警察やメディアが実名と顔画像を公開して捜査を進めたことでも、話題となりました。

出典:時事通信社

今回の事件では、時事通信社が「熊本発砲事件」と事件を命名するなど、まるで警察官が悪いかのような見出しをつけていることでも、批判が殺到していますが、こうした正当防衛と思われる場合では遺族側が告訴しても不起訴となる場合が多いのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

 
error: You never click here!!