茅ヶ崎の事故の犯人(90歳女性)の情報がこちら!現場特定で、事故原因が酷すぎる!歩道に車が突っ込み6人が死傷

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

 

28日午前、神奈川県茅ヶ崎市の国道で90代の女性が運転する乗用車が歩道に突っ込み、歩行者6人がケガをするという事故が発生し、うち1人が死亡したということです。

歩道に車が突っ込む

YOMIURI ONLINEほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

28日午前11時頃、神奈川県茅ヶ崎市元町の国道1号で、乗用車が交差点に突っ込んだ後、歩道に乗り上げ、横断歩道を渡るなどしていた4人をはねた。

 うち女性1人が死亡し、3人がけがを負った。乗用車を運転していた90歳の女性は軽傷。茅ヶ崎署は事故当時の状況を詳しく調べている。

 発表によると、車は交差点の手前にある自動車の販売店から国道に左折し、赤信号の交差点に進入したとみられる。横断歩道ではねた後に左方向に曲がり、歩道に乗り上げたという。

 市消防によると、死亡したのは50歳代の女性。けがを負ったのは30~60歳代の男女。

 現場は、JR茅ヶ崎駅から北へ約300メートルの繁華街で、市役所や商業施設が点在する。

出典:YOMIURI ONLINE

 

犯人について

こちらが、容疑者のプロフィールです。

名前:非公開(女性)

年齢:90歳

職業:不詳

在住:神奈川県茅ヶ崎市?

90歳の容疑者の女性は、28日午前11時ごろ、神奈川県茅ケ崎市の国道1号で歩行者4人をはねたのち、女性1人を死亡させたとして逮捕された人物です。

この容疑者の女性もけがをしたほか、事故を目撃した2人も気分の悪さを訴えて病院に搬送されており、当事者合わせて7人ほどがこの事故に巻き込まれたということになります。

残念ながら、現在のところ現行犯逮捕ということで、名前や顔画像などの情報は公開されておりませんが、こちらは報道機関の発表により直ぐに公開されることと思いますので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:名前と顔画像が判明しました↓

斉藤久美子(90歳)容疑者の顔画像がこちら!優良ドライバーで免許返納を検討中だった!

 

事故原因は?

では、事故原因は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、事故を起こした車は交差点の手前にある自動車の販売店から国道に左折し、赤信号の交差点に進入したのだそうで、横断歩道ではねた後に左方向に曲がり、歩道に乗り上げたのだ言います。

つまり、左折がうまく出来なかったために、事故を起こしてしまい、パニックになって歩道に乗り上げてしまったということです。

90歳という高齢ドライバーともなれば、判断力や視力などが鈍ってきますので、免許の返納を求める家族がいることでも知られていますが、容疑者の女性に運転するに値するだけの技能や能力があったのかどうかは定かではありません。

 


スポンサーリンク

 

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

事故現場は、神奈川県茅ヶ崎市元町の国道であるということで、報道機関の発表によれば、以下のような場所であるそうです。

出典:JNN

そして、詳しい現場の地図がこちらです。

事故を起こした車は、神奈川県茅ヶ崎市元町7−39にある、「(有)鈴木小型自動車商会」のすぐ隣を走る細い路地から、国道に向かって左折をしたということで、そこで歩行者をはねてしまっています。

現場付近は、3差路となっており、その細い道から国道に合流するにはやや難しいかなと思われますが、赤信号の交差点に入るなどしているため、正常な判断が出来なかったものと思われます。

また、現場は比較的交通量が多いために、こうした事故に巻き込まれたり目撃をした方も多く、現場近くにいた茅ヶ崎市の主婦の話によれば「キャーという悲鳴がして車の周りにたくさんの人がいた。一瞬のことだったが、今も震えがとまらない」とのことです。

 

高齢ドライバーのリスク

日本で年間起こる交通事故において、一番起こしている年代というのは、免許を取得したばかりの若者の事故が多いようなイメージがありますが、実は一番多いのが75歳以上であることをご存知でしょうか?

その主な原因として挙げられるのが、以下のようなものです。

・気づかぬうちに視野が狭まっている

・視力の低下

・筋力・運動能力などの反射神経の低下

・記憶力・判断力などの低下

・今までの経験からくる運転スキルの過信

高齢ドライバーで多くありがちなのが、駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えたというケースや、交差点で赤信号を見落とし、そのまま突っ込んで事故になるケースなどです。

それら全ては上記のような条件に該当するために引き起こされるものであり、これらは75歳以上の高齢ドライバーに多く当てはまるのです。

もちろん、市町村によっては車が無いと生活が出来ない地区もあり、高齢になっても自らハンドルを握って生活をしている人も多いと思うのですが、それによって死亡事故や命に関わる重傷事故などを引き起こしてしまっては本末転倒です。

命あっての健康な生活であり、生活をするためには車が必要なのですが、車を運転することばかりにフォーカスしすぎて、自分が運転するに値しない能力であるのに運転をして事故を起こしてまっては後の祭りです。

事故は未然に防がなければなりませんし、起こってからでは遅いのです。

いずれにしても、こうした高齢ドライバーによる事故が多発していますので、何らかの再発防止策を講じる必要あることでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

斉藤久美子(90歳)容疑者の顔画像がこちら!優良ドライバーで免許返納を検討中だった!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!