奥野耕世(アメフトタックル被害者)が被害届を提出!内田正人監督はなぜ関西学院大学を読み間違えたのか?

この記事は4分で読めます

出典:blogs.yahoo.co.jp


スポンサーリンク

 

アメリカンフットボールで日大が悪質なタックルをした問題で、被害に遭われた相手の関西学院大学の選手が被害届を提出していたことが明らかとなりました。

関学大選手が被害届を提出

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、被害選手側が大阪府警に被害届を出したことが21日、分かった。

被害選手とその父親は兵庫県西宮市内で19日に日大の内田正人監督らから謝罪を受けた。しかし父親は「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたのかの説明がなかったし、指示があったかも(監督が)話されなかったので釈然としない」と遺憾の意を示していた。

一方、日大の内田監督は19日の謝罪後に大阪(伊丹)空港などで取材に応じ、「全て私の責任です」と監督を辞任することを明かした。反則行為を促す指示の有無など経緯や再発防止策は24日をめどに関学大に提出する再回答書にまとめるとしている。

反則行為があったのは、両校の51回目の定期戦。パスを投げ終えて無防備な関学大の選手に対し、日大の守備選手が背後から激しくタックルした。関学大の選手は全治3週間のけが。日大の選手はさらに複数回の反則行為を続けて退場になった。一連のプレーに対して関学大は抗議文を送付し、記者会見を開いて日大に誠意ある回答を求めていた。また反則行為の動画がSNSなどで拡散され、スポーツ庁長官が問題視するコメントを出した。

出典:朝日新聞

 

問題の動画とは

こちらが、日大アメフト部の選手によるレイトヒットと呼ばれる問題の動画です。

この映像をご覧になってお分かりになると思われますが、日大のアメフト部(赤色のユニフォーム)の91番の宮川泰介選手が、関西学院大学のアメフト部(青色のユニフォーム)の3番の選手がボールを完全に投げ終えたおよそ2秒後にタックルをしている様子が伺えると思います。

宮川選手は、投げ終わっていることを確認せずに、一目散に3番の関西学院大学の選手めがけてタックルをしていますし、背中を向けている所に不意に全速力でタックルをしていますので、もしかすれば選手生命を絶たれかねない大事故に繋がっていた可能性も十分に考えらます。

非常に危険なタックルであり、この行為はレイトヒットと呼ばれ、アメリカンフットボールでは固く禁じられています。

レイトヒットとは、パスを投げ終わった選手やキックを蹴り終わった選手、タッチラインを出てしまいプレーが終わっているにも関わらず、タックルをしたり、体でヒットしたりするパーソナルファールのことを指します。

パーソナルファールは、チーム単位での反則ではなく、その個人に課せられますが、スポーツマンらしからぬファールをすると「アンスポーツマンライクコンダクト」や、必要のない暴力行為ということで「アンネセサリーラフネス」という反則にとらわれることがあります。

 

関学の選手とは?

この問題の定期戦では、日大の守備ラインの宮川泰介選手が、パスを投げ終えて無防備になっている関学大の2年生QB(クォーターバック)奥野耕世選手をおよそ2秒後に激しくタックルし、明らかな「レイトヒット」の反則で奥野選手は立ち上がれず、フィールドを離れました。

この行為によって奥野選手は、関学大によると、右膝軟骨損傷で全治3週間と診断され、右脚にしびれが出ているのだそうです。

痺れがあるということは、神経系に損傷が見られるのは明白であり、後日精密検査が必要なのですが、そうなればこれはただの悪質なラフプレーということではなく、傷害事件として立件されてもおかしく無いレベルです。

ちなみに、こちらが奥野選手のプロフィールです。

出典;関学アメフト部

名前:奥野耕世(おくの こうせい)

学年:2年生

所属:関西学院大学商学部

出身校:関西学院

ポジション:QB

続報:奥野選手の父親は維新の会所属の大阪市議会議員であることが明らかとなりました↓

奥野康俊(奥野耕世の父親)は維新の会の大阪市議会議員だった!息子は「アメフトなんてやるんじゃなかった」と悲痛の叫び

 


スポンサーリンク

 

関西学院を読み間違え?

この一連の騒動において、争点となっているのは日大アメフトぶの内田正人監督が、直接タックルをした現行犯の宮川泰介選手に対してタックルを指示したかどうかなのですが、そのことについて騒動以来初めてメディアの前に姿を表し、大阪空港で取材に応じた内田監督は「関学大に謝罪してから報道に話をするつもりでいた」などと経緯を語っていました。

しかしながら、この時に相手の関西学院大学の名称を「かんせいがくいんだい」ではなく、「かんさいがくいんだい」と発言し、その後、少なくとも2度、校名を間違えるという失態を犯しているのです。

これには、さすがに謝罪に対して誠意がこもっていないとしてまたしてもネット上などから批判が相次いでいました。

続報:奥野選手の父親は維新の会所属の大阪市議会議員であることが明らかとなりました↓

奥野康俊(奥野耕世の父親)は維新の会の大阪市議会議員だった!息子は「アメフトなんてやるんじゃなかった」と悲痛の叫び

 

なぜ”かんせいがくいん”?

では、なぜ関西学院大学を「かんさい」ではなく「かんせい」と発音するのでしょうか?

関西学院大学の公式サイトには、以下のような説明がされてあります。

関西学院大学は、「かんせい」学院大学と読みます。どうして、このような読み方になっているのでしょうか。

関学が設立されたのは1889年。明治22年の日本では、東京を「とうけい」というように漢音読みにすることが多かったようです。ですから当時は「関西」も「かんせい」と読んでおり、関学の校名もそのままの読み方でつけられました。校名からも118年をかぞえる関学の長い歴史が感じられます。

ちなみに発音は「くわんせい」となり、関学の英文表記も「KWANSEI GAKUIN」となります。

出典:関西学院大学

つまり、東京も本来であるならば「とうけい」と漢音読みにしなければならなかったのだそうで、その名残で今も「かんせいがくいん」という表記や発音を取っているのです。

しかしながら、内田監督は無知であるのか、はたまた興味がないのか長年アメフトでライバル校として切磋琢磨してきた関西学院大学を「かんさいがくいん」と発音をしてしまったいます。

いずれにしても、被害届を提出したことにより、この問題はさらに波紋が広がることとなるでしょう。

続報:奥野選手の父親は維新の会所属の大阪市議会議員であることが明らかとなりました↓

奥野康俊(奥野耕世の父親)は維新の会の大阪市議会議員だった!息子は「アメフトなんてやるんじゃなかった」と悲痛の叫び

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

奥野康俊(奥野耕世の父親)は維新の会の大阪市議会議員だった!息子は「アメフトなんてやるんじゃなかった」と悲痛の叫び

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!