増原裕子は過去に東小雪と離婚歴があり、理由も判明!勝間和代との同性愛告白で、LGBTについても

この記事は4分で読めます

出典:Twitter


スポンサーリンク

経済評論家の勝間和代さん(49)が28日、自身のブログを更新し、女性のパートナーと交際していることを公表し話題となっています。

今回は、そのお相手である増原裕子さんについて迫ってみたいと思います。

勝間和代がカミングアウト

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

経済評論家の勝間和代さん(49)が28日、自身のブログを更新し、女性のパートナーと交際していることを明らかにした。

 勝間さんは「プライベートな報告です」のタイトルで記事をアップし、「今日、バズフィードで、私が女性とお付き合いさせていただいていることを公開しました」と報告。この日配信のニュースサイト「バズフィード」の「同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト」と題した記事で、会社経営者の増原裕子さんと交際していることを語っている。

 勝間さんはブログで「同性を好きになることはずっと悩んでいたことですし、また、お付き合いが始まってからも、人にそのことを言えないことを悩んでいましたが、その2つの事実を公開することで、私も楽になるし、周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思ったからです」とカミングアウトを決断した理由を説明した。

 増原さんについては、「私のオタク性も暖かく受け入れてくれている女性です。横で山のようにパソコンを積み上げたり、夜中までA●いじっていても、まったく文句言いません」とつづった。

 勝間さんは大学在学中に学生結婚し、21歳で長女を出産。2度の結婚と離婚を繰り返し、3人の子供がいる。

 増原さんはた元タカラジェンヌの東小雪さんと2015年に渋谷区の同性パートナー証明書の取得第1号になったが、2017年にパートナーを解消していた。

出典:スポーツ報知

 

増原裕子さんについて

こちらが、勝間和代さんのお相手である増原裕子さんのプロフィールです。

「増原裕子 」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:増原 裕子(ますはら ひろこ)

生年月日:1977年12月27日

年齢:40歳(※2018年5月現在)

出身地:神奈川県横浜市

学歴:慶應大学文学部→慶應義塾大学大学院卒

所属:株式会社トロワ・クルール代表取締役

肩書き:LGBTコンサルタント

増原さんは、ジュネーブ公館や、会計事務所、IT会社で勤務をした経験があり、その後に独立志望が生まれ、起業している女性実業家でもあります。

現在は、株式会社トロワ・クルールというLGBTの人々が生きやすい社会をビジネスによって実現する新しい企業の代表取締役として、ダイバーシティ経営におけるLGBT支援活動をする一方で、経営者や管理職、はたまた人事担当者、営業職、労働組合員など幅広い団体に対してLGBT研修を行うなど、多くの活動をしていることでも知られています。

 

株式会社トロワ・クルール

では、増原さんが代表を務める「株式会社トロワ・クルール」とは一体どのような会社なのでしょうか?

こちらが、その会社の詳細です。

社名:株式会社トロワ・クルール

所在地:東京都港区高輪4-23-6  ハイホーム高輪708

URL:http://www.3couleurs.co.jp

eMail:[email protected]

設立日:2013年12月10日

目的:「多様性が尊重される社会」の実現

事業内容:企業研修、講演、講師紹介、ワークショップ・セミナー等の企画開催、出版

代表取締役:増原 裕子

こちらが、会社概要です。

私たちは、LGBTの人々が生きやすい社会をビジネスによって実現する新しい企業です。

今までになかったLGBTの情報発信、トラウマに関する情報発信、顔が見える支援を行い、

LGBTの人々もそうでない人も、虐待のサバイバーもそうでない人も、

属性に関わらず生き生きと輝ける社会の実現を目指します。

ビジネスを通して社会に存在する課題を解決し、既存の枠組みを超えてその存在責任を果たしていきます。

スタッフにはLGBTの当事者や、虐待のサバイバーがおり、顔が見えるサポートを行います。

出典:トロワ・クルール

会社名の「trois coulers」とは、フランス語で3色という意味を持っており、いわゆるトリコロールと呼ばれるのがこの語源であるのですが、LGBTもレインボーフラッグを掲げていますので、そういった”カラー(色)”をテーマにした会社なのではないかと思われます。

 


スポンサーリンク

 

過去には離婚歴も

そんな増原さんが経営をする「トロワ・クルール」ですが、1985年、石川県金沢市生まれで、元タカラジェンヌの東小雪さんという方が社員にいらっしゃいます。

その東さんと増原さんは、2013年3月、東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げ国内外で話題となったほか、2015年、渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号を交付されるなど、LGBTとして世間に認知されるような活動を自ら行っているのです。

2人の馴れ初めは、2011年春のLGBTシンポジウムがきっかけなのだそうで、トークイベントのゲストとして東さんが招待された時に、増原さんはスタッフとして参加し、意気投合した結果、交際がスタートし、同居までするようになったそうです。

しかしながら、2017年12月25日にパートナーを解消しており、それに伴ってパートナシップ証明書を渋谷区に返還しているために、事実上の離婚という形になってしまったのです。

離婚理由については東さんの公式ブログに以下のようにコメントがなされていました。

それぞれの活動や仕事が増えていく中で、時間のすれ違いが生じてきて、また価値観の違いから、ふうふとして見たい将来にも少しずつすれ違いが生じるようになりました。

その中でふたりの関係性に変化が生じ、現在、私たちはふうふとしてパートナーシップを継続することは難しいけれど、お互いを人生の中で得た大切な存在として、親友として、大切に思い、尊重しあえる関係でおります。

活動や仕事の場面ではこれまでと変わらず、支え合い、協力していきたいね、と話しています。
これからも良き相談相手として、自由と平等、多様性社会の実現を求める仲間として、お互いの人生に関わっていこうと思っています。

出典:東小雪ブログ

 

LGBTとは?

LGBTとは L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダーの頭文字をとった言葉で、順番に、女性同性愛者男性同性愛者両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のことを言います。

そして、性的マイノリティに対して、ポジティブに使われる言葉です。

世界の基本的な摂理として、男性は女性を、女性は男性を愛する、つまり異性を愛することが基本とされています。

しかし生まれながらに、異性を愛する対象として見れない方や、自分の性別に疑問を持つ方など、性的マイノリティの方も存在しています。

異性を愛するのが”普通”で、それ以外を一辺倒に”気持ち悪い”と考えるのは、あまりにも身勝手であり、残念な考え方です。

昨今では、人気バレーボール選手であった滝沢ななえさんがレズ(同性愛者)であることをカミングアウトするなど、話題に事欠かないのですが、いわゆる差別的な言動が目立ったりと、未だ理解や地名度が浸透するに至らないというのも現状です。

性的マイノリティではありますが、LGBTの方が安心して暮らせるように、増原裕子さんたちのような会社が存在していますので、一般の方も少しでも歩み寄り理解を深めていくことが重要ではないかと思われます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

滝沢ななえはレズだった!番組で同性愛だと告白し相手の女性も判明か?衝撃のアノ人に会ってみたで衝撃のカミングアウト

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!