堀口貴光(静岡朝日テレビ)容疑者の顔画像がこちら!密輸ルートや犯行動機についても!

この記事は3分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

静岡朝日テレビの社員がアメリカから航空郵便を使って麻薬を密輸入したとして、警察は麻薬取締法違反の疑いで堀口貴光容疑者(34)を逮捕しました。

静岡朝日テレビ社員逮捕 米国から麻薬密輸疑い

日本経済新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

静岡中央署は24日までに、米国から麻薬を密輸したとして、静岡市葵区宮前町、静岡朝日テレビ社員、堀口貴光容疑者(34)を麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は1月上旬、航空通常郵便で麻薬MDPV約0.9グラムを密輸した疑い。MDPVは覚醒剤と同様の作用があり、2012年に麻薬に指定された。

同署によると、成田空港に届いた郵便物に不審な点があり、税関当局が検査。名古屋税関清水税関支署から4月24日、静岡県警に通報があった。

静岡朝日テレビによると、堀口容疑者は編成業務局コンテンツ戦略部に所属。勤務態度に問題はなかったといい、同社は「社員の逮捕は誠に遺憾で、深くおわび申し上げる。事実関係を把握した上で、厳正に対処する」とのコメントを出した。

出典:日本経済新聞

堀口容疑者について

こちらが逮捕された、堀口容疑者のプロフィールです。

名前:堀口 貴光(ほりぐち たかみつ)

年齢:34歳

職業:静岡朝日テレビ コンテンツ戦略部所属

住所:静岡市葵区宮前町

アメリカから麻薬を密輸した疑いで逮捕された人物です。

 

顔写真やSNSは?

現在メディアで公開されている本人の顔写真がこちらです。

出典:NNN

そして、堀口容疑者のFacebookのページも特定できました。

Facebook

 

密輸ルートは?

今回、密輸の出発点となっているのはサンフランシスコ国際空港とされているようです。

実際に発見されたのは日本に入ってしまってからですので危険を感じざるを得ません。

サンフランシスコ空港での発見は困難だったのでしょうか?

日本に麻薬を持ち込ませない為にも世界中の空港で検査ルールの改正が必要になってくるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

どんな麻薬?

発見された麻薬の種類は「MDPV」という種類の物で、0.9グラム入っていたとの事ですが使用回数から考えると50回ほど使用できる量であるようです。

MDPVは、麻薬のメチロンや指定薬物のbk-MBDBとよく似た化学構造で、強力な中枢神経刺激作用を持つ化合物です。
中枢神経に対するMDPVの作用は、神経伝達物質のドパミン、ノルエピネフリンの再取り込みを阻害し、脳内のドパミン量を増加させることによってもたらされ、低用量でリタリン類似、高用量でコカイン類似の作用を示します。
MDPVによる急性中毒としては、中枢神経に対する強い刺激作用がもたらす興奮や極度の不安、過量摂取による心臓発作などがあげられます。また慢性的な使用はドパミン神経の過剰反応からくる幻覚・妄想など精神病症状をもたらします。

現在、主要国ではすでにMDPVは規制されています。とはいえ、各国の脱法ドラッグ市場で比較的長期にわたって流通してきたこの薬物は、そう簡単に市場から消えることはなく、今でもインターネット上では簡単に入手できるといいます。

出典:弁護士小森榮の薬物問題ノート

現在麻薬と指定され規制されてはいる物のインターネット上では、簡単に入手できてしまう事もあるようです。

報道では、覚醒剤のような症状を引き起こし、ひどいと心臓発作が起こる可能性もあるようです。

 

何の為に?

堀口容疑者はいったい何の為に麻薬に手を出してしまったのでしょうか?

Facebookの投稿を見たところ、仕事が辛く人生に疲れたというような印象は全く感じられず、多趣味でハイキングやスノーボードなどを楽しんでいるように思えました。

投稿がその人物の性格のすべてでは無いと思いますが、麻薬に手を出したのは出来心、または密売、などだったのでしょうか?

普段の堀口容疑者がどのような人物だったのか、近隣住民がインタビューに答えていました。

出典:NNN

このような近隣住民の証言などからすると、日頃から麻薬の使用があったのではないかと推測します。

本人は、容疑を認め「自分で使用する為」と供述しているようです。

これに対し静岡朝日テレビでは「報道機関として誠に遺憾。事実関係を把握したうえで厳正な対処をします」とコメントしてます。

入手ルートや使用頻度など詳しい情報はまだ公開されておりませんが、ドラッグ関係のニュースが日本からいち早く無くなる事を願いさらなる情報の収集に力を入れていきたいと思っています。また新しい情報が入り次第、随時追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

 

 
error: You never click here!!